プロジェクト本文

▼ ごあいさつ

初めまして、Joelleプロジェクト制作チームです!
本プロジェクトを見てくださり、誠にありがとうございます。

このプロジェクトは、現在NZ在住のシンガー「Joelle」の日本での音楽活動展開を拡げるため、音源の制作・一般販売を目標としたものです。

まずはJoelle本人からのメッセージを掲載させてください。

▼ Joelleより

「Music is Love」

私が歌う時、最も大切にしている言葉です。
歌のメッセージは愛を込めて歌う時に初めて、聴き手の心に真っ直ぐに届くと信じています。

私は現在、日本から少し離れたニュージーランドで生活をしていますが、いつも故郷の日本を想い、日本でステージに立ち、皆さんに歌を聴いていただく事を楽しみにしています。

この度、クラウドファンディングを通して活動の幅をより広げ、歌う機会をもっと増やしたいと思っています。

今回はジャズとオリジナルの2種類の音源を制作しますが、皆さんのお力をいただけたらとっても嬉しいです。

私の大好きな歌を、これからも精一杯歌います。どうぞ宜しくお願いいたします。

 

▼ミニアルバムのコンセプトについて

まず、古くから慣れ親しまれているジャズというジャンルを「過去」に置換しました。
そして、これからJoelleがもっと日本で音楽表現していく上で進んでいく「未来」をオリジナル音源として表現しようと考えました。

今までJoelleはジャズやピアノをメインに音楽活動を展開していましたが、今回オリジナルでは「デジタルな打ち込み要素を多く取り入れた、無機質だけどどこか暖かいJoelleにしかできないサウンド」を作ってみようと考えています。

「無機質で淡々と打ち込まれるデジタルサウンド」にJoelleの「優しい、透き通るような声」を重ねて、果たしてどのような化学反応が生まれるのか…

 

「今の自分を構築する過去」「新しい挑戦を続けていく姿勢・信念を誓う未来」
この2つの世界観を、本プロジェクトではコンセプトとして掲げ、表現したいと考えています。

 

▼活動報告について

ジャズについては、近日レコーディングを行う予定ですのでその時の様子などをアップしていきます!

オリジナルについても現在、ジャケットビジュアルや音源を鋭意制作中です。できたジャケットや音源の一部など、活動報告にてお知らせしてまいりますので気になった方はぜひチェックしてみてください!

 

▼ CDについて

CDは一般発売予定ですが、今回クラウドファンディングを試みるにあたり、サポートしてくださった方に感謝を込めてお名前をクレジット記載させていただきたいと思います!
※本名を控えたい方はニックネームでの記載も可能です。

そしてもちろん、一般発売に先駆けて世界中のどこよりも早く音源が皆様の手元に届くようにいたします。

 

▼資金の使い道

 ・音源制作費(プレス費含む)

・ジャケット等ビジュアル制作費

・プロモーション費

・NZ⇆日本の渡航費

 

▼リターンについて

よりJoelleを身近に感じてもらえるよう、作品制作とリターンの充実に努めて参ります。

・リターンのお届けは11月を予定しています。
・リターンをお届けするため各自のメールアドレスと住所情報を取得させていただきますが、それ以外の用途で個人情報を使用することはありません。
・各リターンについては、詳細や進捗を活動報告にて追ってお知らせします。
・目標金額を超えた場合は、リターンを追加することも視野に入れています。

 

▼最後に

クラウドファンディングは、Joelleと私たち制作チームにとって初の試みであり、挑戦でもあります。

今後Joelleが音楽によってたくさんの人に安らぎや優しさを与えていけるように、大切なはじめの一歩をサポートしていただけたらとても嬉しく思います。

皆様のご参加、お待ちしております!

 

 

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください