奄美大島に訪れた方々に、島でとびっきりの思い出を作っていただきたい!そんな思いから、実家の二世帯住宅の一階をリフォームし、まるでおとぎ話の世界に出てくるようなワクワク感と、緑のガーデンに癒される宿「Green Garden」を実現したいと思いこのプロジェクトを立ち上げました☆

プロジェクト本文

『Green Garden』の外観です♪

▼はじめにご挨拶

はじめまして。プロジェクトを起案したGreen-Gardenオーナーの娘、しばたまきと申します。

様々なプロジェクトの中から当プロジェクトをご覧頂き、誠にありがとうございます。

私の大好きな故郷、『奄美大島』はキラキラ輝く透き通る海と、多くの固有生物が生息している自然豊かな島です。2017年には国立指定公園に認定されました。またLCC就航により東京・大阪・名古屋からも気軽に行けるようになり、観光客も近年増加しています。

▼宿「Green Garden」のきっかけ

定年退職を迎えた父が、島に貢献できる何かを始めたいと、自宅を改装して「民泊」にチャレンジしようと思ったのが宿「Green Garden」が生まれたきっかけです。

二世帯住宅の一階を改装し、奄美に訪れる観光客の方々へ、心がワクワクし、そしてほっと一息つけるような癒される宿を提供したいとの思いで、ただいまOPENに向けて準備を進めています。

「Green Garden」の由来は、ガーデニングが趣味の父が、長年かけて育ててきた大好きな「緑のお庭」から来ています。家の庭には、大きなヤマモモの木があったり、南の島ならではの"一夜だけ咲く幻のお花「サガリバナ」など季節ごとの花々が沢山ございます。

お庭のサガリバナの写真

 

奄美大島を旅していると、美しい風景や島の人たちの優しさなど、心が温かくなる瞬間に出逢うことが沢山あると思います。

そんな中で、旅には欠かせない「おもいでの宿」でも、ゲストの皆さまがHAPPYで楽しいひと時を、そしてほっと一息つけるような癒しの空間を提供できる「宿」にしたいと思っています。

▼クラウドファンディングをやろうと思った理由

「60代。まだまだ若い!」と、新しいことに挑戦する父の背中を見て、わたしも何かできることで応援したいと思いました。また、現時点では改装に必要な最低限の資金しかなくギリギリで挑戦していることを知りました。

そこで、少しでも父の想いを形にするために資金調達ができないかと思い、クラウドファンディングに挑戦いたしました。高校卒業から島を離れた私は、離れてからはじめて「奄美大島の素晴らしさ」に気づきました。

それからは、これまで出逢ってきた人々に「是非いつか奄美大島にいらしてくださいね」と自然と島のPRをしていたように思います。父の挑戦から始まり、自分の実家が「宿」になることにとても嬉しく思っております。私に出逢って「奄美にいつか行きたい」と思ってくださっていた方、またそうでない方も、このご支援を通してぜひ「Green Gargen」に宿泊していただき、奄美大島を思う存分楽しんでいただければればとても嬉しいです。

皆さまからのご支援が一つ一つ、理想の「Green Garden」へと近づいていくことと確信しております。何卒、ご支援のほどよろしくお願いいたします。

リフォーム前の現在の様子です。(築20年の建物です)

▼資金の使い道

・内装をリノベーションする為に必要な各種資材の購入

・宿泊施設としての家具、寝具の購入費など

▼最後に

赤い屋根に白いお家、そして緑のガーデン。私はこのお家が大好きで、いつもお家に帰るのがとても楽しみでした。それは、温かい家族の存在があったことはもちろんですが、物語に出てくるような可愛いおうちの存在と空間のおかげだとも思っております。

時をつむぎ、大好きなお家が奄美大島を訪れたた旅人の「宿」として、新たに時を刻み、ゲストの方にとって最高の思いでの場所になれれば幸いです。また、そうなれるように宿のコンセプトや内装にもこだわり「Green Garden」OPENに向けて家族一丸となって準備を頑張ってまいります。

是非、ご支援をよろしくお願いいたします。

大好きな奄美大島で皆さまとお会いできる日を心より楽しみにしております。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください