カキガール(KAKIGIRL)は、牡蠣を愛する女性の集団。現在70名以上が所属しています。私たちの願いは女子目線で牡蠣のかわいいメディアを作ること。おいしい牡蠣を作ることに意欲的な生産者さんや、新鮮な牡蠣を提供してくださる飲食店さんを取材して、日本の牡蠣のおいしさを世界中に広げます!

プロジェクト本文

「牡蠣のファンクラブ」始めました!

はじめまして、 カキガール(KAKIGIRL)です。牡蠣を愛する女性たちの集団で、現在、東京を中心に、福岡や名古屋、広島などに70名以上が在籍しています。

▲左から、こままりえ、堀江佑佳。

ほぼ毎日牡蠣を食べている私、古屋美枝を筆頭に、20代前半〜40代前半の女性が所属し、出版関係者、モデル、PR、秘書、CA、ライター、ネイリスト、学生など、多彩な顔ぶれ。それぞれがインフルエンサーとして、発信・拡散力があります。 

この動画をご覧ください!

このように、日々、おいしい牡蠣をいただき、スマホで写真を撮り、インスタグラムやツイッターなどのSNSで牡蠣の魅力を発信しています!

牡蠣情報が集まる“かわいい”メディアを作りたい!

現状、カキガールはこのようなメディアを運営しています。

http://kakigirl.jp/

私を含め、運営チームは出版関係者が中心で、コンテンツはオリジナルにこだわって制作しています。そのためコストがそれなりにかかり、スタッフの手弁当で制作しているため原稿料や取材費の余裕がありません。いただいた資金を活用し、デザインを整え、コンテンツをさらに充実させ、「牡蠣を食べたいな」と思った女性が最初に訪れてくれるサイトにしたいと考えています。

資金の使い道

今回のクラウドファンディングでは、「All in 方式」で、20万円を目標にしています。

内訳としては、下記を想定しています。

サイトリニューアル費:約10万円
原稿料、取材費(年内分):約6万円
CAMPFIRE手数料:約4万円

支援していただいたお金を有効活用し、世界に誇れる日本のおいしい牡蠣の情報を、丁寧に発信していきたいと思っています。

 
カキガールが生まれた理由

▲左から、木下美桜子、宮内玲子、滝沢晴香。

私が無類の牡蠣大好きで、週5日牡蠣を食べていたのがカキガールの始まり。いろいろなお店で一年中牡蠣を食べ、「どんな季節でもおいしく味わえる牡蠣があること」「産地や種類によってさまざまな魅力があること」などを知り、どんどん牡蠣の魅力に目覚めていきました。

牡蠣を食べるときに仕事仲間や友人たちを誘ってみると、意外に女性の間に牡蠣好きが多いことに気づきました。そういえば都心のオイスターバーはいつも女性でいっぱい。でも、嫌いな人は意地でも受け付けない食材でもあります。「好き嫌いがはっきりとわかれる」ということも、牡蠣の魅力の一つだと思うようになりました。

 

カキガール=モデル+ライター+インフルエンサー

カキガールの活動は、まずはおいしい牡蠣をいっぱい味わうこと(笑)。当たり前? でも、一番大事なことです。私たちが率先して牡蠣を食べ、それをインスタグラムやツイッターなど、各自のSNSやカキガールサイトの記事執筆を通じて世界に拡散します。

▲左から、梶原由美、吉良牧子、西田安希。

それを見た人たちが「生牡蠣食べたくなった!」とか「ランチは牡蠣フライね♡」と思ってくれたら幸せです。自分たちがモデルになり、ライターになり、拡散します!

 
「牡蠣がある、幸せ♡」を発信中!

▲高木晴香

今後のカキガールですが、こんな目標を掲げています。

・牡蠣好きな人がおいしい牡蠣に出合う機会を増やすこと。
・ひとりでも多く、牡蠣大好き人間(カキガール、カキボーイ)を増やすこと。
・牡蠣を取り扱う飲食店や生産者が潤い、その結果、質の良い牡蠣が安く流通するようになること。
・牡蠣は季節限定のものではなく、実は一年中、おいしいということを世間の皆さまに知ってもらうこと。
・日本の牡蠣は世界一安全であるとアピールし、「牡蠣=あたる」という常識を覆すこと。

「私は牡蠣が好き!」と発信する人たちの輪をさらに広げることによって、おいしい牡蠣に出合うチャンスをもっと増やせるという確信のもと、「牡蠣がある、幸せ♡」をキャッチフレーズにカキガールを運営したいと考えています。

全国のカキガール、カキボーイの皆様、応援してください!

▲左から、真下玲奈、古屋美枝。

そのために、日本中(世界も!)のオイスターバー、居酒屋、牡蠣小屋などを取材したり、全国の生産地を訪れ、おいしくて安全な牡蠣を作る生産者の努力を伝えたいのです。お金に余裕ができれば、英語や中国語に翻訳して、世界中に日本の牡蠣の魅力を発信したい!

全国の牡蠣好きの皆さん、応援よろしくお願いします! あなたも、カキガール&カキボーイになってください!!

 
リターンについて

全国のカキガール、カキボーイの皆さまに向けて、リターンを考えてみました。

◆ お返し一覧(詳細はリターン欄をご覧ください)

【3,500円】回数無制限!年内生牡蠣半額コース
【150,000円】タイアップ記事作成&拡散コース
【300,000円】動画作成&拡散コース

 

リターンの詳細は、こちらもご覧ください。

http://kakigirl.jp/4841/

 

古屋的におススメは?

やはり「【3,500円】カキガール応援。回数無制限!年内生牡蠣半額コース」ですね! こちら、カキガールを初期の頃から応援してくださっているジャックポットグループさんとのコラボリターンです。詳細はリターン欄をご覧いただきたいのですが、提携16店舗で期間内回数無制限、同伴者の方も半額OKという太っ腹プランです。週3〜5回、生牡蠣を食べている私、古屋のオススメオイスターバー情報も、お礼のメールと共にお送りいたします。

店舗や生産者さんには、「【150,000円】タイアップ記事作成&拡散コース」と「【300,000円】動画作成&拡散コース」。ナショナルクライアントをはじめ、数多くのタイアップを制作してきた編集長古屋の出版系人脈で、写真、ライティング、動画編集等各分野のプロに依頼し、記事or動画コンテンツを制作します。カキガールメンバーをモデル&インフルエンサーとして活用することも可能です。

 

最後に

カキガールメンバーにつきましても、体制が整い次第、新規募集させていただきたいと思いますので、その際は別途お知らせします。

また、カキガールの運営をお手伝いしていただける方(ライター、デザイナー、カメラマンなど)も募集中です。タイアップ、コラボ等のご相談も合わせ、こちらのフォームよりご連絡ください。

http://kakigirl.jp/contact/

  • New 20181005 181005 0006.jpg?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    【カキガール定例会】「かき小屋 新橋」で、生牡蠣、蒸し牡蠣半額を堪能!

    2018/10/08 13:27

    カキガールの壬生茜(No.073)です。10/4(木)開催された、カキガール定例会のレポートです。 オイスターバーチェーンで有名なジャックポットさんから、カキガールに「生牡蠣全部半額クーポンをプレゼント!」という素敵なご提案をいただき、オトクに牡蠣をいただいてきちゃいました!(今こちらで募集...

  • Img 0358.jpeg?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    新連載、平尾香さんのイラストルポ、【カキ飲み散歩】 が始まりました。

    2018/10/08 10:55

    カキガールのイラストでもおなじみ、平尾香さんの新連載【カキ飲み散歩】が始まりました。 【カキ飲み散歩#1】 丸の内にカキのお花畑満開で、私は食欲の「秋めぐり」。 休日の丸の内、石畳の中通りをウインドショッピングするカップルたちを追い越して向かった先は、「Oyster Bar ジャックポット...

  • New 20181005  1 181006 0018 0.jpg?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    【カキガール定例会】生牡蠣75個を自分たちで殻開け1時間半。食べ比べしました!

    2018/10/08 08:21

    カキガールの壬生茜(No.073)です。 カキガールは組織の活性化を目指し、定例の牡蠣会を毎月開催しています。そこで今回は、カキガール定例会第1回の模様をレポートいたします。この日は、カキガール編集長イチオシの牡蠣をお取り寄せして、なんと我が家のゲストルームで開催するという、ホームパーティス...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください