・銀行やマイクロファイナンスのカーローン審査が通らない方に 車をレンタルを行い 車生活を満喫して欲しい。 ○人が長く楽しみ喜ぶことを目指す○

プロジェクト本文

2018年現在、発展途上国のカンボジアは、バイクから車社会に急変中

○人が長く楽しみ喜ぶことを目指す○

★車購入の現実

 車購入資金 銀行借入90% 現金10%

 銀行借入審査通過率50%

★銀行から借入出来ない方へレンタカーとして貸し出す

 ・レンタカーすることのメリット

  銀行から借入する必要がない

  孤児院・学校などは行動範囲が広がる+安全

  TAXIなどは収入が増え生活が向上する

 ・レンタカーすることのデメリット

  盗難=盗難GPSを取付け、居場所確認、エンジン停止できる、車検証は当方保持

  故障=レンタカーの修理は、借りた側が実費で行う国

★流れとスケジュール

プロジェクト資金(獲得)→車購入(約1週間以内)→レンタル契約書締結(国民IDカード必須)(3日以内)レンタル開始

★レンタカー業務の資格

2018年現在、レンタカーの申請、認可は、不要な国です。

★プロジェクト資金使用用途詳細

中古車購入資金 35万円

盗難防止GPS   5万円

★パトロンリターン

レンタカーに名前掲載(名刺サイズ程度から)

別件 今後、中古車を輸入しカンボジアレンタカー事業開始時、優先案内します。

 

 

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください