「北海道NO.1のお祭りを釧路に作りたい!」そんな想いからはじまった秋の訪れを告げる『釧路大漁どんぱく』も今年で15回目!愛する釧路に活力と地域の魅力を発信する一大イベントを一緒に盛りあげ、つくりあげていきませんか!

プロジェクト本文

はじめまして、釧路大漁どんぱく連絡協議会です。今年で15回目となる『釧路大漁どんぱく』を、9月6日(木)から9日(日)の4日間に渡り盛大に開催いたします!

「北海道NO.1のお祭りを釧路に作りたい!」そんな想いからはじまった『釧路大漁どんぱく』は、花火の“どん”と、食の“パク”をメインに、もともとは日程が別々だった秋の名物イベントを三日間に集結させ、農畜産物の即売、味覚祭りのほか、さまざまな催事とライブステージ、キャラクターショーが連日行われます!多くの方のご協力のもと道内外から述べ約34万人が訪れるお祭りへ育ちました!

今年のライブステージは松崎しげるさんです!

詳細はコチラ→公式WEBサイト

釧路大漁どんぱく一番の見どころは
なんといっても花火大会。
北海道最大級となる三尺玉を打ち上げます!
三尺玉は、日本で最も高い建造物の東京スカイツリー(634m)を上回る海上650mの高さで大きな爆発音とともに開き、直径約600メートルの金色の大輪を咲かせます。
約150メートルのナイアガラや、華やかなスターマインなど、計1万発の豊富な種類の花火が次々に空を彩ります!!
Walkerプラス「北海道の人気花火大会ランキング」では第5位にランクイン!!

▼ドローンで撮影した2017年どんぱく花火大会の映像です。ド迫力の北海道最大級の三尺玉は1分38秒から!!

①観光のさらなる発展へ!!
私達のまち釧路の海や大地が育んだ新鮮で多彩な食材に加え、釧路湿原や美しい夕日など様々な魅力を有しています。釧路大漁どんぱくをきっかけに、北海道内外多くの方に足を運んでいただき釧路の魅力に触れてもらい観光の発展を促したい!!

 ②地元の人に元気と希望を!!
釧路市民・企業が一体となって釧路大漁どんぱくを運営しています。お祭りを通じてみんなで取り組み、みんなで作りあげることによりまちづくりの活力を生み出します。そして、自分たちの住む街をもっともっと好きになり愛着をもってもらいたい!!

過去14回、多くの企業様の協賛とボランティアの運営メンバーに支えていただき、釧路大漁どんぱくを大きく育ててきました。
私たちも皆様の期待にお応えできるよう、昨年より今年、今年より来年と毎年スケールアップできるよう、試行錯誤で日々準備を進めております。
ただ、年々来場者が増えて、多くの方に喜んでいただいている反面で、来場される方の安全を確保するための警備費、公園内や周辺地域の方々にご迷惑がかからないように清掃を行うコスト、不漁による仕入れコストなども年々増加しています。
今年も釧路大漁どんぱくを楽しみにしている皆さんのために、規模を縮小せずに安全面もしっかり確保していきたいと思います。

釧路大漁どんぱくを北海道NO.1のお祭りにするためにもここで立ち止まるわけにはいきません!!一人でも多くのみなさまにご賛同・応援していただけると嬉しいです!!

2018年9月6日(木)・7日(金)・8日(土)・9日(日)
 ・釧路すえひろはしご酒大会:9/6(木)
 ・松崎しげるスペシャルライブ:9/7(金)・9/8(土)
 ・花火大会:9/8(土)
 ・焼きサンマチャリティー振舞:9/8(土)
 ・いい味イキイキくしろ:9/8(土)
 ・農業・農村フェアin KUSHIRO:9/8(土)
 ・釧路Oh!!さかなまつり:9/9(日)
【場所】釧路市観光国際交流センター他
【主催】釧路大漁どんぱく連絡協議会
 連絡先:事務局 0154-31-1993
 駐車場:近隣の有料駐車場をご利用ください

※荒天等のやむを得ない理由により花火大会を中止とさせていただくこともありますが、原則返金はいたしかねますので、予めご了承ください。

ご支援いただけた資金は手数料、リターンにかかる諸費用を差し引いた全額を『釧路大漁どんぱくの』の開催費用[設備費用・運営費用・警備費用・清掃費用]などへ充てさせていただきます!

今回、クラウドファンディングについては私達としても初めてのチャレンジとなります。
「釧路大漁どんぱくを盛り上げ、街を元気にしたい!!」私たちの気持ちは至ってシンプルです。単純ではありますがこの熱い私たちの想いが少しでも伝わって頂ければと思っています。
そして、世代・性別を問わず多くの皆様に愛してもらえる『釧路大漁どんぱく』を継続的に開催し、釧路の秋の風物詩となり、ひとつの誇れる伝統としてこれからの釧路を支える子供たちへ継承していきたいと思っています!!

どうかご支援・ご協力よろしくお願いいたします!!

釧路大漁どんぱく連絡協議会会長 中山勝範

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください