樽(たる)で育った個性豊かなトマトを使用した、トマトづくしのギフトボックスを作るべく、パッケージデザイン・化粧箱・初回製造費・その他販促物を作成いたします。トマト好きのみなさま!どうぞご支援のほどよろしくお願いいたします。

プロジェクト本文

▼ご挨拶

はじめまして!

ほんざわ農園の本澤恒明です。

2014年に栃木県宇都宮市で就農しました。

樽(たる)と呼ばれるまるくてころっとした発泡スチロールの容器でミニトマトを中心に栽培しております。

土のかわりに、ヤシ殻と呼ばれるヤシの繊維を砕いたものを使った、土耕に近い栽培が特徴ですが、地面から隔離しているためクリーンな栽培環境が保てます。そのため、土壌消毒などの農薬を削減できるなど安心なトマト栽培です。

樽栽培は、水やハウス内環境もコンピューター制御できるため、美味しいトマトをつくるのにとっても適しているんです。

▼このプロジェクトで実現したいこと

樽で育てたトマトを主原料にした、農園オリジナルの個性豊かなトマトの商品をギュッと詰め込んだトマトづくしのギフトボックスを作りたいと思っています。

 

ギフトのコンセプトは「美味しいトマトを食べて家族みんなが笑顔に!」

個性派の商品たちを食卓に並べてわいわい笑顔で食べて頂いている光景を想像して作っています!

◇ぼく専用トマトジャム(レッド&グリーン)

◇ママ専用トマトドレッシング

◇パパ専用トマトケチャップ

朝ごはんは、「ぼく専用トマトジャム(レッド)」でトーストとヨーグルトにしよう!

晩ごはんは、「ママ専用ドレッシング」のサラダと「パパ専用ケチャップ」をつけたお肉ね!ってな具合に、笑顔で食べて頂けたら幸せです!

 

父の日、母の日、お中元やお歳暮、内祝いなど大切な人にも送りたくなる素敵なギフトを作りたいですね。

▼商品おススメの食べ方

◇ジャム◇

トーストやヨーグルトなど一般的な食べ方はもちろんGOODですが、特におススメしたい食べ方が「オンザ・クラッカー」です。お酒のおつまみにいいんです!チーズがOKなら、クリームチーズをのせるとなおお酒が進みます!

 

◇ケチャップ◇

市販のケチャップのような滑らかな触感ではないので、オムライスに絵を描くのは至難の業です...が、オムライスにもおススメです。パスタもソーセージにも合います。ぜひ、BBQのお供に連れて行って下さい!

 

◇ドレッシング◇

煮詰めて旨味を凝縮したトマトに強めの酸味で爽やかに仕上げました!サラダにチーズやカリカリベーコン、クルトンなんかをトッピングすると酸味がまろやかになってより美味いです!

 ▼商品の原材料・賞味期限

<原材料>

◇トマトジャム(レッド&グリーン) 賞味期限:購入日より1~3ヵ月

 トマト、グラニュー糖、洋酒、ペクチン(リンゴ由来)

◇トマトケチャップ 賞味期限:購入日より1~3ヵ月

 トマト、玉ねぎ、にんにく、しょうが、三温糖、塩、リンゴ酢、クローブ、ローリエ、

 コショウ、パプリカ、オールスパイス

◇トマトドレッシング 賞味期限:購入日より3~6ヵ月

 トマトピューレ(栃木県ほんざわ農園産使用)、キャノーラ油、リンゴ酢、玉ねぎ、

 塩、砂糖、ショウガ、ニンニク、黒コショウ

▼これまでの活動

2014年に就農してから、ちいさなハウスでトマトを中心に栽培し、近隣の直売所や道の駅を中心に販売させて頂いております。2年目の頃より、地元の洋菓子店さんや加工業者さんのお力を借りてジャムやケチャップ、ドレッシングなどの加工品の開発にも力を入れております。

昨年から、少しづつ社会貢献の活動にも取り組ませて頂いており、「TABLE FOR TWO」という開発途上国の子どもたちへの支援や「こども食堂」への食品提供など通販売り上げの一部を少ない額ですが支援させて頂くこともはじめさせて頂いたところです。

今後は、弊園に関わる全ての人の幸せを実現できるような農園に成長していきたいと考えております。

▼資金の使い道

主に以下の4つの項目で使用いたします。

・パッケージデザイン(各商品のラベル、化粧箱、包装紙、紙袋)

・初期製造費用(ビンや箱などの梱包資材、初回ロットの製造)

・各種販促物(プチカタログ)

・手数料、リターン

▼リターンについて

今回のリターンは、このプロジェクトで作り上げたギフト商品をご用意いたします。

ご自宅はもちろん、お中元・お歳暮・父の日・母の日...などお好きな時期に指定の場所へお届けします。

ご支援頂いた金額によって、ギフトの種類や個数を指定させて頂こうと考えております。

※このプロジェクトは、目標金額が未達の場合でも「TARU TOMATOギフト」完成までプロジェクトを必ず完遂いたします。中身の商品については、既にコンセプトに沿ったレシピが完成しており、農園主お手製の暫定パッケージでの販売も行っておりますので、最後の仕上げにプロの手を借りて唯一無二のギフトとしての完成させたいと考えております。

▼最後に

ちいさい農園だからこその、ここにしかない価値を創造し続けられるような農園を目指して精進いたします!

最後まで読んで頂き本当にありがとうございました。

  • 活動報告

    <お知らせ>プロジェクト商品の試食会あります

    2018/06/16

    大変急ではございますが、明日(6/17(日))IKEA立川店で行われるマルシェイベントに参加いたします。 そこで、プロジェクト商品の試食会を予定しており…

  • 活動報告

    <進捗①>現状のTARU TOMATO

    2018/06/15

    6月15日現在 プロジェクト開始前のギフト『TARU TOMATO』の状況をご報告します! 現在は、写真のようなプレ商品まで出来上がっております。 各商…

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください