漁業従事者や魚の減少によって10年後、日本の魚は食べられなくなるかもしれません。居酒屋を経営していた私たちは危機感を感じ、全くのゼロから漁業を始めました。少しづつでもやれることはある!一緒に日本の海を守ってくれる仲間を募集します!

プロジェクト本文

▼ご挨拶

株式会社ゲイトの代表五月女です。日本の海を守る。漁業を盛り上げるべく会社で定置網漁の操業を開始しました。漁業大国と言われる日本ですが、衰退が止まりません。2016年7月に三重県熊野市二木島町に訪れてその現実を目の当たりにしました。

日本が抱える課題や現状をより多くの方に知ってもらうこと、そしてそれに対してより多くの方がアクションできるキッカケをつくりたくクラウドファンディングでもプロジェクトを立ち上げるに至りました。ご支援いただけると嬉しいです。


▼10年後、日本の魚が食べられなくなる!?

突然ですが、こちらのグラフをご覧ください。これが何かわかりますか?

これは日本の漁師さんの数の変化を表したものです。なんといまの日本の漁業は、65歳以上の方が40%、そして毎年5,000人のペースで減っていっているのです。

私達が漁業を行っている三重県でも

平成15年→12,261人

平成20年→9,947人

平成25年→7,791人

とおそらくこのままいけば、数年後には漁業者がいなくことが想定されます。

 これは三重だけでなく日本全体でおきている問題なのです。

 -魚もどんどん減っている。

また日本の漁業の課題は、漁師さんの減少だけではありません。魚もどんどん減ってきているのです。

 


海の資源は限られています。無作為に、大量に魚を獲り続けてしまうと、生態系が崩れてしまいます。「資源管理」つまり魚や海藻など獲る量と生み出される量のバランスを考えながらの漁業が今、求められてきています。

「魚」も、「魚を獲る人」も少なくなっている日本。かつては海に恵まれて、豊かな海の幸がありましたが、その恩恵を受けることができない未来がすぐそこまで来ています。

▼目指すは、生産地ファースト。

飲食店をやっているわたしたちは、「食材あっての料理提供」「魚を獲ってくれる方達がいるからわたしたちが成り立つ」ということ日々感じています。しかし一方で消費者や飲食店都合を生産者の方々に押し付けてきてしまった現状があると思っています。

「こういう魚がほしい。」「安定的に食材がないと困る。」「安く仕入れたい。」こういった飲食業や消費者側の要望に応えるため、多くの努力をしてきてくださいました。その結果、生産者の方々の疲弊を生んでしまいました。

 『大変で儲からない漁業。』

これでは、新規就労者は増えないですし、よいものを作り出すことがなかなかできません。生産者の方が疲弊して、成り立たなくなってしまっては、結果わたしたちの生活に影響を受けます。

生産者の方々の状況を理解し、ともに発展していけるやり方をつくりあげたいと思っています。

 

-仲間を増やしたい。現地に人が集まる。そこから生まれるアクション。

「でも、生産地ファーストって何すればいいの?」

「漁師になるってこと?ハードル高くない?」

どんなことをはじめたらいいのかわからないという方も多くいらっしゃるかと思います。私たちは、この現状を知りなんとかしなければならないと全く経験のなかった定置網漁をはじめましたがこれだけが全てではないと思っています。

・現地に足を運んでみること。

・生産者のことを考えた食材を取り扱うお店で食事をすること。

・生産地の現状や環境を理解すること。

・この現状を広めること。

・仲間として活動に参加すること。

 小さな一歩でも大きな一歩でも、まず自分のできる範囲でできることをやってくことが大切だと感じています。

 水産事業に参入することを決めた2016年7月からの約2年間。三重県南部⇔東京間に自社便を走らせ、魚と共に、東京・三重の人も乗せて行き来し、その人数は200人以上にも及んでいます。

サテライトオフィス開設も検討するところも出てきたり、現地で新たなネットワークやビジネスアイディアが生まれ立ち上がったプロジェクトも多々あります。

また水産系の学生が、海を守っていきたいという想いを持って三重県南部にしばし住み込んだり、大学の教授陣が訪れ研究テーマにしたり経済産業省の方や、農林水産副大臣が視察に訪れることもありました。

これらをやってみて感じたことは『現地をみてもらうのが一番。』ということです。

自分の目で見て、全身で感じるインパクトに勝るものはなく、より多くの方に実際に現状を見てもらえるようにと、現地へ人を呼ぶ活動をしています。

人口200人高齢化率84.4%。人口減少、少子高齢化が進む世界のトップランナー、世界の最先端である三重県須賀利町にて、漁業・水産・地域に関わる。

言葉では纏められない複雑さが面白い。

どんな1歩になるのかはその”ヒト”次第。

無関心から感心へ。小さな一歩でも大きな一歩でも、なにかアクションできるキッカケをつくっていきたいと思い活動を続けています。

そして今回はキッカケづくりとして、どなたでも参加いただける『決起会』を開催します!
今回は三重と東京の2箇所での開催となります!

▼「三重の活動体験会!定置網漁、朝獲れ魚の朝ごはん、須賀利の町散策。」

須賀利は日本の里100選に選ばれるほど美しい景色を誇ります。
http://www.sato100.com/?page_id=181

そんな須賀利で、わたしたちの活動を体験してみませんか。

【三重】
開催日程
2018年10月7(日)-8日(月祝)
開催場所
三重県尾鷲市須賀利町

■初日の夜は、海鮮BBQ!



■翌日の朝は、定置網体験!

実際の漁船にのって、漁師さんと一緒に定置網漁へ出発!
何が獲れるかは行ってみてのお楽しみ!!!

 ■朝獲れ魚の朝ごはん

自分で獲ったお魚で朝食をつくろう!漁師さんが作ってくれる味噌汁は絶品です。
漁の後のご飯って本当に美味しいんです。

 

どんな朝ごはんが食べられるかはそのときの漁次第。

獲れたての魚だからこそ食べられる美味しさ、漁師さんだから知ってる美味しい食べ方を堪能してください!

内容の詳細&FAQはコチラ

【東京】
東京決起会

代表五月女と生産地の食材を活かした料理を味わいながら、漁業の未来や、自分たちにできることをざっくばらんに語り合う会を開催します。

■開催日程・・・2018年10月14(日)、28日(日)

■開催時間・・・12:00~18:00(出入り自由)

■開催場所・・・くろきん神田本店 http://izakaya.gateinc.jp/kanda1/

▼その他リターン

現地にきて、その目で見てもらうのが一番ですが都内でもできることはたくさんあります!そんなリターンをご用意しました。

■現地で体験!

・漁村に泊まろう!

・定置網漁のお手伝い体験

・加工のお手伝い体験

・お魚便のお手伝い体験(お魚を積んで、東京まで運びます!)

・都内配送のお手伝い体験(東京の居酒屋にお魚や野菜を自社便で運んでます。そのお手伝い体験!)

■都内(@神田)