はじめまして、鎌田惺舟と申します。日本文化として歴史ある書道をカラーで表現することにより新しい文化の確立を目指しています。第一弾として皆さんに知っていただくため東京での個展開催を目標としています。カラー書道の作品をご覧いただきご支援をお願いいたします。

プロジェクト本文

▼このプロジェクトを立ち上げた理由

この度【カラー書道】という新しい文化を確立するためこのプロジェクトを立ち上げました。日本文化として歴史ある書道をカラーで表現することにより書道を礎としたカラー書道を新しい文化として確立したいと思っています。
日本の書道を文字として読んで理解するだけではなく、形から浮かび上がる美しさを表現したいと以前から考えておりました。形のアート性にカラーで書くことによる美がプラスされて【カラー書道】が生まれました。
書道は精神修養として広く一般的に用いられてきました。精神を集中し心を落ち着かせ無の境地になる最良の教材です。カラー書道にはその書道の基礎を礎にアートとして自分を表現できるものだと考えています。
書道と文化の面においても貢献できるものだと考えています。
カラー書道は書道の歴史や基礎をとても大切に考えています。若い人、高齢者においてもカラー書道は新しい日本文化としての起爆剤になると確信してます。 どうぞ、作品をご覧いただきましてご支援をお願いいたします。

カラー書道ブラッシュアート展Ⅲ個展様子
カラー書道ブラッシュアート展Ⅲ個展様子

 


▼カラー書道の特徴とこだわり、作品の特徴

書道の基礎を身に付ける。
②色彩の美を追求する。
③線の質に着目し、技術の修得をはかる。
④旧漢字・篆書・隷書・楷書・行書・草書でアート性を追求する。
複数の色彩を使用して奥行きを出す。
⑥芸術的観点を付加させる。
カラー書道ブラッシュアート展Ⅲ龍カラー書道ブラッシュアート展Ⅲ龍

 

▼受賞歴

1986 年     創玄展二科入選
1987 年     毎日展入選・創玄展二科入選
1988 年     創玄展一科入選・創玄展二科入選
1989 年     創玄展一科入選
1990 年     創玄展一科入選
1991 年     毎日展入選
1992 年     毎日展入選
1993 年     毎日展入選・創玄展一科入選
1994 年     毎日展入選・創玄展一科入選
1995 年     漢字・かな・ペン字、全日本書芸院にて師範取得  


▼これまでの活動

2007.3~2008.5  大手墓石会社の墓石文字制作
2009. 7   大阪市北区天神橋筋商店街にて書道教室開講
2010. 7   京都八坂通の茶屋にてカラー書道展を開催
2012. 8 大阪弁天町市民学習センターにてブラッシュアート展を開催
2017. 6 大阪誠華堂ギャラリーにてブラッシュアートⅡ展を開催
2017. 6 大阪の中津ピアスギャラリーにて「Artriangle・協業展 」出展
2017.10   イタリアミラノでの日本人によるグループ展に出展
2018. 1 尼崎杭瀬ギャラリーにてカラー書道ブラッシュアート展Ⅲを開催
2018.9 大阪中津ピアスギャラリーでカラー書道ブラッシュアート展Ⅳ開催
2019.~【カラー書道】の広報活動として東京での個展開催のため活動中

カラー書道ブラッシュアート展Ⅲチラシカラー書道展Ⅲチラシ

カラー書道ブラッシュアート展Ⅲチラシ color calligraphyカラー書道展Ⅲチラシ裏

カラー書道ブラッシュアート展Ⅲイラストレーターとのコラボカラー書道ブラッシュアート展Ⅲイラストレーターとのコラボ

 



カラー書道ブラッシュアート展Ⅲ展示風景桜カラー書道ブラッシュアート展Ⅲ展示風景桜

 


▼プロジェクトを成功させたい理由

カラー書道は、国内外によらず、日本文化への興味をさらに加速させ、筆を持つ機会もない現在において書道への関心を集めることができると確信しています。イベントや祭典の開催にも、新しい文化の存在は日本の発展に繋がります。このプロジェクトを必ず成功させて日本文化の発展に貢献したいと考えています。そしてさらにカラー書道は成長していきます。

カラー書道ブラッシュアート展ⅣDMカラー書道ブラッシュアート展ⅣDM

 


 


カラー書道ブラッシュアート展展示風景風カラー書道ブラッシュアート展展示風景風

 


 


カラー書道ブラッシュアート展展示風景月カラー書道ブラッシュアート展展示風景月
 



カラー書道ブラッシュアート展Ⅳオープニングパーティーのパフォーマンス後カラー書道ブラッシュアート展Ⅳオープニングパーティーのパフォーマンス後

 

▼資金の使い道

目標金額            945,000円

個展会場費            250,000円
WEB制作費            180,000円            
旅費・交通費            50,000円
図録等制作費            200,000円        
郵送・運搬費            12,000円
広告宣伝費            80,000円
宿泊代                100,000円
雑費                10,000円
キャンプファイヤー手数料        61,740円

支出合計            943,740円

 合計    945,000円


▼リターンについて

 リターンについては、鎌田惺舟が直筆一点ものオリジナル作品(世界に一つ)を心を込めて制作いたします。なにとぞよろしくお願いいたします。


▼最後に

このプロジェクトが成功することで新しい文化の誕生を確認していただけるものと信じています。第一段階として東京での個展開催が目標です。カラー書道はこれからの日本文化を活性化させる起爆剤になると考えています。おけいこ事の書道から、自己表現のできるアートとして変化する大きなチャンスです。どうかご支援いただき新しい文化の誕生と社会への貢献をする【カラー書道】の確立に力を与えてくださいますようご協力・ご支援をお願いいたします。

ブラッシュアート 鎌田惺舟

--------------------------------------------------------------------------------

Nice to meet you, my name is Kamita Shinku. I am aiming to establish a new culture by expressing the historical calligraphy as color in Japanese culture. As a first step we aim to hold a solo exhibition in Tokyo to let you know. Please see the work of color calligraphy and support it.

▼ Reason for launching this project

I have launched this project to establish a new culture called "color calligraphy". I would like to establish a color calligraphy based on calligraphy as a new culture by representing the historical calligraphy as a Japanese culture in color.
I have been thinking not only to read and understand Japanese calligraphy as a letter but also to express beauty emerging from shape. Beauty by writing in color in formality of art is added plus [Color calligraphy] was born.
Calligraphy has been widely and widely used as a spiritual training. It is the best teaching material to concentrate mind, calm the mind and become a point of absence. I believe that color calligraphy can express myself as an art with the foundation of the calligraphy as the foundation.
I think that it can contribute also in terms of calligraphy and culture.
Color calligraphy thinks very much about the history and foundation of calligraphy. I am convinced that even in young people and the elderly, color calligraphy will be an initiator as a new Japanese culture. Please, please have a look at the work and support it.

▼ Features and attention of color calligraphy, features of the work

① Learn the basics of calligraphy.
② Pursue color beauty.
③ Pay attention to the quality of the wire and acquire skills.
④ Pursue artistic in old Kanji, books, letters, scripts, handwriting, writing books and handwriting.
⑤ Use multiple colors to bring depth.
⑥ Make an artistic perspective.

▼ award history

1986 Selected for two Genesis exhibitions
1987 Everyday Exhibition Selected · Goryeo Exhibition Two Categories Selected
1988 entrance to Goryei exhibition one selection · won two exhibitions selected
1989 Selected for one of the Genesi exhibitions
1990 Selected for one Genoken exhibition
1991 Everyday Exhibition
Selected daily for 1992
1993 Everyday Exhibition Entry · First Genus Exhibition
1994 Everyday Exhibition Entry · First Section of Genesis Exhibition
1995 Kanji, Kana, pen writing, teacher acquirement at All Nippon Arts and Crafts


▼ Activities so far

2007.3 - 2008.5 Character creation of a tombstone company of a major tombstone company
2009. 7 Calligraphy classes opened in Tenjinbashi muscle shopping area in Kita-ku Osaka-shi
2010. 7 Color calligraphy exhibition held at the tea house in Yasaka dori in Kyoto
2012. 8 Brush art exhibition held at Osaka Bentencho citizen learning center
2017. 6 Brush art Ⅱ exhibition held at Osaka Seika gallery gallery
2017. 6 "Artriangle · Collaboration Exhibition" at Nakatsu Earrings Gallery in Osaka
2017.10 Exhibited at Japanese group exhibition in Italy Milan
2018. 1 Color calligraphic brush art exhibition Ⅲ held at Amagasaki Atase gallery
2018.9 Color Calligraphy Brush Art Exhibition IV held at Osaka Nakatsu Earrings Gallery
Activities for holding a solo exhibition in Tokyo as a publicity activity of 2019. ~ [color calligraphy]


▼ Why you want the project to be successful

We are convinced that color calligraphy, regardless of domestic and overseas, further accelerates the interest in Japanese culture and can attract calligraphic interest at the present time without the opportunity to have a brush. The existence of a new culture also leads to the development of Japan when holding events and festivals. I would like to make this project successful and contribute to the development of Japanese culture. And color calligraphy will grow further.

▼ Use of funds

Target price 945,000 yen

Exhibition hall fee 250,000 yen
WEB production cost 180,000 yen
Travel expenses · Transportation fee 50,000 yen
Production expenses such as illustrations etc. 200,000 yen
Mailing and transportation fee 12,000 yen
Advertisement cost 80,000 yen
Accommodation fee 100,000 yen
Sundry expenses 10,000 yen
Campfire fee 61,740 yen

Total expenditure: 943,740 yen

 Total 945,000 yen

▼ About return

 Regarding the return, Kamata Shinku works with an original piece (one in the world) with one piece of handwriting carefully. Thank you for your consideration.

▼ Finally

I believe that this project will succeed and confirm the birth of a new culture. The goal is to hold a solo exhibition in Tokyo as a first step. I believe that color calligraphy will be an initiator to revitalize Japanese culture in the future. It is a great opportunity to change from a calligraphy of fine events as an art that can express itself. We would like to ask for your cooperation and support so that we may give support to the establishment of [color calligraphy] to support the birth of new culture and contribution to society.


Brush Arts Kamata Seisyu




このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください