バンコクから2時間、多くの日本人が働く”シラチャ”という街があります。 そのシラチャに、タイで初めて、日本人がプロサッカーチームの設立を目指します。

プロジェクト本文

▼はじめに

はじめまして。

2020年のプロサッカーリーグへの参加を目指し、2019年の参加資格取得をかけたトーナメントに向け活動しています。まず、プロサッカーチーム設立にむけて一緒に活動しているメンバー紹介からさせてください。

▼小野ひろき

イギリス留学、UEFA公認指導者ライセンスを取得し、海外に出て早くも10年が経ちました。コーチとしてイギリス、オランダ、日本、中国、そしてタイと5カ国を渡り、ヨーロッパで学んだサッカーをサッカー後進国アジアに広めたい。そんな夢を求め自身が監督として率いるプロサッカーチーム設立を目指します。

▼中田ゆうき

不動産屋としてタイにきてプロサッカー選手、元プロに出会うことが多く、中学生以来のサッカーを再開しました。体重は20kgの減量に成功。手術10回、松葉杖7年、今走れる奇跡に感謝し、プロサッカー選手を目指す中年。選手登録も視野に入れ監督に猛アピール中!(相当難しそうです。。)

▼石原まこ

タイで3年プロとしてプレー。今はオーストラリアでセミプロとして活動しています。タイでは良い思い、悪い思い、たくさん経験させてもらいました。怪我に悩み満足な治療も受けられず落ち込んだ時期もありました。ただ、今は色々学ばせてもらったタイに何か恩返しをしたい!自分にできるのは精一杯のプレーをすること。自分のプレーをみて何かを感じてもらうことができれば。。チーム合流に向けて今日もトレーニング頑張ります!

▼なぜプロチームを作るのか!?

ご存知でしょうか。タイには日本人プロサッカー選手が数十人も活躍しているんです。私もタイにきて、日本にいた時よりも、多くのプロサッカー選手に出会うようになりました。

ただ、そんな選手たちの共通の悩み。理由のわからない交代・2軍落ち、怪我に対する不十分なケア、突然の解雇と・・・、言葉だけでなく文化が異なるゆえの苦労、また十分な資金力を持たないチームゆえの苦労など。環境、人にはよりますが、なかなかサッカーに集中できる環境がないのも実情です。

私たちは、そんな選手達に、サッカーに全力で打ち込む環境を届けたい。海外にでるきっかけを日本のサッカー選手に届けたい。そんな思いでこのプロジェクトを行いたいと考えています。

▼地元有名私立校からの誘い

あるとき、シラチャ地元有名私立高校から、プロサッカーチームを一緒に作ろうとの誘いがありました。その高校はタイの全国大会で常に上位に名前を連ねる強豪校。プロサッカー選手や、代表選手も輩出する有名校なんです。先日行われた高校全国選手権、惜しくも決勝戦で負けてはしまいましたが、タイ全国で準優勝という結果も残しています。

ただ、ポテンシャルが高い子でもなかなかプロサッカー選手になることは難しく、サッカーを諦めなければいけない子たちも多いのが現状です。

そこで高校サッカー部のトップチームとしてプロサッカーチームを学校の系列で作ってしまえば!学校からのお誘いでした。

▼学校側からプロジェクトを支える”ディアオ” 

元ナショナルチーム代表の経験も持つ、現在は高校サッカー部のヘッドコーチとして、指導に当たる日々。ディアオはいつも言います ”本当にこの学校の生徒にはポテンシャルが高い生徒が多い。そんな子達が活躍するプロサッカーチームを作って欲しい!”

▼日系企業が700社以上!

なぜ私たちに学校から声がかかったのでしょうか。それは小さなシラチャという街に700社を超える日系企業が進出しています。シラチャの街の人口のなんと5%以上が日本人という珍しい街なんです。

そのような環境で、日本人と一緒にチーム作りをすることで、日系企業や日本人の皆様にも興味を持って、支援を頂けるのではというのが学校の狙いとしてあります。

その支援を頂くにあたり、以下のことを学校側からお約束を頂いております。 

また一般の方からもたくさんの応援を頂いています!

▼地元有名校のスタジアムと選手

プロチームを作ると思うとぶつかる壁は3つ。

1. お金 チームの運営資金です。また後ほど説明いたします。

2. スタジアム スタジアムがプロチームとしての登録条件です

3. 選手 選手がいないと試合ができません。。良い選手がいないと勝てません。。

私立高校からスタジアムと選手は提供してもらえることになっています。スタジアムは天然芝!選手は高校世代とはいえタイでトップクラスのレベルを誇る選手達です。日本のユース世代との交流大会もあったりしますが、2018年の大会では某Jリーグユースに勝利を納めているほどの選手たちです。

▼ここでちょっと、選手の紹介

ディン。タイの田舎チェンライからサッカー特待生として13才から親元を離れ、6年間学校とサッカー漬けの毎日を送ってきました。現在は副キャプテンとしてチームを支える大黒柱です。現在はタイ全土の高校代表選手としてインド遠征に参加しています。

”プロとしてサッカーを続けて、いつかタイ代表としてワールドカップに出るのが夢。俺にはサッカーしかないから、仕送りを続けてくれたお母さんにもサッカーで恩返したい。ヒロ(小野ひろき)とサッカーするのは楽しい!自分が知らないヨーロッパのサッカーのこと、いっぱい教えてくれる。” 

▼参入を目指すリーグと目標

日本でもいわゆる”Jリーグ”と呼ばれるJ1からJ2、J3、地域リーグ・・・とありますが、私たちが参入を目指すのは、Thai League4からのスタートを目指します!

Thai League4(以下、T4)はPremierと呼ばれるThai League1から数えると4番目のリーグ、6つの地域で数十のチームが戦っています。年間20数試合のリーグ戦と、トーナメントからなり、シーズンは2月から10月となっています。

プロ化当初はT4での参加になりますが、1-2年の活動を経てT3への昇格、5年内でのPremier(T1)昇格を目標として活動いたします。

▼これまで・これからの活動

私立高校との打ち合わせはもちろんのこと、上記日系企業にスポンサーのお願いに回っており、数社から賛同、スポンサーへの参加の約束を頂戴しています。Camp Fireでの支援のお願いと同時に、新たなスポンサー探しも行なっております。

2018年9月よりTAリーグと呼ばれる、プロリーグへの昇格をかけたトーナメントに出場をします。タイ全土を8つの地域に分け168チームで戦う、プロリーグへの登竜門となります。このトーナメントに勝ってプロリーグに必要となるライセンスの取得を目指します。

本年の大会でプロリーグ参加ライセンスを取得し、2019年よりできることがベストではあるのですが、、、なかなか勝負の世界は厳しい。本命は2019年9月からの大会でライセンスを取得、2020年よりプロに加入することを目指しています。

皆様にご支援頂きたいのは、2019年9月からのトーナメントで優勝し、プロライセンスを勝ち取るための活動資金となります。

▼資金の使い道

皆様から頂戴する資金は、2020年のプロ昇格まで(2019年のトーナメント出場まで)のクラブの運営費として利用させていただきます。運営費といいますと、主には選手、コーチ、メディカルスタッフの給料、アマチュアリーグを戦うための遠征費に当てさせていただきます。

また、日本人選手に活躍の機会を提供するため、トライアウトも実施したいと思います。トライアウトに挑戦したいという方がいらっしゃいましたら、メッセージお待ちしております。

シラチャエリアに工場をもつ日系企業、また地元タイ企業からのスポンサーの協賛のお約束も頂いておりますが、まだ運営費に不足があります。そこでCamp Fireを通じて皆様に支援をお願いしたく考えております!

(具体的な資金使途)

1. 選手・コーチ・スタッフ給与:最低:10,000,000円/年

あくまで最低金額であり、より良い選手を、より良い環境でプレーさせて行くには、Thai League4を目指すレベルであっても+3,000,000円/年程度確保したく考えております。

2. 遠征費:最低500,000円/年

+1,000,000円程度ありますと、試合日の前泊費、リーグ戦以外の練習試合など、より充実した環境でリーグ戦に望めるものと考えております。

3. トライアウト費用

もっと多くの日本のサッカー選手が海外で、タイで活躍してもらうために、積極的に日本人選手のトライアウトも実施できたらと思っています。もし皆様のご協力が得られるようでしたら、選手のエアチケット、宿泊費などをチームで負担し、トライアウトにチャレンジしやすい環境も整えられればと考えております。

現在のスポンサーさまからの資金にて、最低限の必要資金(および、万が一の場合のチーム買収資金)は確保しておりますが、皆様からご協力を頂ける限りにおいて上記の活動に活用させて頂きたく思います。

▼リターンについて

皆様にも私たちのチームに参加していただきたい!そんな思いで考えてみました。いかがでしょうか。

1. チーム名をつけてください!

お一人にしかお渡しできないものです。このプロサッカーチームにお好きな名前をつけてください。

2. プロ(を目指す)選手と一緒に練習しましょう!

こちらは何名様でもOKです。タイまで自費でお越し頂くことにはなってしまいますが、プロ選手の練習に参加しませんか。男性、女性は問いません。一緒にサッカーしてみたい!という方お待ちしております。

3. 運動はちょっと・・・タイでサッカー観戦&観光をご一緒に!

サッカーはちょっと。。ただ、せっかくなのでタイには行ってみたい!という方にはこちら。ぜひ、私たちのチームの試合をみに来てください。VIP席でご覧頂けるよう手配させて頂きます。またご希望に応じてシラチャ近辺、パタヤの観光名所もご一緒させて頂きます。

4. ピッチでサッカー観戦!

VIP席ではなく、”ピッチ”で観戦。監督や交代選手に並んでの観戦にご招待!監督とともに選手交代や戦術について話しながら観戦頂くことができます。

5. タイは少し遠いな・・・公式ユニフォームをプレゼントさせてください!

仕事、学校も忙しいし、少しタイにいくのは遠いな。。という方には、”皆様のお名前入り”公式ユニフォームを選手のサイン入りでプレゼントいたします。Premier(T1)に参加する夢が叶ったときににはチーム設立当時のユニフォームはきっと大きな価値がでる!(と思います。)

▼最後に

海外で生活すると日本人ってすごいな〜と感じることが多くあります。サッカー選手も、こんなに真面目に練習をし、体のケアをするのは日本人だけなのでは?なんて思います。このプロジェクトでそんな日本人の良さを海外で広めていく、真面目に頑張る日本人の活躍の場を広げていきたいというのが私たちの思いです。

また、サッカーチームは日本人だけではできません。(外国人の制限枠がありますので選手も最大4名まで)当然、タイ人の選手やスポンサーと一緒に作っていくチームとなります。今でも仲は比較的良いタイと日本ではありますが、このような活動を通じて、タイ人と日本人の距離がもっともっと近づいていくことに、少しでも寄与できたらと考えております。

  • 79648.jpg?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    元タイナショナルチーム監督と面談

    2018/09/24 00:35

    元タイナショナルチームを率いたCharnwit元監督と、シラチャが出身とのことで面談させてもらいました。 選手獲得や育成など、協力するよ!とチームへのサポートをお約束頂きました。

  • 18265.jpg?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    シンガポールU-18代表との練習試合

    2018/09/23 23:40

    昨日、シンガポールから来タイしていた、U-18代表と練習試合を行いました。 結果は2-2の引き分けでしたが、ナショナルチームと互角に戦うことができたのは、チームの大きな自信となりました!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください