今、自分のことが好きですか? 他人軸で回る社会の中に、自分の居場所を見出だせないのは、あなただけではありません。 このプロジェクトを通して、みなさんの「ありのままの自分」を取り戻すきっかけを作っていきたいと思っています。

プロジェクト本文

みなさま、はじめまして。

映像作家、音楽家の吉岡徹です。
このたびは、本ページに来ていただきありがとうございます。

神奈川県の隅っこで、ひっそりと映像制作を行っていましたが、演劇ユニットteamACTのみなさん出会ったことで、長年、温めていたこの企画をはじめることができました。

少し、前置きが長くなりますが、とても重要なことなのでお話しさせてください。

 

▼生きづらさを感じていませんか?

「他人の評価が気になる」
「自分の気持ちや意見を言えない」
「失敗した時、自分を責めすぎてしまう」
「人のことを人一倍うらやましく思う」
「注意や否定をされると、自分のすべてが否定されたと思ってしまう」

上記の項目に当てはまる方はいますか?
多く当てはまるものがあれば、より生きづらさを感じているかと思います。
それは、みなさんの心の中に「インナーチャイルド」を抱えているからかもしれません。


▼「インナーチャイルド」とは?

「インナーチャイルド」とは、悲しみや傷を抱えた子供のままの人格のことをいいます。
時に深刻で、上記の項目のような感情や行動を、無意識下で引き起こしている場合もあるほどです。
残念ながら現在の日本では、こういった価値観から起因する「自分に対する無価値観、自己否定感情」を抱えた人々を多く抱えているのかもしれません。
加速化していく自殺者の数が物語っていると言えるでしょう。


▼「自己否定からすべてがはじまっている」
現在、マスコミで発表されている自殺者の数は3万人と言われていますが、それ以外でも、警視庁では10万人以上もの変死者が報告されているようです。
残念ながら、遺書がない限り、いかに自殺と言えるような死因でも、変死者としてカウントされているので、実際の自殺者の数は10万人以上とも言われています。

そんな深刻な問題と、正面で向かい合った時、一個人の人間に、何ができるのでしょうか?

これはもう、資本主義、競争社会の価値観や常識などを見直すほかにないのですが、
まずは「本来の、ありのままの自分」を取り戻すのが先決だと、僕は感じています。

「ありのままの自分」
とは、他人の意見に流されず、自分の意思、意見を自由に表現でき、自分の感覚を大切にできる状態だと言えます。



▼映画「True Dance 」を制作するまで

そもそも、この企画をスタートさせたきっかけは、僕自身のうつ病の体験からでした。
生まれてこの方、ずっと世間とのズレを感じていた僕は、社会に順応できず、成人してからも就職せずに、フリーターとして、ふらふらしていた時期がありました。
そしてある時、こんな自分ではダメだと思い、音楽活動を始めました。
音楽スクールに通いながら、掛け持ちしていたバイトの職を準社員に一本化し、休みの日は路上ライブに出るという日々。
半年間ほど、ほぼ休みなく仕事と音楽活動の日々を続けると、ある月は20万ほど、路上ライブで稼げる日もありました。
そうして成果は上がっていたものの、通っていた音楽スクールとの方針の違いから、何もかもが嫌になったある日、布団から出られなくなりました。
その後、一年間ほどの療養を余儀なくされます。
一日中、床に伏せながら、考えていたことは、自分は世の中に対して「価値のない人間なんだ」ということでした。

頑張ってもプロとして認められない=自分の音楽は、社会のなんの役にも立たない。

そんな自己否定のサイクルから抜け出せず、精神を病んでいきました。

ですが、ある時、気づきました。それはすべて、自分が「他人軸」で生きていたから苦しかったんだと。

成功し、メジャーデビューしているミュージシャン、ちゃんと経済的に自立している友達など、他人と自分を比べて、劣等感を味わっていただけだったのです。

その時期から、心理カウンセラーの方からカウンセリングを受け始め、
幼少の頃に得た未浄化なトラウマとも言える「インナーチャイルド」の存在を知りました。
この「インナーチャイルド」こそ、今作のコンセプトでもあり、企画を始めたきっかけでもあります。

そして、さらにはこの「インナーチャイルド」を引き起こす根源にあるのが「世代間連鎖」の価値観によるものだと気づいたのです。


親の親から引き継がれた教育や価値観を、知らずのうちに子へと引き継いでしまうことを「世代間連鎖」といいます。
今作の主人公・祥子も、親からの過剰な期待や偏った価値観によって、自身の個性を尊重されない環境で育ったことで、様々な迷いや葛藤、存在不安などに悩まされています。

そういった「インナーチャイルド」「世代間連鎖」の価値観から遡ると、戦後から始まった教育や、高度経済成長によって、ないがしろにされてきた
「人、本来の在り方」に行き着きました。

この映画を通して、「ありのままの自分」とは何か、問いなおすきっかけになればと思い、今回の映画の制作を始めました。


▼映画「True Dance」あらすじ
好きだった踊りが、ある日の怪我によって遠ざかる。
祥子は焦る気持ちと、不安に襲われながら、日々を過ごしていると、大学の同級生の秀美­­と出会う。
大学で映画サークルを主催している秀美は、一緒に映画を撮らないかと、落ち込んでいる­­祥子を誘うのだった。
ゲームオタクの大樹、大学の清掃員の啓太、演劇にストイックな美紀子、ビデオカメラマ­­ンの鴨井、そして、サークルの顧問であり、心理学を教える助教授の田宮。
そんなサークルの個性的な面々によって、新鮮な気持ちを取り戻す祥子は、怪我の療養中­­に、映画に出ることを決める。
そんな折、母から、来年の就職に備えて、この怪我を期にダンスを続けることに疑問を投­­げかけられ、祥子はまた落ち込んでしまうのだった。
祥子を見かねたサークルの面々は、田宮にカウンセリングをしてもらうことを勧める。
意を決し、祥子は田宮のカウンセリングを受けることになったのだが、幼き日に母から受­­けた遺恨、両親の離婚、祖母の死などの、様々な負の感情、トラウマが浮上し、困­惑­してしまうのだった。

▼映画の見所

主演のひかりさんによる、映画・演技・ダンスのコラボレーションも見もののひとつです。
ひかりさんと出会ったことで、今作のイメージが膨らんでいったのも事実です。
今後、プロジェクト期間中に、ひかりさんのインタビュー動画なども掲載していきますので、ご期待ください!

またteamACT主宰の優太さんとひかりさんによる、カウンセリングシーンには、
心理背景を監修していただいた、岩田糺さんと大空千紘さんによるアドバイスも加わり、スリリングな内容となっています。

ひかり
熊本県出身。2月8日生まれ。
2012年から現在までミュージカルグループMono-Musicaにて数多くの舞台に出演。その他、女性二人組のダンスユニット オセロとしてLIVEなど多数出演、振付も手掛ける。

2016年に日本大学藝術学部演劇学科を首席卒業。
大学では西洋舞踊を専攻。その他ラジオ、映画など幅広く活動中。

2014年 ミス日芸グランプリ(『四月は君の嘘賞』W受賞)
2015年 練馬警察署一日署長
2015年 GAKUSEIBU(江古田駅) イメージガール就任



優太(ゆうた)
teamACT主宰。2004年に佐野穏生と同チームを結成。
映像・舞台・アクション絡みなどの仕事を請負。
2013年1月、団体初の舞台公演を実施。
池上カイ名義で脚本・演出も担当。
チームのメインシリーズである「ピカイチ殺人事件シリーズ」第一作を発表。
以下、多くの方に支持され2015年現在、番外編を含む全5作品を公開。 

主な活動履歴

映画
◇「ソラに染み込む」貴志役(主演)
◇「Exchange」幸人役(主演)
◇「セイザーX」
◇「理由」
ほか

ドラマ
◇「私が恋愛できない理由」
◇「歳時記」
◇「轟轟戦隊ボウケンジャー」
◇「獣電戦隊キョウリュウジャー」
ほか

舞台
「ピカイチ殺人事件」(作・演出・出演)
「ピカイチ殺人事件2」(作・演出・出演)
「ピカイチ探偵事務所」(作・演出・出演)
「ピカイチ殺人事件3」(作・演出・出演)
「ピカイチ殺人事件~泡沫のアイドル~」(作・演出・出演)
「未来電話」(作・演出・出演)
「サンタがうちにやって来た!」(作・演出・出演)
「マルナゲドン」
「警視庁鈴鳴署刑事課!」(作・演出・出演)
ほか



そのほかの出演者の詳細も、日を追ってご紹介していきます!

出演:山崎華歩 廣川潤(コンプハウス) 櫻井里菜 鈴木祥高 及川崇治(演劇集団ふれる~じゅ) 田口勝久 佐野穏生(teamACT) 藤堂光結 マーガレット(イゴールのお部屋) 沢水志之 (劇団ムーンライト)


▼映画「True Dance」上映日・上映時間など
上映場所:ステージカフェ下北沢亭
上映期間:2016年8月19日~21日の3日間
上映時間:約50分

▼プロジェクトの今後
今回のプロジェクトでは8月を皮切りに、第一作目を序章として約50分の映画を上映していきます。
第一作目としているのは、この作品だけでは、今回のテーマや社会的な背景などが描ききれないため、
まず、8月の上映会を成功させ、今後は舞台化と、二作目となる長編映画化に繋げることを目標にしています。

 

▼資金の使い道
・プロモーション費   80,000円
(チラシ制作・ネットプロモーション費など)
・映画制作費の一部   120,000円
(機材費・交通費・人件費など)
・上映費        80,000円
・その他、本サイト手数料



▼リターンについて
・映画「True Dance」上映チケット進呈
2016年8月19日(土)~21日(日) 
下北沢亭での上映イベントのチケットを進呈いたします。

・映画「True Dance」サウンドトラック「今を踊る」を進呈
地域創造音楽家コウイク・シマのサウンドと「Cape Town」のソングライトのコラボレーションとなる映画主題歌「今を踊る」を収録したメモリアルなサウンドトラックを進呈いたします。

・映画「True Dance」本編DVDの進呈

・映画「True Dance」本編ブルーレイの進呈

・映画「True Dance」プライベート試写会のご提案
監督自ら、プロジェクター、スピーカーなどを持参し、全国各地へとお邪魔します。
本プロジェクトの理念「ありのままの自分を見つける」活動のご賛同者や、お友達を集めたり、ご自身が開催するイベントとのジョイントなど、臨機応変に対応いたします。
また当創作ユニット「Cape Town」による主題歌の歌唱なども行います。

・映画「True Dance」のノベライズ小説の電子書籍を進呈
主人公・祥子の視点で綴った今作のノベライズを、全12回に渡って電子書籍にて毎月配信いたします。
登場人物の感情の機微や背景など、映画では語られなかった部分を楽しめるだけでなく、本プロジェクトの核心にも触れられる内容になっています。

・映画、出演者を使ったCM映像製作
企業・個人事業主の方向けではありますが、映像作家の吉岡徹が、今作に出演する俳優さんたちにご出演していただき、完全オリジナルなCM映像の制作を行います。


▼最後に

僕らが目指すべき目標は「芸術で社会を変える」ことです。

みなさまには、このプロジェクトに参加していただくことで、「ありのままの自分」が持っている、純粋なパワーに気づいていけるよう、プロジェクトを進めていきたいと思っています。

しかし、現在は予算持ち出しで制作している状態です。継続させて続編につなげるためにも、応援して頂ける方、
ご支援、どうぞよろしくお願いいたします!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください