プロジェクト本文

◇2014年1月。世界一周の旅へ出発します。

私が世界一周へ旅立つことを思い描きはじめたのは、今から3年前のことです。

画像1
▲その時立ち上げた世界一周準備ブログ(http://ameblo.jp/888world888/)

「明日もし人生が終わっても、後悔しない生き方をしよう。」

3年前、ある出来事をきっかけにそう決心してから、私は”限られた人生の中で本当にやりたいこと”について考えるようになりました。そしてそのひとつの答えとしてまず、遠い憧れのままだった〈世界一周〉を実現させようという決断にたどり着きました。

生活費の見直しと日々の節約で、3年間に約200万円を貯めることができ、そしていよいよ、2014年の1月4日から世界へ旅立ちます。

その旅立ちを前に、この場をお借りしてお願いしたいことがあります。

それは、これから訪れる世界のことを、より多くの人に届けるための《旅マガジンの制作》と、《帰国後の写真展開催》の実現に向けてのご支援です。

◇日常が、非日常によって蘇る。

画像2
▲India/2009

旅の目的はまず、自分のこの目で、手で、心で、世界に触れること。
そこでインプットしたことを、今後の創作活動に生かしたいと思っています。

そしてもう一つの目的は、この旅を通して出会う世界中の景色や出来事を、たくさんの人に伝えたいということ。そしてこれが、今回CAMPFIREに投稿した理由でもあります。

よく、芸術やスポーツ等は、生きていくのに必要ではないものだと言われます。
確かに衣食住に直接的には関わりませんが、かたやそういった非日常の存在が、私たちの日常を支えているのも事実です。
そして旅も、そんな非日常のひとつ。見知らぬ景色や文化、人との出会いが教えてくれるのは、それ自体の素晴らしさはもちろんのこと、新しい世界を知ることがかえって日常を照らし出し、日々に活力を与えてくれます。

画像3
▲Vietnam/2010

雄大な自然、壮麗な建物、異なる民族の人たち。
この広い世界を、まるで一緒に旅をしているかのように、日本にいる大切な人たちにも届けたい。そしてそれが、ほんの少しでも日常を彩るものになりますようにという想いで、今回のプロジェクトを立ちあげました。

◇現地から制作/発行するリアルタイム旅マガジン“tasogare times”

その方法として私が考えたのが、旅をしながら現地からリアルタイムで旅マガジンを発行することです。

画像4
▲マガジンのプロトタイプ1。詳細は随時活動報告で公開していきます。

今の時代、メールやSNS、blogなど、よりリアルタイムにかつ不特定多数に伝える手段はたくさんあります。
でもあえて”冊子”というカタチあるものにこだわりたいのは、一人一人の手元にちゃんと届けたいと考えたからです。まるで、世界のどこかから贈り物が届くような、そんな特別感とワクワクとともにページをめくって、世界を味わってほしい。そんな想いをこめて、旅をしながらマガジンを制作することにしました。

画像5

この旅で訪れる予定の国は約40の国と地域です。その地で実際に感じた事を写真と言葉で綴りながら、現地の人との対話や、異文化の不思議など様々な角度から楽しめるコンテンツを織り交ぜて、よりリアルに伝えられるものにしたいと思っています。

画像6
▲マガジンはFacebookページや自身のHP等で発売予定。

そして約1年半の旅の後、日本に帰国してから、マガジンには掲載しきれなかった世界中の写真を展示する写真展を開催したいと思っています。
大小様々なプリントの写真と、ムービーや旅ルポなどもあわせて展示して、来てくださった人がより世界を体感できるような写真展にしたいと考えています。

また、旅のこぼれ話や出来事を、写真を交えて振り返る座談会も行う予定で、この写真展が、マガジンを通して一緒に世界を旅して下さった皆様への旅の報告と、直接お礼を伝えられる機会になればいいなと思っています。

◇資金の使い道

今回募らせて頂く70万のうち、手数料を除いた56万円の具体的な使い道は下記です。

【マガジン印刷&配送費】:約26万円 (リターンに含む分+PR用無料配布分)
【写真展ギャラリー使用料】:約20万円 (東京都内4日間/関西地区3日間、2015年夏頃予定)
【写真プリント代】:約10万円

目標金額を達成できた際には、帰国後の写真展開催日までしっかりと、CAMPFIREの活動報告や自身のblogで定期的に進捗報告をいたします。

また、それ以上のご支援を頂けた場合には、写真展開催地の追加および追加プリント代、旅の写真をまとめた写真集の作成費、滞在予定国&マガジン発行刊数の追加等に使用させて頂きます。

◇リターンのテーマは「世界をあなたに届けたい。」

今回集めさせて頂くのは、この旅を、そして世界を、より多くの人に届けるための資金です。ここにプロジェクトを立ち上げることで、まずはこの旅をより多くの人に知ってもらえたらと思っています。そして、この企画を支援して下さった方には、さらに身近に世界を味わってもらえるよう、リターンの内容も旅を体感できるものをご用意させて頂きました。

画像7

◇一緒に、世界を旅しませんか。

世界一周は、今や日本でもたくさんの人が行ける時代になり、取り立てて目新しいことではありません。ある意味、お金と時間と、一歩踏み出す勇気さえあれば誰にでも行ける。だけどそう身軽になるには犠牲にしなくてはならないものがきっといくつかあって、だからやっぱり、誰にでも行けるわけではないのだとも思います。

私は幸運にも、この短い人生の中で、自分の目で世界に触れられるチャンスに恵まれました。
だから、しっかりとこの旅を、全うしたい。
それにはきっと、この旅で私が見つけた世界のことを、ひとりでも多くの人に伝えることが、より意味をもたらすのだと信じています。

このプロジェクトが、あなたの日常を照らす非日常となってくれますように。

長文、最後まで読んで下さりありがとうございました。
そして最後に。

一緒に、世界を旅しませんか。

◇profile/taki ayumi

画像11

鳥取県出身。日本大学芸術学部卒。
幼少の頃より音楽と共に育ち、大学在学中にフリーペーパーの編集や創刊に携わる。
レコード会社勤務の傍ら、写真やデザイン、映像制作などを学びマイペースに創作活動中。
HP : www.takiayumi.com

◇写真展情報◇

「Dear Tokyo,」
12/20.FRI-12/22.SUN
@DESIGN FESTA GALLERY HARAJYUKU/EAST102
http://goo.gl/5VHwdr

【works】
画像9
▲東京をテーマに制作した写真集「NOWHERE」/2013

画像10
▲空の写真で制作した折り紙「inOrigami」/2013

レコメンド

  • この広い世界をまるで一緒に旅をしているかのように、日本にいる人たちにも届けたい。世界一周の旅を通して撮影した写真で、マガジンをつくり写真展を開催するプロジェクト。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください