「ECに携わっているのは、魅力的だよね!おもしろそうだよね!」と言われるような仕事にしたい。私ひとりでできることではないですが、私ができることはやっていきたい。そこで、今回の著書販売に合わせて、[EC業界で「第2、第3の川添 隆」になるためのセミナー]の開催権利を販売します。

プロジェクト本文

ECエバンジェリストの川添です。こんにちは。

このたび、ビジネス書[「実店舗+EC」戦略、成功の法則~ECエバンジェリストが7人のプロに聞く~]を出版することになりました。それに合わせてセミナーのオファーを受けようと思い、クラウドファンディングをつかって[EC業界で「第2、第3の川添隆」になるためのセミナー開催権利]を販売することになりました。

狙いは3つあります。

1.EC業界で活躍する人を1人でも増やす手助けをしたい

実店舗を展開している小売りや、自社ブランドを展開するメーカーなど、あらゆる物販に関わる企業が、ECやオムニチャネルに注目しています。それはご存知の通り。しかしながら、人材の絶対数が不足し、企業によっては陽が当たらない部署、、、というのが現状です。特に人材不足は業界全体の大きな課題になっています。

楽天市場が日本に登場して約20年ですが、まだまだ歴史は浅く、経験者自体が少ない。すなわち、教育の場を含めて人材育成ができる場も整っていないのです。今後、EC・オムニチャネル領域の人材需要はどんどん増えていきますが、人材不足の状況はもっとひどくなる可能性が高い。そうすると、企業側の対応が遅れ、ショッピングをするのが不便になるということもあります。この現状を知れば知るほど、私ができることはやっていきたいと考えるようになりました。

個人のビジネスパーソンとしても、EC・オムニチャネルの領域は大きなチャンスがあります。なおかつ、自分が考えたことが、すぐに具現化できて、何かしらの反応があるというのは本当に楽しいです。

EC業務未経験から8年間。企業再生を2社、EC事業2倍以上を3社携わった経験・学んだこと・考え方を、できる限り共有し、この業界で活躍する人を1人でも増やしたいと考えています。私ひとりでできることではないですが、この取り組みを次の一歩にしたいと考えています。

 

2.EC事業の成果につなげてほしい

<EC事業の成長に必要なメソッド>

今回の自著を含め、これまでセミナー・寄稿・ブログ・SNSを通じて、私の経験やそこでみにつけたノウハウ、考え方を共有してきました。それは純粋に、そこに役立つヒントがあれば、実行して結果を出せる人を増やしたいからです。戦略的にPRをしてしたきた部分もありますが、以下の取材でもお話ししています。

<引用>なんでセミナー講師や連載を積極的に引き受けるの? メガネスーパー・川添さんに聞く | ネットショップ担当者フォーラム

「ECが伸びてるぞ!成長領域だ!」と言われていますが、直近の物販市場規模に対してECの占める割合は、たった5.79%にすぎません。同じ業界の競合はあったとしても、まだまだ、「ECという購入の選択肢」を伝えていく段階だと思っています。さらに、ECのいいところは、小さい企業、スタートアップでも工夫すれば成果を出すことは可能です。だからこそ、今は大小関わらず会社で、EC事業の成果を出してほしいわけです。

 

3.クラウドファンディングを経験してみたい

この取り組みは、西野亮廣さんの影響を多大に受けています。だったら自分でも取り組んでみて、自分自身の信用を試してみたいなと思っていました。やるなら、このタイミングしかないと。それと、今回の著書は電子書籍とオンデマンド出版なのですが、フツーに販売するよりは、クラウドファンディングを通じて予約・販売することの方が楽しそうですし、自分の経験にもなります。そして、その過程も公開できたらなと思っています。


ということで、クラウドファンディングでセミナーのオファーを受付けております。

EC業界で活躍してみたい、EC事業の結果につなげたい、個人として発信力をつけたいなど、このあたりにご興味ある方はぜひよろしくお願いします。また、今回リターンを購入していただいた方との「縁」を大切にしていきたいので、リターン提供後も継続的にお付き合いしていきたいと思っています。

 

【川添 隆のEC業界の歩み・想い】 

<クレッジ入社直後>

プロフィールを見れば、「店舗販売からスタートして、ベンチャーで行動力を身につけ、ECに取り組んだからこそ、オムニチャネルの領域に踏み込めている」とも見れなくもないですが、それは結果論。

クレッジ時代の抜擢されるまでの私はいい意味でも悪い身でも「器用貧乏」。何でもできるようで、何にもできない人物でした。インターネットベンチャーに飛び込んだのも、「今後はインターネットがくる!」という、ある意味ミーハーなノリ。しかし、自分自身の限界を知らずに、結果的には身体を壊して退社。そして、2010年クレッジに入社した当時の私は、ささげ業務やメルマガのような実務はある程度できても、Googleアナリティクス、リスティング広告、簡単なHTMLすら知らない。これが、川添 隆の事実です。その後を含めた詳細は下記のインタビューでもお話ししています。

<引用>「アイデアは現場で生まれる」売上2倍以上を実現しつづけたEC哲学とは?メガネスーパー 川添 隆さん | CREATIVE VILLAGE

 ECは一般消費者に利便性を提供できるという観点で、色々な人の生活を手助けできます。でも、私の場合は、この「ECの仕事」によって、自分自身が助けられたと思っています。その恩返しも含めて、「ECをやりたい!」と思っている人をサポートしたいと考えています。

 

【川添 隆のプロフィール】

<概要>

1982年生まれ、佐賀県唐津市出身で実家は、創業130年以上の老舗旅館 綿屋を営んでいる。
EC事業、オムニチャネル推進、WEBに関わる全てを統括し、他社のコンサルティングにも従事。アパレルやLINE活用、EC構築・運営が得意領域。
アドテック東京、コマースサミットなどの登壇、NewsPicksプロピッカー、ECzine連載、自身のブログなどセミナーや執筆など精力的に情報発信を行う。直近3年半でセミナー登壇 約80回、取材・寄稿 約100回。

<講師>

NewsPicksプロピッカーデジタルハリウッド オンライン講師、文化服装学院 非常勤講師

<連載>

ECzine、月刊ネット販売、日本ネット経済新聞、日経デジタルマーケティング(2017年12月末終了)

<キャリア>

●2005年 株式会社サンエー・インターナショナルに入社。
レディースアパレルの販売、営業アシスタントに従事。

●2006年 株式会社クラウンジュエルに入社。
ファッションオークションEC事業のささげ業務から企画、メルマガ、PR、バイイング、自社ブランドの卸営業など網羅的に従事。※現在はZOZOUSEDを展開。

●2010年 株式会社クレッジに入社。
※「EC専任」のキャリアがスタート。
在籍後半は、EC事業の責任者としてEC事業売上を2年で約2倍、自社ECサイトの売上を2倍以上に拡大。LINE@を活用した事例でも成功を収める。

●2013年 株式会社メガネスーパーに入社。(現職)
EC事業全体は5年で4.4倍、注力する自社ECは約7倍と拡大中。LINEの導入や、オムニチャネル推進の指標として「EC関与売上」を導入。

●2013年 株式会社レイ・カズン EC事業部 顧問を兼務。(現職)
EC事業・チーム運営、オムニチャネル戦略、経営とのパイプ役に従事。

●2017年 株式会社ビジョナリーホールディングスを兼務。(現職)
デジタルエクスペリエンス事業本部 本部長就任後、2018年5月に執行役員に就任。

現在に至る。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください