日本の職人の技術+α若いデザイナーのアイディアで、【made in Japan】らしい高品質な今までにないような商品を皆様に提供します。❝仕事に遊びに❞ 毎日を楽しくするをバッグをご覧下さい。

プロジェクト本文

これからのシーズンにピッタリ!❝仕事に遊びに❞ 毎日を楽しくするをコンセプトに開発に取り組みました。

試作品の作成や商品検討会を行い、その度に会議を重ね今回の2商品が最後に残りました。本当は1商品に絞り込みたかったのですが、男性・女性の意見をそれぞれ取り入れ『ビジネス用にも!』『レジャー用にも!』と言うことで2商品の展開となりました。

  

 上質なイタリアンレザーと国産帆布を使い、創業68年の株式会社櫻井の熟練の職人が一つずつ丁寧に仕上げました。ノート型パソコン、スマホ、手帳、財布、ポーチ、雑誌、お弁当にペットボトルなどが全部スッキリ収まって、出し入れがササッとできたら・・・。

 「こんなバッグが欲しい!」をすべて盛り込んだ、丈夫でおしゃれなイタリアンレザーと国産帆布で作ったバッグです。

 今回のプロジェクトで使用している迷彩柄は弊社だけのオリジナルの柄になります。

 ★手に提げて持っても肩に掛けてもちょうど良い手の長さ! 

 ★オリジナル迷彩柄と黒帆布の絶妙なコントラスト

 

 ★男女を問わない色合い

 

 ★ビジネスシーンにもピッタリ

 

 

★どんな洋服にも合わせやすいオリジナル迷彩柄

 

 ★カジュアルに肩から掛けても相性抜群

 

 

★コーディネートしやすい色合い

 

 ★底鋲付きなので、地面においても汚れにくい

 

 ★裏地色

 

 

★たっぷり収納!

◆イタリアンレザーと国産帆布を使用したサイドボタン付バッグ

 

 ◆イタリアンレザーと国産帆布を使用した軽量バッグ

 

 

 ★サイズについて

 

 

◆1958年創業のイタリアのタンナー/マストロット社製ADRIA(アドリア)革を使用。

 

 イタリア国内でも随一の生産量を誇るタンナーで、イタリアならではの綺麗な色使いが特徴です。ADRIA(アドリア)革の表面にはキメ細やかな型押しを施し、均一的な綺麗さと柔らかさを感じることができます。この型押しによりご使用になられていても傷がつきにくいと言うのも特徴の一つです。

 

◆帆布とは

 身近なところで使われている帆布ですが意外と知られていないことが多いと思います。この帆布とは、綿や麻の細い糸を何本か撚り合わせて平織りした厚手の布のことを指します。帆布は号数が小さいほど厚みが増し、織目も大きくなります。今回のバッグには厚すぎず薄すぎないちょうどいい風合いの8号帆布で仕上げております。

 

 ◆帆布の歴史

 その歴史は古く、古代エジプトで亜麻帆布がつくられ、船の『帆』として使われるようになったのが始まりと言われています。明治時代には、トラックの幌(ほろ)や鉄道貨物のシート、テント、製品を漉(こ)する際の布などにも使われるようになりました。

 帆布の産地としては岡山県産帆布が有名ですがこのバッグで使われている帆布は滋賀県産帆布を使用しております。滋賀県産?と疑問に持たれる方も多いと思いますが、琵琶湖がある滋賀県は古来より、京阪神への水源であると同時に重要な湖上物資輸送の要衝でした。日本海で採れた海産物を始め、北国諸藩からのたくさんの物資を当時都がおかれていた上方へ琵琶湖を通り運ばれていました。その船で使われていた『帆』の元となる綿織物業がこの地方で古くから栄えてきました。これは琵琶湖が大自然豊かな山々に囲まれ、霧のような雨が多い土地でなおかつ豊富な水と適度な湿度に恵まれていたためです。

 

◆リターン一覧

1.【先着50名様限定 40%OFF】イタリアンレザーと国産帆布を使用した軽量バッグ

2.【先着20名様限定 40%OFF】イタリアンレザーと国産迷彩柄帆布を使用した軽量バッグ

3.【先着50名様限定 40%OFF】イタリアンレザーと国産帆布を使用したサイドボタン付バッグ

4.【早割 30%OFF】イタリアンレザーと国産帆布を使用した軽量バッグ

5.【先着20名様限定 40%OFF】イタリアンレザーと国産迷彩柄帆布を使ったサイドボタン付バッグ

6.【早割 30%OFF】イタリアンレザーと国産迷彩柄帆布を使用した軽量バッグ

7.【早割 30%OFF】イタリアンレザーと国産帆布を使用したサイドボタン付バッグ

8.【早割 30%OFF】イタリアンレザーと国産迷彩柄帆布を使ったサイドボタン付バッグ

イタリアンレザーと国産帆布を使い、日本の熟練の職人が作った商品をCAMPFIRE特別割引価格で是非お買い求めください。

 ◆リターンのお届けスケジュール

①7月~8/31 クラウドファンディング実施

        ↓

②9/1~10/6 生産期間

        ↓

③10月からリターン商品を順次お届けいたします。※10月末までにはお届けを完了いたします。

 ◆作業風景(職人さんたちの手作業の様子)

 

日本の職人の技術は世界的に見て非常に優れています。それに+αして若いデザイナーのアイディアで、【made in Japan】らしい高品質な今までにないような商品を皆様に提供します。

 

Q. 商品の取り扱い方法は?

A. 以下の事にご注意ください。

● 湿気やカビが付きやすいところでの保管はお避け下さい。

●濡れた時は、柔らかい布で軽く押すようにして素早く水分を取り去り、通気性の良い状態で保管してください。

●革のアフターケアは特にクリームやオイルなどを付けなくても柔らかい布で乾拭きする程度で十分美しい状態を保てます。

●迷彩柄帆布は染の特性上ご使用になられているうちに柄にヒビ割れが起こる場合がございます。

Q.今回のプロジェクトのバッグのブランド『アミリ』について教えてください。

A.

 

 

大学卒業後、ハンドバッグとは全く無縁の教育関係の会社に入社。社会人や大学生の教育に携わりながら営業・事務なども担当。約7年後、現在の株式会社櫻井(創業1950年)に入社。生まれたときからハンドバッグに囲まれて育ち、学生時代はバッグの検品・梱包・袋詰め・配達などのアルバイトを行っていたのでこれらの仕事は特に問題なくこなせたが、縫製には携わったことが無く、営業や展示会などでお客様との打ち合わせでバッグの中の仕組みがわからず苦労したため、業務終了後バッグ教室に1年間通学しバッグや小物の縫製を学び、一通りのものは作れるようになり、現在は営業兼企画開発を行う。3代目になります。

 

最後までご覧頂きました皆様、ありがとうございました。

弊社が商品作りにおいて大切にしていることは、ご購入いただいた方にいかに満足いただけるかという点です。しかしながら新商品を発表するときはいつも不安で、会議に会議を重ね納得のいくものを作ってもいろいろなご意見を頂戴いたします。ですから商品販売後もお客様の声に常に耳を傾け、改良点などがあれば次の商品開発に活かしております。今回の商品も決して完成したものではなく、バージョンアップ品が出るかもしれませんがその点はクラウドファンディングの特性をご理解頂いたうえでご支援いただければ嬉しく思います。これからも現状に甘んじることなく頑張っていきますのでご支援宜しくお願いいたします。

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください