デスクワーカーや女性に多い「肩こり」を解消するために考案された「肩こりトルンダー」。 リハビリの専門家である理学療法士が12種類のストレッチ、体操を考案。 肩こりストレスから解放され、気持ち良い生活を送ってもらいたいという想いをこめて作ります。

プロジェクト本文

1人でも多く、1日でも早く「肩こり」を減らしたい。

国民病といわれている「肩こり」は、パソコン、スマートフォンの普及で年々増加し続けています。

たかが肩こり、されど肩こり。

凝りや痛みはストレスとなり、積み重なり、心身ともに疲弊する未病の1つです。

場合によっては頭痛や神経痛まで引き起こす厄介者。

そんなストレスから解放された身体を取り戻し、気持ちいい身体を作り、保つこと。

そんな身体を作るための習慣作りをお手伝いできればと思っています。

ストレッチや体操が苦手な人でも簡単にできる内容になっています。

患者さんの声をカタチに。

これまで、理学療法士として多くの患者さんのリハビリをしてきました。

「もっと早く始めればよかった」

「やった方が良いと分かってるけど、忙しくて、、」

「何をしたらいいか分からなくて」

そんな多くの声から、「予防」と「習慣」の大切さを強く認識しました。

身体は良くも悪くも日々変化し続けています。

せっかくなら、良い習慣を身につけて、自分の身体を自分で守れる人を増やしたい。

リハビリの専門家である理学療法士による丁寧な解説付き

デスクに置いても邪魔にならないB6サイズ

独立式の卓上カレンダー仕様

肩こりの方、近しい人が肩こりで悩んでいる、肩こりを予防したい、そんな方々の手に届くことを願っています。

また、デスクワークの多い企業内での健康維持としてもご活用いただけると嬉しいです。

仕事も、プライベートも大切ですが、身体も同等に大切なものです。

身体の不調を後回しにしないでください。

無理なく、生活の中で良いカラダを作り、心身共に気持ちの良い状態になるお手伝いができればと思っています。

どうぞ、ご支援よろしくお願い致します。

(私のこと)

理学療法士として、回復期リハビリテーション病院、整形外科、脳神経内科外来、訪問看護リハビリステーション勤務を経て、「予防」推進活動を行っています。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください