畳文化の新たな幕開けを、私が世界に知らせます。今や、畳文化は和室から歩き出し新たな分野に活動の場所を移しました。また、製作製品の幅は、眼に映る全てのもの・考えつく全てが畳の素材にて製作できる。日本文化としての畳は転換期を迎えました。わたしは、畳文化・歴史を新たなステージにて創り上げる日本人

プロジェクト本文

 

▼はじめにご挨拶

初めまして、わたしは畳deCo物

代表 飯島義紹です。どうぞ、お見知り置きをよろしくお願いします。

タイトルや自己紹介では、ビックマウス的はことを言っているのか??とお思いでしょうか?

わたし嘘・ごまかし嫌いでして、正直なので

言ったことは確実に形にします。

不可能を可能にする男です。

 

▼このプロジェクトで実現したいこと

畳の新次元突入にあたり、世界中に畳deCo物というメーカーブランドを

広く認識してもらい、日本の新しい文化を身につけてもらいたいんです。

ありきたりの畳縁の製品ではなく、藺草を使用する。

畳屋呼びでは、畳表は表面材であることから

 皮 ー kawa ー 」と呼びます。

わたしだけかもしれませんが、どんなものより天然素材

藺草そのものが、オーガニック

「 japan leather 天然素材 」

天然の皮と考えています。

さらに藺草には日本ならではという世界規模の周知がある。

 

「身につける」という言葉どうり腕時計のバンドまでも製作しています。

 

 

 

ベルト

 

 

 

・バック

日本刀の柄を持ち手に

手持ち時には、新鮮な気持ちです

 

 

 

 

 

 

掛け軸使用

虎を飼う・内面的な虎の存在感

開閉時の驚きは、周囲が

ざわつき、虎に気おされます

 

 

 取り回しの良さ重要視

シンプルなショルダーバック ( 胴乱 )

 

 

鹿の角を持ち手に使用

 

 

 

・帽子

 

 

・サンバイザー

頭の先から

 

 

 

つま先まで

ファッションアイテムとして

異質の存在感を身につけられます。

 

 

 

バイクのシート

 

 

 

・車のハンドル

 

 

 

アウトドアチェアー

 

 

 

・雑貨類

ティッシュカバー

キャッシュトレー

ペン立て

 

 

 

世界初

藺草 + 畳縁 x 着物帯 = 腹帯

ベルト締めを採用しているので、お一人で着用可能です

 

 

 

ハンモック

シートカバーまで可能だ。

世界の人々のそばで手軽に身につけられる

「 日本 」を手にしてもらいたい。

みていただけたでしょうか

このように、わたしにも畳にも

無限と言えるほどの可能性しかない。

そして、わたしは、地球上で知られる畳屋として

畳deCo物 飯島義紹と呼ばれたい。

 

*日本文化を着る・身につけるという文化は民族衣装でもある

着物・浴衣が代表的だが

着ることには決まりがことごとくあり正直敷居が高く感じる。

むしろ一人で着るには、訓練が必要である。

何も日本らしさは着物だけではなくなった。

時代・個々の日常ファッションスタイルに合わせ

順応ができる、畳deCo物が誕生したことで。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

・日本の伝統工芸として、「畳・畳の小物」は認定されていない。

・畳素材の製品は数あれど新規工芸としての認定がない。

・日本国内での認知が、あまりにも乏しい。

・海外進出・海外での認知を高めるため、現物を眼にしてもらう必要がる。

現実問題として言われることなのですが

・手に取り、見てみないと製品の良さが伝わらない。

・年々、認知度や注目度は上がっているが現実的に認知度が足りない

・各国の催事での出品にあたり出展費も必要、渡航費も必要なのでプロジェクトに参加させていただきました。

 

▼これまでの活動

・アートデザイン・フェスタ

・ハンドメイドインジャパン

・スチームパンク、異世界マーケットに参加

・ファッションワールド東京、連続参加

海外バイヤー・メディア取材放送・海外ファッション雑誌にてMADE IN JAPANとして掲載

そのほか、大小に関わらず催事に参加

▼資金の使い道

渡航費・各国での催事への参加・製作費・材料費・プロモーション費用

▼リターンについて

ご支援いただいた費用によりお選びいただけます

フルオーダー基本としていますので、the one な製品を

お届けいたします。

 

▼最後に

畳製作に関わる全ての職人さんや、基礎となった職人・尊敬を抱ける方々があってこそ

今がある感謝は忘れていません。まだまだ、今が始まりの一歩。

各国の生地や素材、個々のイメージの元

一人一人の欲しいを、製作します。

皆様の、ご支援いただければ、幸いです。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください