Logo

日本の研究の未来を変える!最先端の研究に触れられるWebメディアを創りたい!

5b395e56 c8bc 461d bde2 10960aa70b57
現在の支援総額
516,500円
パトロン数
37人
募集終了まで残り
4日

現在64%/ 目標金額800,000円

大学院生が自分の研究を紹介するメディアを作ります。 面白い研究は沢山ありますが、需要に比べて知るきっかけがまだまだ少ないという現状です。 高校生や大学生をメインターゲットに、わかりやすい説明を心がけて広く受け入れられる日本最大規模のメディアにできるよう尽力します。

▼はじめにご挨拶

はじめまして。
このプロジェクトの発起人で、京都大学理学部4年の青松洸司です。
普段は数学の整数論という分野を大学で勉強したり、Webアプリやスマホアプリの開発をしたりしています。

大学院生が自分の研究内容について一般人に向けて解説するWebメディア」を作るための資金調達をしたいと思い、プロジェクトを立ち上げました。

僕は高校生の頃から、大学でどのような研究がされているのかということに興味があり、よくネットで検索していましたが、なかなかまとまった情報というものは見つからず、そのことにずっと問題意識を感じていました

しかし、具体的に何をしたらこの問題が解決されるのかについては答えが見つからないまま時は過ぎ、学部の4年生になりました。

ある時、友人に何人かの大学院生がいるのですが、その友人たちとご飯を食べている時に、「大学院生も自分の研究を紹介する場が欲しい、例えばメディアで記事を書くとか。」という声があり、それは何か僕がずっと探していた答えのような気がして、その瞬間に研究を紹介するためのメディアを立ち上げる決意をしました。

「高校生が研究の内容を知ることができない」ということが問題だと僕は感じていましたが、その裏には「研究者も一般人に対して研究の説明をする機会がない」という問題もありました。
これらをまとめると「研究者と一般人(研究者でない人)との間に隔絶がある」ということが僕が解決したい問題だと言えます。

大学院生が自分の研究内容を紹介するメディアを作ることによって高校生でも研究内容を知ることができる環境を作り出し、さらには一般の方の研究に対する理解をもっと増やしていき、そして日本の研究の未来を明るくしていきたい、そう本気で考えています。

 

▼プロジェクト紹介

まずは、「研究の話を聞くことってめっちゃ楽しい」ということについてお話しさせてください。
今から見せる例は全て執筆予定の大学院生の実際の研究内容です!

例えば、ある大学院生の研究内容は「魚の背骨の形について」です。
この方は僕の友人でもあり、研究内容について聞いたことがあるのですが、第一印象は「魚の背骨の形についてそこまで深く掘り下げるの面白い!」ということです。

↑大阪大学大学院の坂下美咲さん(写真右)

そして、魚の背骨がどういう風に分類されるのかなど、魚の背骨にも奥深い世界があることを知り、とても面白い研究だなと感じました。

 

次に、ある大学院生は「カタールの政治・経済」や「イエメン内戦」について研究しています。

↑京都大学大学院の吉田智聡さん。イエメンの伝統的な服装で発表しています。お腹に挿してあるのはアラビア半島の伝統的な装飾品であるジャンビーヤという短剣だそうです。

この服装で発表をしているだけでもイエメンへの愛が伝わってきます。
僕はこの方の研究内容を詳しく伺ったことがないので、どんな研究なのかとても気になります。

 

また、心理学の研究をしている大学院生も記事執筆予定です。

↑京都大学大学院の溝端梨沙さん(写真右)。交互に積み木を積んで遊ぶ中で「ちゃんと順番を待つことができるか(欲求を抑制する能力の発達)」を見る実験をしている様子。

実際に子供と触れ合いながら実験するのも面白そうです。

 

他にも、「自発的・自律的に動くものについて実験的に研究を行っている」という大学院生もいます。
自発的に動く物体を「アクティブマター」と言い、その性質を物理学的に明らかにしようとする試みが近年盛んになっているそうです。
研究対象は多岐にわたり、例えば下の写真にあるように鳥の群れなんかも研究対象となっているようです。

↑京都大学大学院の方から写真をお借りしました。


どれもこれも、とても面白そうではないでしょうか?

ぜひこんな研究の話を「わかりやすく」「手軽に」聞いてみたい。そう思いませんか?
それを私は一般人向けのWebメディアとして実現しようと思いました。
自身の研究について専門の人ではない一般の人に(特に高校生や大学生に向けて)わかりやすく紹介するというコンセプトです。

この手のメディアを作る上で容易に考えうる事態として、研究の内容が難しすぎて伝わらないというものがあります。

これから作っていく上では、特に初学者にとってもわかりやすい説明と、入門的な記事に留まらず専門への道しるべとなるような記事も用意するということに注力して作り上げていきたいと思っています。

また、文系理系問わず網羅的に様々な分野を取り上げて記事にしていきたいと思っています。

 

▼これまでの歩み

友人の大学院生とメディア立ち上げの話が出てから、僕はクラウドファンディングによる資金調達を決めました。
その後、「本当に書きたいと思う大学院生のライターがいるのか」ということをまず確認する必要があると思い、ライターの先行募集を始めました。

すると、現在までになんと合計15人ものライターがぜひ執筆したいと声を挙げてくれました!

先ほどの生物や地域研究、物理の話の他にも、心理学や宇宙物理、化学系など様々な分野の大学院生が執筆予定です。
本当に様々な分野の人が先行募集に応募してくださったので、僕自身記事を読んでみたいなという気持ちがとても強くなってきました。

全ての人にとって、全ての記事がためになる保証はどこにもありませんが、このメディアによって何か一つの分野に出会い、興味を持つきっかけになったら良いなと僕は思っています。

 

▼このプロジェクトの価値

このプロジェクトに共感してくださったライターの方々や、運営する予定の仲間の多くが、「高校生の頃に研究に触れるきっかけが欲しかった」という課題感を抱いています。

僕も高校生の頃に、実際に大学に入ったらどのような研究がされているのかということについては検索しても出てこないという経験がありますし、大学に入ってからも、研究内容についてもっと触れる機会があったらいいのにと感じたことがあります。

ですから、高校生や大学生という学生にわかりやすく研究内容を伝えるというのが、このメディアの一番の目指すところであると考えています。

将来的には、社会人の方にも広く受け入れてもらい、学術的なメディアとして日本トップクラスの地位を築き上げていきたいと考えています。

 

▼資金の使い道

半年分の原稿執筆料として50万円を確保し、半年分のサイト維持費として10万円、サイト構築費用として5万円、リターン制作費として10万円使おうと思っています。

半年分として資金を考慮しているのは、半年経てば収益化して原稿料を賄えるだろうという計算です。

 

 

▼リターンについて

【感謝のメール】
魂を込めて、感謝のメールを送信します。

【オリジナルノート】
オリジナルノートをオーダーメイドで作成します。デザインはまだ決定していませんが、中身は無地で、150ページの分厚いノートをお届けします。
このノートを使って勉強や研究をして欲しいなと思っています。勉強や研究をしない人もメモやアイディア帳など様々な用途でお使いいただけます。

【記事執筆をリクエストする権利】
このメディアで取り上げて欲しい内容をリクエストすることができます。学問の分野をリクエストしてください。細かすぎる要望には応えかねますが、精一杯ライターを探して記事にします。
(具体例: 「数学の代数学に関する研究」「コンピューターサイエンスの機械学習に関する研究」「心理学の動物の心理に関する研究」など)
分野に制限はございませんので、ご自身の興味のある分野を何でもリクエストしてください!

ただし、6ヶ月以内に記事にする予定で精一杯ライターを探しますが、どうしても見つからないことがあることもご理解ください。
また、メディアで取り上げる記事はこちらの基準で決定させていただくため、研究紹介と関係のない内容である場合など、お応えできない可能性があります。

【サイトにお名前掲載】
目標金額に達成し、サイトが完成した際には、「このメディアの成り立ち」という固定ページを作成し、そこに支援者としてお名前を掲載します。肩書きや個人ブログなどへのリンクも掲載することができます。

【バナー広告の表示】
メディアは2カラムのサイトにします。トップページや個別ページなどの全てのページで表示されるサイドバーに期間限定で広告を掲載することができます。
広告のサイズは300×250です。
限定1名様の100,000円のプランで立ち上げ後1ヶ月の間(31日間)広告を掲載することができます。
売り切れた場合には、その後の期間のバナー広告の掲載プランを用意する予定です。

 

▼最後に

僕はこのメディアを持続可能価値の高いものにしていくつもりです。
そして、勉強・研究をすることをもっと身近に、また研究の話を知るきっかけをもっと多くしていこうと思っています。

このコンセプトに共感していただいた方は、ご支援のほどよろしくお願いします!