尾道には多くの魅力があり 街や人、そこにあるモノとの出会いがあった。 それを多くの人に発信し伝えていきたい。 まずは自分たちが出会った尾道のロマンとルーツをカタチにし 多くの人と繋がり尾道の良さを感じてほしい。

プロジェクト本文

 

 

はじめまして。バクチョウクラブ代表の大石駿之介です。

まず自己紹介します。僕は、茨城出身の21歳です。現在大学生です。様々な外遊びが大好きです。

釣り キャンプ バイク 車 スケートボード 自転車 旅 料理 サッカーとたくさんの趣味があります。

趣味を通じてたくさんの素晴らしい人間関係を築くことができました。

私はヒッチハイクで日本を旅していた時期があります。その中でたくさんの素晴らしい人や場所との出会い

がありました。その中でも特別な尾道という当たり前になっていた場所と人の素晴らしさに気がつきました。

僕達の日常の素晴らしさに気がつきました。

これから機械化が進んでいくからこそ人と接する時間の素晴らしさ外遊びの素晴らしさを世に発信したいと

考えていました。

 

バクチョウクラブとは、尾道が好き、瀬戸内海で釣りやキャンプを楽しむという共通の趣味をきっかけに

《面白いことをカタチに》を掲げ尾道で結成された団体(チーム)です。

 

ご存じの方はいると思いますが、尾道は千光寺、尾道水道をはじめ

しまなみサイクリングなど、観光地としても注目度の高い街です。

そんな素晴らしい尾道に僕らは流れ着き尾道で生活し、

そこで多くの人、モノ、風景、ゆっくりと流れる時間に感銘を受けました。

 

そこで!!

《尾道の素晴らしさ》×《面白いことをカタチに》=【尾道の素晴らしさをカタチに

よそ者だからこそ、

若者だからこそ、

バカ者だからこそ、

感じ、表現できるモノがあると信じ。

自分たちがこれまで培ってきた感性で今以上に尾道の素晴らしさを発信していきたいと立ち上がった。

 

 

 

▼このプロジェクトで実現したいこと

 尾道を拠点に多くの人が結びつくイベントや空間の創造

尾道の素晴らしさを日本中へ、そして日本の素晴らしさを世界へ

その活動を実現するためにまずは、

尾道の素晴らしさをカタチにしたオリジナルグッズを作成し、自分達の活動を広めていきたい。

また尾道に店舗を構えイベントも開催していきたい。

これを読んでこの人たち「何がやりたいの?」と疑問に思う人も多いと思います。

僕達がやりたい事は1つでなく限りなくなくあるのでこれと決めつけるやりたい事はありません。

例えば今月はカレー屋、来月はホットドッグ屋といったように思いついた事をなんでもどんどんやっていきます。

また店舗をたてる際にはグッズを販売するだけでなく、内装をすべてキャンプギアで固めたカフェもやっていこうと思います。また尾道付近のかっこいいものを厳選して販売して世に発信していこうと思います。

そのほかにもキャンプイベントや釣りイベント思いつくイベントをどんどんやっていこうと思います。

1つだけ言える事は、僕達は人が大好きです。人と人とが集える本物の関係を作れる空間を作っていきたいです。

それと同時に尾道の良さ、外遊びの素晴らしさを世に発信していきたいです。

 

▼プロジェクトをやろうと思った理由

 これまでは、自分達だけが楽しめばいいとある意味で自己満足な取り組みをしてきたが、

実はメンバーのほとんどが尾道出身者ではありません。ですが尾道で生活していく中で、

尾道への愛着が深まり、そんな尾道と、自分達の活動を、もっといろんな人に知ってもらいという思いが強くなっていった。

▼これまでの活動

尾道の自然を生かした遊び

瀬戸内海で釣った魚をキャンプで食べたり、

千光寺に登り朝焼けを見たり、

向島に渡り沈む夕日を眺めたり、

商店街を散歩し、尾道の人や、尾道の風景と触れ合ったり、

尾道らしさを日々探している。

それを今後の活動に繋げたい。

 

▼資金の使い道

尾道の素晴らしさ、自分達の日常をカタチにしたオリジナルグッズ作成の費用

▼リターンについて

感謝の気持ちを込めてここだけのオリジナルグッズを用意させていただきました。

今回支援総額が達成しなくても必ずプロジェクトを進行し誠意を持ってリターンをさせていただきます。 

\3000⇨オリジナルステッカー(2種)×2

 

\5000⇨オリジナルTシャツ(今回のみでしか手に入らない初回限定です)白 M、L、XL 

 

\5000⇨オリジナルTシャツ(尾道マンホールTシャツ)白 M、L、XL

 

\15000⇨オリジナルTシャツ(2種)オリジナルキャップ(1種)

 

\100000円⇨支援者様をデザインしたオリジナルTシャツのモデルになってもらいます。

 

\1000000円⇨バクチョウクラブイベントの来賓参加+打ち上げ参加+オリジナルのステッカー、Tシャツ、キャップ

締切日を7月11日という短い期間にしています。なるべくはやく活動したいからという気持ちもあります。

しかしそれ以上にこの日は僕達にとって大切な人の誕生日なのでこの日に設定しました。

備考欄にサイズをおねがいします。

ご理解とご協力のほどよろしくお願いします。

▼最後に

 自分たちのアイディアと尾道の魅力を掛け合わせて尾道ってなんて魅力的なんだろうバクチョウクラブっておもしろいなと思わせる活動を起こす!それをここで胸を張り公言します。

新しいムーブメントを、そして、今までにあった価値をもう一度見直して

それを「カタチ」に。

オノミチをユカイにセカイにハッシン。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください