自己否定が強く自分に自信のない人は、せっかくの自分の強みをむしろ弱みとして捉えていて活かせていません。弱みと思っていることの裏側に強みがあることに気づき活かすことで、より自分らしく楽に生きられるようになります。今までの活動経験を踏まえ、それをわかり易く伝える書籍を出版します。

プロジェクト本文

【ご挨拶】

はじめまして。知識茂雄(ちしきしげお)と申します。半導体製造会社にて主には技術職として約27年間働いた後退職し、2013年からパーソナルコーチ、研修講師として活動しています。

コーチングを学んだきっかけは、管理職となり部下の指導育成を任される立場になって、それまでの自分の考え方ではどうにもうまくいかないという現実を突きつけられ、何かを変えないといけないと思ったからでした。

それまでの私は、「こうあるべき」「こうあらねばならない」の縛りが強く、それを他者にも強く求めていました。自分だけの正しさを他者にも押し付けようとするその姿勢で、何かと周囲の人とすれ違い、衝突することも多くありました。自分の部下に対しても、自分が一番優秀であり、その自分が一番正しく、だから自分の指示通り動いてくれればいいし、そうすれば人も育っていくと、今振り返れば傲慢という他ありませんが、その当時は本当にそう思っていました。もちろんそれでうまくいくはずもなく、自分の何かがいけないことはわかっていても、それが何なのか、そしてそれをどうすればいいのかは、自分の中に答えがなく悶々としていました

 

 

そんな中様々な経緯を経てコーチングと出会い学ぶ中で、人は自分が思う以上に多様な存在であることに気づかされました。技術系管理職として働く傍ら、社内でアサーティブコミュニケーションやコーチングの講師を務めたり、社外でコーチングの普及活動をする中で、少しずつ自分の中の“べき”、“ねば”の縛りも緩んでいきました

そして、前職を退職後コーチングをより機能させるための自己理解ツールであるストレングスファインダー®を本格的に学んだことにより、ドラスティックに自分の中の何かが変わりました

振り返ってみると、自分の優秀でありたい、こうあらねばならない、そして他者から認められなければならないという自分の強固な思い込みのすべては、「ありのままの自分」にOKを出せていないことから来ているものでした。自分を向上させ続けないと、正しい自分であり続けないと、そしてそういうところを周囲から認められている自分でなければ存在価値がない。そんな思い込みが自分を縛り付けていました。

ストレングスファインダー®との出会いにより、人は実に多様な存在であり、人それぞれにその人にしかない強みを持っていて、他の誰でもないその人そのもの、存在そのものに価値があるということに気づきました。そう気づいたとき、自分自身も今の自分のままで無条件に価値があり、そのままでいいのだと思えて深く安堵し、それまでの自己否定感が薄らいでいきました。その結果、自分だけの正しさを他者に押し付けることも少しずつ無くなっていきました。さらには、それまで自分を苦しめていた縛りすら、自分の強みとして認識できるようになり、より他者貢献に活かせるようになりました。提供するもののクオリティの高さ、約束をきちんと果たす誠実さ、そしてネイティブに他者の役に立ちたいと他者に貢献する姿勢。それまでと基本的には何も変わっていないのだけれど、自己否定が自己肯定へと書き換わることで、ずいぶんと楽になり生きやすくなりました

 

【このプロジェクトで実現したいこと】

上で書いた自分の経験から、そしてパーソナルコーチとして多くの方と関わってきた経験から、自信をもって自分らしく生きている人はごく少数であり、多くの人は何かと自己否定しがちで、自分が弱みと思っている裏側にある強みに気づいていない、そしてそれゆえに、私と同じように“べき”、“ねば”に縛られたり、他者評価を気にするあまり自分で何かを選択することができない人が多いことを知っています。

今回出版する書籍では、自分自身の経験と多くの人を見てきた経験を踏まえ、そういう自己否定しがちな人に対し、自分のダメなところだと思っているところが実は裏返せば自分だけの強みであり、そこに気づくだけで自己肯定感は上がるし、自己否定しなくなった自分は、素直に自分の個性を強みとして発揮できることを、具体的に例示しながらわかり易くお伝えして勇気づけたいと思っています。

特に、“べき”、“ねば”での縛りの強い人他人軸で他者評価を気にしがちな人考えることや、人とうまくやっていくことに囚われがちで、なかなか行動を伴わない人向けに、そういう自分にはどういう強みがあり、自分のことをどう捉えてどうすればより自分らしく楽に生きられるかをお伝えします。

【プロジェクトをやろうと思った理由】

今現在、SNS、メルマガ、ブログ等文章で様々なことを発信してきました。元々エンジニアであったこともあり、論理思考を持つ私の文章は、論理的でわかり易いと評価を頂いています。

そして発信する量が増えている中で「本を書いては?」との声もチラホラと頂くようになった矢先に、出版社の方から出版を持ちかけられ、そこにある種のシンクロニシティを感じ、流れに乗ってみることにしました。

実はこの“流れに乗る”というのも私にとっては、“行き当たりばったり”の裏返しにある強みなのです。

自分の文章を書くという得意を活かし、少しでも多くの方が自分らしく楽に生きる人生を手に入れていただくことができたら、素晴らしいことだなぁと思っています。

【これまでの活動】

現在はストレングスファインダー®を一つのツールとしてパーソナルコーチとして、個人に対するコーチングで対人関係で生きづらさを感じている人や、自分なりのリーダーシップ、マネジメントのあり方を模索している人に対しコーチングで支援をしています。

また、企業向けとしてこれもストレングスファインダー®をツールとして、チームビルディング、リーダーシップ、マネジメント、アサーティブコミュニケーション等の研修を提供しています。

他、無料での情報発信として、より生きやすくなる思考法などをほぼ毎日メルマガブログで配信しています。

書籍出版については、現在(本プロジェクト開始時点)出版社の方と章立てについて詰めているところで、遅くとも一年以内、可能ならば年内には出版までこぎつけたいと考えています。(タイトルは未定です。)

【資金の使い道】

CAMPFIRE手数料17%を除き、以下にあてさせていただきます。

☑書籍の出版費用

☑リターンアイテムとしての書籍の発送料、手数料

【リターンについて】

☑今回制作する書籍を、支援者全ての方にお送りします。

☑支援額に応じて、パーソナルコーチングの個人セッション、ストレングスファインダー®の読み込みシート等を提供します。

※個人セッションの内容は個別にご相談させていただきます。(本プロジェクト終了後にメールにてご連絡いたします。)

※ストレングスファインダー®の読み込みシートは、ストレングスファインダー®の結果をお持ちの場合に限らせていただきます。(本プロジェクト終了後にメールにてご連絡いたします。)

※個人セッション、ストレングスファインダー®の読み込みシート等不要の場合は、①、②で任意に支援額を増やすことも可能です。

①3,000円 今回制作する書籍一冊

②5,000円 今回制作する書籍一冊+手書きのお礼状

③10,000円 今回制作する書籍一冊+ストレングスファインダー®の読み込みシート(ストレングスファインダー®の結果をお持ちの場合)

④15,000円 今回制作する書籍一冊+パーソナルコーチング個人セッション60分x1

⑤30,000円 今回制作する書籍一冊+パーソナルコーチング個人セッション60分x2

⑥50,000円 今回制作する書籍一冊+パーソナルコーチング個人セッション60分x3+ストレングスファインダー®の読み込みシート(ストレングスファインダー®の結果をお持ちの場合)

【最後に】

このプロジェクトそのものが、自分自身の強みを活かすことを体現したものとなると思っています。

これまでに発信してきたものの集大成として、より多くの方が、自分らしく楽に生きられるようになるために心を込めて執筆しますので、ご支援のほどよろしくお願いいたします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください