楊柳(ようりゅう)というのは凹凸感のある縦しわが入ったさらっとした風合いの生地の総称です。特に湿度の高い日本の夏においてはさらっとして肌離れの良い生地なので肌着や寝衣として重用されて来ました。

でも作るのはストール。最上級の高級エジプトコットンを使用することにしました。

そうして出来上がったのが、こころばせオリジナルの楊柳ストールです。このストールの魔法のような伸縮性深い縦しわを生み出している秘密が2つあります。

1)極細の経糸(たていと)
2)ぎゅっと撚りを入れた緯糸(よこいと)。強燃糸の使用

繊細なシボと凹凸感を生み出している一つ目の秘密は極細140番双糸の経糸(たていと)。極細の糸を使用し少し間隔を置いて並べることで、味わい深い縦縞のよろけと凹凸感を作り出すことに成功しました。

もう一つの秘密はぎゅっと撚りを入れた緯糸。撚りを入れるとは、わた状のコットン繊維を糸にする過程で繊維を捻る(縒る)ことです。たくさん縒ると、たくさん撚りが入ります。たくさん撚りの入った糸のことを強燃糸と呼びます。この強燃糸を少し伸ばした状態で安定させて織機にかけて布を作ります。そのあと生地を洗ってリラックスさせると、伸ばされたバネが戻るように緯糸が縮んで縦にしわが入るのですが、こころばせでは経糸と比較してちょっと太めの強燃糸を使用することで高い伸縮性が実現しました。ちょうど太いバネの方が強い復元力があるのと同じです。

 

こんな凄い生地を作って下さったのが、織物の街八王子の澤井織物有限会社の澤井社長さんです。

八王子は古くから養蚕(シルクを吐き出す蚕を育てる)や織物が盛んで400年余となる歴史を有しています。

今は全盛期と比較すれば織機も激減していまが、この状況下でやさしい風合いの生地を作れる旧式シャトル織機を使いながら、最新のウェアラブルデバイスを開発するGoogleに技術提供する等、最新のイノベーションに関与し続けている澤井織物有限会社の澤井社長がこのこころばせ楊柳を作り上げてくださいました。澤井社長は繊維織物の伝統工芸士であり、伝統の技術を引き継ぎながら新しい工業製品を生み出す熱意を持った技術者です。私が澤井織物さんを八王子イチの機屋さんと思っている所以です。

こころばせ楊柳ストールもシャトル織機で作られています。緯糸を内包したシャトルが織機の左右に往復することで、経糸と交差して織物を作っていきます。こうして作られた生地には糸に強い力が掛からないため、最新の織機には出せないやさしい風合いになるのです。

 緯糸が巻かれたコマが装着されたシャトル

こうしてシャトル織機で織られた生地には見栄えに関するもう一つの重要な美点があります。特にマフラーやストールとして使うときはとても重要です。生地の左右のと呼ばれる部分の仕上がりが、新型織機とシャトル織機とでは全く違うのです。

 左がシャトル織機の耳、右が新型織機の耳の例

新型織機は横糸が折かえらずふさ耳になっていますが、シャトル織機の場合はスッキリした耳になっています。今回の楊柳ストールの耳も同様の仕上りになっています。

 

 

少し長くなりましたが、こころばせ楊柳ストールのこだわりをご紹介させていただきました。では、実際のストールの着用についてご紹介いたします。

コットンの襟巻きは通常ハリがなく首に巻いたとき、しなっとなって貧相になりがち。でもこころばせ楊柳ストールは襟巻きとしてもしっかり存在感があります。

 


墨色


桃色

こころばせ楊柳ストールの抜群の伸縮性を使って、肩からすっぽり体を覆うストールとしての使い方もできます。


墨色

 

 
桃色

多くの繊維製品のブランド名が日本語でないことに強烈な違和感を持ち続けていました。でも、理由もわかります。日本語にするとその言葉を受け取る人それぞれが自分の経験からその言葉にプラスアルファの感情を乗っけてしまう。このリスクを避けつつスマートな表現となると、外国語(英語、フランス語、イタリア語など)を用いて日本語で適当な注釈をつけることになりますから。

そこで古典を紐解くことにしました。
源氏物語、第二十二帖 玉鬘(たまかずら)のなかに、権力の頂点太政大臣に上り詰めた光源氏さんが、全ての愛人に着物をプレゼントする衣配り(きぬくばり)をする場面があります。出家した空蝉の尼君にプレゼントする段で「青鈍の織物、いと心ばせあるを見つけたまひて、」とあります。ここでは「こころばせ」は趣きとか品格とかセンスとかおしゃれ心と訳せます。

衣配りで織物の評価に使われた「こころばせ」。これだ!と思いました。源氏物語の光源氏さんの様に、こころばせある繊維製品を衣配り(とっても有料ですが)していきたいと思っています。

「こころばせ」ブランドを主宰する大窪裕美ともうします。

繊維業界において、原材料の選定から紡績、織布、加工、染色、服作り、営業、小売りまで経験することができた最後の世代、いわば「絶滅危惧種」に属するのが私です。繊維業界は衰退の一途をたどり、私のような経験をしようにも、それを与えてくれる余力のある企業は無くなってしまいました。

ファストファッション全盛の時代、私が企画、発明する繊維素材や製品はどうしても小ロットになり、従来のアパレル→小売店という流通経路では割高になってしまい、売れないジレンマに陥っていました。
今後は、商社による適切な在庫保有機能を有効活用することでコストと品質のバランスを取りながら、クラウドファンディングや自社サイト、ECサイトを通じて極力中抜き、ショートカットした販売にチャレンジしていきます。

日本発世界を目指して!
COCOROBASE FROM JAPAN TO THE WORLD

 

 

 

 

  • 2018/08/25 16:39

    楊柳って縦にしぼが入っていて凹凸感が凄んです!と説明しても実際触ってもらわないとなかなか伝わらず苦労しています。 これでいかがでしょうか。かなり頑張って撮影しました! プロジェクトもあと一週間となりました。 ご支援のほどどうぞよろしくお願い申し上げます。   こころばせ 大窪

  • 2018/08/18 17:31

    立秋を過ぎて一気に涼しくなりましたね。 季節に合わせて秋冬仕様の写真を撮ってみました! いかがでしょうか。ご使用いただけるイメージが伝わればいいのですが。

  • 2018/07/30 17:30

    八王子の澤井織物有限会社の澤井伸氏は海外からもひっきりなしにオファーの入る凄い人なんです。織物の伝統工芸士の資格もお持ちの方。 グーグルのJacquardという洋服をウェラブルデバイス化するプロジェクトに技術供与を行なった日本企業の一つに名を連ねているのが澤井織物なんです! 澤井さんは、導...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください