子供が誘拐される悲しい事件やかよわい女性がストーカー被害、性犯罪に巻き込まれる事件が多発しています。襲ってくる男性に子供や女性が素手で対抗はできません、そこで普段から持ち歩いているスマートフォン(スマホ)を武器に使って、急所を突いて逃げる護身術を知っていただきたく本を出版したいと頑張ってます。

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

 ご覧いただきありがとうございます。
初めまして、大神拳という弱者のための護身武術の指導をしているイコマと言います。

子供のころから住んでいた場所が悪かったのか、カツアゲや脅しなどいろいろな危ない事がありましたが、なんとか切り抜けてきて、もっと強くもっと強くと様々な武道・武術を習っていたら指導者になっていました。

今は子供がいじめや犯罪に合わないように、女性が危険な状況から脱出できるための、護身武術を楽しく指導しています。

 私が考える護身術は、素人の女性や小学生が襲ってくる犯罪者に対抗できる手段だと思います。その技術を長年さまざまな武道や武術を研究して最後に行き着いたのはロシア・アメリカ・イスラエル軍の特殊部隊の護身術でした。
犯罪は時によって生死を伴います。つまりルールなしの軍隊の護身術が、子供や女性を守る一番手っ取り早い手段だと気が付きました。

 長年指導してきた生徒の中で何人かが危ない目にあったときに、「役にたちました!」と言ってもらえることが私の喜びです。格闘技や武術・武道では犯罪に対してすべてをカバーできないところがあります。

 簡単に言えば倒されて負け・逃げたら負けのルールの武道は相手に勝たなければいけませんが、護身術は逃げるための対処です。路上に倒されてからの対処も必要ですし、ときには子供対大人、かよわい女性対大柄な男性というハンディの中で戦わなければいけない。あきらかにルールや審判に守られた格闘技や武道と護身術では違います。

 そこで私は最近は誰でも持ち歩くスマホ(スマートフォン)なら、いつでも取り出せるので犯罪対処に使うことを進めています。スマホで犯罪者の喉や股間に何度もアタックすれば、相手にある程度ダメージを与えて逃げることができます。持っている物はなんでも武器になることを、この本で紹介したくて道場の生徒たちと一緒に写真や動画を撮ってシンプルな護身術を紹介したいと願っています。

▼スマホ護身術の目次(予定)

 はじめに

第一章 スマホが武器に
 自分のスマホが武器になる
 スマホの持ち方
 スマホの使い方

第二章 スマホ護身術
 前から襲われるケース
 後ろから襲われるケース
 股間へのアタック
 脇腹へのアタック
 首横へのアタック
 のどへのアタック
 前から抱きつかれたときの対処
 後ろから抱きつかれたときの対処
 馬乗りをされたときの対処
 ナイフで脅されたときの対処

第三章 護身術とは
 格闘技と護身術の違い
 恐怖の対処法
 恐怖からのリカバリー

第四章    小さな子供の護身術
 危険な場所と時間を知る
 犯罪内容と簡単な対策
 危険・怪しいと感じたら警戒して立ち去る
 はっきり断って立ち去る
 何かされたら大声で「たすけて!」で犯人が逃げる
 怪しいと感じたら防犯ブザー
 腕を捕まれたとき 「助けて」
 腕を捕まれたとき 暴れる
 腕を捕まれたとき 噛む
 腕を捕まれたとき 足に絡む
 後から抱きかかえられたとき

 

確定ではありませんが、こういった内容で写真つきの解説になります。
動画はYoutubeリンクとなり、本のQRコードで観れるようになります。 

▼プロジェクトをやろうと思った理由

1.護身術の説明会や警察の指導では限界があり、本当の現場の恐怖からの脱出の指導がないために役にたたなかった
 と多くの意見を聞いた

2.海外の特殊部隊の護身術の指導を受けてまさにこの技が命を守る護身術になると思ったのがきっかけで、多くの人
 に本の写真や動画を通して知ってもらいたいと思いました

3.本を出版するのにかなりの費用がいることを知ってこのプロジェクトを通してご支援頂けないかと思いました。

▼これまでの活動

 約20年以上、護身武術の指導を大阪・京都・東京などで指導してきました。たくさんの子供たちから自身が持てていじめられなくなったとお礼をもらい、ますます指導が楽しくなっています。

 小学校や幼稚園で細々と護身術の講習をしてきていますが、学校を通すとPTAがうるさくて、結局役に立たない説明だけの講習会になりがちなので、自分で開催してもっと使える護身術を伝えたいと活動をしています

 世界の中でもトップレベルのロシア軍 特殊部隊スペツナツの護身術 システマを海外まで行って学んできたり、元アメリカ軍特殊部隊の方のセミナーや元イスラエル軍特殊部隊の方のセミナーなどにも積極的に参加して、子供や女性がシンプルに使える護身術を研究に研究を重ねています。

  

右が元ロシア軍特殊部隊 ミカエル・リャブコマスター 現在ロシア特殊部隊指導者
左は日本でシステマを指導されてる 大西 亮一インスタントラクター

左がイスラエル軍 特殊部隊最高指導者でありクラブマガ指導者の エヤルマスター

アメリカ国防総省と陸軍が、イラクやアフガニスタンでの対テロ戦争など非正規軍も対象とする「21世紀型戦闘」への対応に向けて進めている、総額1,600億ドル規模の兵力近代化構想「未来戦闘システム」 フューチャーコンバットシステムの兵士の戦闘指導をされていた、システマ シアトル支部の クォンマスター

他にも何人もの方々の指導を受けて、プロの犯罪者に対しての対処は難しいですが、素人の子供誘拐や軽犯罪・一般人による女性への性犯罪の対処を完成しました。

 

▼かよわい人が使える護身術 今までの護身術とここが大きく違います!!

 簡単に言うと今までの護身術は手首を女性が掴まれたら、その掴まれた手を捩じったり振り払ったりして対処する目的対処が主流です。これは合気道や柔術など技・テクニックなので実践では男の本気の力に対してなかなか使えませんでした。
 数年指導を受ければ首を絞められたたその手を外したり、後ろから抱きつかれたらその手を振り払ったりできますが、かよわい女性が力もなくその技を習っても実践ではほとんど使えません

 そこで、私が指導している護身術は、目的対処ではなく、自由対処です。
右手首をつかまれたらその一瞬は確かに恐怖が入りますが、よく考えれば左手・両足・頭は自由です。その自由に使える身体で、この場合なら左手で相手の目か喉を突くとか、きき足を使って相手の股間に膝蹴りをするなどの対処です。

 強い相手の力と勝負するのではなくて、自由な身体を使って対処します、さらにスマホを使えば強力な硬い武器なので、相手の顔・首・のど・脇腹・股間を何度もたたけば十分かよわい女性でも対処できます。

 犯罪者の力に子供や女性が力や技で対処するのではなく、シンプルに使える身体の対処法の護身術を理解していただけると嬉しいです。

▼資金の使い道

・本の出版費用にほとんど使用
・出版にさいして、写真撮影・動画撮影・編集・その他の経費

・多くの支援を頂いたら、各地での護身術セミナーを開催予定

・さらに海外へ行ってもっと多くのセミナーや講習で学びたいのでその経費にします
・Campfireへの手数料 17%の支払いも含む

▼リターンについて

万が一間違ってのご支援の返金はできません。
ご支援が足りなくても本は完成させるので、必ずリターンは送らせて頂きます。

ただ、本の作成や出版には半年以上かかるので、完成は2019年1月~3月予定。本の発送はそれ以降になりますのでご了承ください。

Tシャツの発送は年内で可能です。

◆3000円コース  ただただ支援
お礼メールさせていただきます。
ご支援いただいた方のお名前またはニックネームを本の最後に入れさせて頂きます

◆3000円コース
 出版した本1冊を送らせていただきます (サイン入りで送らせて頂きます)

◆3500円コース
 大神拳オリジナル Tシャツを1枚 送らせていただきます
 サイズはS,M,L,XLの4種類です

◆6000円コース
 出版した本1冊を送らせていただきます (サイン入りで送らせて頂きます)
 大神拳オリジナル Tシャツを1枚 送らせていただきます

 

◆10000円コース
 出版した本3冊を送らせていただきます (サイン入りで送らせて頂きます)
 ご支援いただいた方のお名前またはニックネームを本の最後に入れさせて頂きます

 

◆15000円コース
 出版した本3冊を送らせていただきます (サイン入りで送らせて頂きます)
 大神拳オリジナル Tシャツを2枚 送らせていただきます
 ご支援いただいた方のお名前またはニックネームを本の最後に入れさせて頂きます

◆20000円コース
 出版した本5冊を送らせていただきます (サイン入りで送らせて頂きます) 
 大神拳オリジナル Tシャツを2枚 送らせていただきます
 ご支援いただいた方のお名前またはニックネームを本の最後に入れさせて頂きます 

 

▼最後に

最後までご覧いただきありがとうございます。
この企画はAll-In方式です、資金が目標に達成しなくても、必ず書き上げて出版します。
なので目標金額に達成しなくても、ご支援を頂いた方には必ずリターンはさせて頂きます。

犯罪を減らすため、小さな命を守るため、衝動的な犯罪の被害者を少しでも減らしたい!、
と賛同いただける方は、どうかご支援をよろしくお願いします。

 

  • Default image l da671d394b3f9fc866ab67dc2120460e7ef1e7b521ebfff2b6c6437c3e33cbd0.png?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    動画撮影 進行中

    2018/08/04 14:20

    さまざまな犯罪パターンをインタビューしながら研究して、その対処法を撮影して本で紹介できるように、昨日も60本の動画を炎天下の中、熱中症対策をしながら撮影をしていました。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください