創業70年。「人の繋がり」を大切にしてきた地域憩いの銭湯を絶やしたくない。番頭と常連客が紡いだ素敵な想いを何とか形にしたい!復興後はシェアキッチンとフリースペースを設けた交流の場。温泉マルシェや地酒飲み比べイベントなど。人の繋がりを育みながら、地域を盛り上げる「皆で創るワクワク銭湯」を目指します!

プロジェクト本文

6月22日、重大活動報告追加『西粟倉村のようびさん、復興プロジェクトに加入』!!!!

↑↑↑↑↑↑↑↑

活動報告はこちらをクリック!

清心温泉と同じく、岡山県で火災に遭った家具屋さんです。

しかし火災から約二年、見事に復興。その軌跡、ノウハウを伝授してくださっております。

ぜひ一読いただければ幸いです。

---------------------------------------------------------------------------------------------

 

 
親子三代、地域の皆さまに愛され続け70年。火災で全焼した「清心温泉」を復興したい!

「伝統ある銭湯という憩いの場を無くしたくない。番頭さんと常連客が紡いだ素敵な想いを形にしたい!」という思いでプロジェクトを立ち上げました。

復興後は「皆で創るワクワク銭湯」を目指します。「人の繋がりを大切にした地域憩いの銭湯」を守りつつ、シェアキッチンやフリースペースを設けて気軽に交流ができる場。週末にはイベントを募集し開催など。今まで以上に、気軽に人と繋がり、深い関係が育まれる。新たな価値やワクワクが生まれ、地域が盛り上がる銭湯へ発展させていきます。

そのためにはあと1000万円のお金が必要です。どうか皆さまの温かなサポートをよろしくお願いします!

 

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------

 

6月20日!プロジェクト本文に番頭インタビュー動画を追記しました!

 

①番頭にとって清心温泉とはどんな場所だったか

 

 

②火災のあと

 

 

③もし復興できたなら

 

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

1.火災により銭湯が全焼。絶望の淵に。


1949年に創業。3世代にわたって受け継いできた、地域の方に愛される銭湯「清心温泉」。

現番頭の二宮丈晴が「思い出がたくさん詰まった銭湯を守りたい」という想いで存続の困難を乗り越えて、来年で70周年を迎える。
「ずっとこれからも地元の方に愛される銭湯として続けていこう。」
番頭がそんな想いを抱える中、2017年11月3日に火災が発生した。

「70年もの伝統が一瞬で炎にかき消されていく。祖父の代から引き継いだ誇りが跡形もなく消えていく。」
番頭はそんな光景を目の当たりにしながら、なすすべもなく銭湯は全焼。

「人生の絶望を感じて、今ここで命を絶とう。」
そんなことさえ頭をよぎる。

「人生を諦めようと思った。」
でも、番頭には家族を養う義務がある。
火災での全焼にはなすすべもなく、廃業を決断せざるを得ませんでした。

 

2.ただの銭湯じゃない。情熱と優しさが溢れる憩いの場所だった


火災前の清心温泉は3代目の現番頭が、不定期営業ながらも会社員の傍ら2足のわらじで何とか守り続けてきた銭湯でした。

正直、利益はない。無理をしながらでも続けてきた理由は
「地域の人が気軽に足を運び、交流を深めることで人が繋がる場所にしたい」
「銭湯の暗いイメージを変えて、皆が集まるワクワクする銭湯にしたい」
という情熱をもっていたから。

そのため、銭湯横のコインランドリースペースに「焼鳥屋台」を設置するなど、お客様同士の交流を促し、繋がりが生まれるような場づくりに尽力していました。

「地域の人の繋がり」に情熱を注いだ番頭ならではのエピソードがあります。
火災後、番頭が今後の未来に絶望を感じる中で後片付けを進めようとしたとき、地元の常連客が集まり、気づけば延べ200人が無償で清掃活動に協力してくれたのです。

常連客達は熱くこう語ってくれました。
「清心温泉があったから今の仲間と出会えて繋がれた。この感謝を何かの形で返したい。」
「清心温泉は日常そのもの。今は人生にかけがえのない場所になっている。」
「一人の客が常連客となり、いつしかボランティアのスタッフをやっている不思議。番頭の人柄に人が集まる。魅力的な場所。」

口々に出てくる言葉は
「清心温泉はただの銭湯ではない。人の温かさと優しさに包まれた場所である」ということ。
そして、「何としても復興させたい情熱がある。」ということだった。

  火災後の清掃活動を通して番頭は
「皆さんに申し訳ない。自分が居なくなって建物が残っていればよかった」と頭をよぎり、「清心温泉がこんなにも多くの人に愛されている。人の暖かさを感じ、希望と元気を貰える場所だと改めて気づいた」
と話します。

それと同時に、押し寄せる猛烈な後悔の念…
「もっともっと、地元に愛される銭湯になるように働きかければよかった。」
「もしも、もしも復活できるのなら、より多くの人が繋がれる交流の場として。悩んでいる人がいれば助け合う駆け込み寺として。愛と優しさに溢れた居場所にしたい。」

でも、現実はそう甘くはありませんでした。
復興には3000万円が必要。そんなお金も時間もない。
「悔しいけれど、やっぱり廃業するしかない。」
番頭は決断しました。

3.気づけば復興活動が展開。想いが繋がり力となった。

番頭が廃業準備を進める中、有志の常連客達が自主的に募金活動を平成30年3月から開始されました。
・街頭に立ってビラを配る活動。
・想いを伝えるために、知人伝いでの講演活動。
・あらゆるツテに頼み込んで協力のお願い。など

 

地道な活動と熱い想いは人伝いに連鎖し、地域の方の協力だけでなく、岡山のTV局と新聞社。
さらには全国区のメディアに多数取り上げて頂き、気づけば2ヶ月で200万円ものお金が集まっていたのです。

  番頭はこう話してくれました。
「人の温かさに生きる気力をもらえた。清心温泉は自分の物じゃない。皆の物だ」
そして、「人の繋がりを育む場所として清心温泉を復興させたいと思った」と。

 

4.何としても復興させたい!熱い想い。

復興後に目指すもの

今までの清心温泉が築いてきた「人の繋がりを大切にした地域憩いの銭湯」を守りつつも、今まで以上に「気軽に人と繋がり、深い関係が育まれる。新たな価値やワクワクが生まれ、地域が盛り上がる銭湯」へ発展させます。
コンセプトは「皆で創るワクワク銭湯」です!

銭湯にシェアキッチン、フリースペースを設置。
①交流の場として
普段は休憩や談笑の場に。フードシェア、パーティーやお茶会、料理教室など。誰もが気軽に利用できる交流の場として活用します。

②夢挑戦の場として
自慢の料理を振舞う店をやってみたい。ハンドメイドの雑貨を販売してみたい。こんな面白いイベントを考えてみた。
皆の「こんなことをやってみたい!」を語れば、気軽に夢に挑戦できる場として活用します。共に応援し合うことで、はじめの一歩は怖くない。むしろ、ワクワクする。そんな場所をつくります。

本プロジェクトを立ち上げた理由

きっかけは僕たち発起人が参加したボランティアでした。
圧倒的な不幸にも関わらず、ここに関わる人の全員が自然と笑顔になれる。
人の温かさと愛を感じられる。番頭さんと常連客達が紡いだ素敵な想いを素直に応援したいと思ったからです。

人の繋がり」は人生をより豊かにします。 

 

「こんなに深い繋がりが生まれる素敵な場所を絶やしたくない。そして、もっと多くの人が繋がれる場所に発展させたい」
と、思ったからです。

僕たちだけでは形にすることは無理だけど、諦めたくない。


もしも、多くの方に知って貰えたら。
もしも、共感し応援してくれる人が集まったら。
もしかすると、奇跡が起きて形になるかもしれない。


そんな思いで、私たちはこのクラウドファンディングを立ち上げました。

 

 

  5.想いとは裏腹に厳しい現実。皆様へのお願い。

復興のためには
・外装費で950万円
・内装費で900万円
・設備費で1000万円
・雑経費で150万円
合計で約3000万円の資金が必要となります。

現状の資金は
番頭の手持金で1000万円
常連客の募金やチャリティイベント、再建助成金などで1000万円を目指しています。

しかし、残り1000万円がどうしても足りません。

何度も相談を重ねた上で、
「7月29日 23:59」までに「1000万円」が集まらなかった場合「廃業」することが確定しています。

もし本当に1000万円を集めることが出来たとしたら・・・
きっと、世界で一番、愛と優しさが詰まった銭湯になる。
そして、実現する過程で関わった全員が人の温かさに包まれる。
ボランティアに参加した僕たちみたいに、無性に元気をもらえて、笑顔が溢れる。
「人の力が集まると、なんだって乗り越えられんじゃないか。」
僕たちは人の力が起こす奇跡を本気で信じています。

岡山の皆さま。全国の皆さま。どうか力を貸して下さい。
この活動を拡散、シェアして頂けるだけでも心から喜びます。
復興を実現するためには、皆さまの応援の力が必要不可欠です。
不幸を乗り越え、復興していく過程。
復興後の進化した清心温泉を皆で共有できれば嬉しいです。

 

 

共感、賛同頂ける方へ

クラウドファンディングの実施期間は『6/17~7/29』を予定しております。
ご支援をよろしくお願い致します!

①記事のシェアと拡散のお願い
「本プロジェクトを本気で成功させたい」と思い、事前にこの活動を一人でも多くの方に知って頂くために作成しました。
ご賛同いただいた方は
(1)お気に入り登録
(2)本ページの拡散
をして頂ければ嬉しい限りです。

②リターン協賛のお願い
クラウドファンディングでは様々なリターン(特典)を準備しております。
好意に頼る「寄付型」の他にも、
商品やサービスをお返しする「購入型」を準備しております。

現状では「購入型」のリターンが不足しております。
法人様で「商品やサービスを提供してもいい」「力になれるかも」
と賛同いただける方がおられましたら、お気軽に御連絡下さい。

  • 5b5d5326 e4c0 4ca5 9ca7 159f0abd02aa.png?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    クラウドファンディング最終日!多くのご支援ありがとうございます!

    2018/07/29 14:39

    清心温泉クラウドファンディング企画、最終日です。 本当にたくさんの方々のご支援、応援を背に受けてここまでやってまいりました。 パトロン総人数はなんと現時点で129人!!!! 本当に本当にありがとうございます。   このプロジェクト中、たくさんの出来事がありました。 一人じゃ成し遂げ...

  • 5b4fbff3 f420 4ba0 bab3 19f90aae07a2.png?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    現状報告!たくさんのご支援ありがとうございます!

    2018/07/19 07:32

    パトロン113名、支援総額1,418,000円、達成率14%!!!!!! 本当にたくさんの支援、コメントありがとうございます!!!! このプロジェクトは[All-or-Nothing]。 7月29日までに目標金額の1000万円に到達しなかった場合、クレジット決済はなされません。 賑やか...

  • 5b47597f a854 46d0 9d60 76ce0ab91ef9.png?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    またもやラジオ放送!7月13日金曜日、FM倉敷!19:00より!

    2018/07/12 22:37

    7月13日金曜日、FM倉敷!19:00より! クラウドファンディングにかける想いを発信させていただきます! 残り18日です。   今回の洪水で被害に遭われた皆さんへ。 大丈夫です。必ず誰かが助けてくれます。 清心温泉も全焼したのち、募金活動のみならず様々な活動を支援してくださる多く...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください