一文字アートを体感してもらいたい!そして“ご依頼頂いた文字のみ”を使って文章を作り個展を開催したい! その為の一文字のご依頼、ご協力をお願いします!

プロジェクト本文

~自己紹介~

ご覧頂き誠にありがとうございます。

私は神奈川県に住む長澤翼と申します。

二児の父親です。

絵を描くこと、家族、投資、遊びが私の人生の主軸です。

世界一、一文字に時間を掛けているかもしれません。

そして私自身「たった一文字」に人生を捧げてます。

まず、一文字アートとは何か?

ご依頼主様からお題となる「一文字」と「使用素材」を頂き、

世界に一つだけの一文字を描く事です。

私の文章力ではなかなか表現が難しい為、実際の作品をご覧ください。

ご依頼文字:林

使用素材:タトゥー、ヤシの木、バスケットボール、熊、桜の木

ご依頼文字:音

使用素材:音符、五線譜、楽器

ご依頼文字:岬

使用素材:炎、スパイク、時計、ゴリラ

作成過程↓

 

~このプロジェクトで実現したいこと~

一文字アートの作成を通じ、全国の皆さまから“ご依頼頂いた文字のみ”で個展を開きたいと思ってます。

どんな文字が集まり、その文字でどんな文章が作れるか?

私にも想像がつかない程ワクワクします。

皆さまから頂いた1つ1つの作品が、時間をかけて文章となり1つになり、

それがまた1つのアートになるんです。

開催地は今のところ決めていませんが、国内で開催したいと思っております。

その為には、圧倒的な一文字を集めないと実現出来ません。

今回は個展に使用する為の一文字のご依頼とご協力のお願い致します。

初動として、まずは一文字アートを全国へ届けたいと思います。

~プロジェクトをやろうと思った理由~

幼い頃から絵を描き続け、絵を描く事とサッカーが日常でした。

特に絵を描くという事は自分自身の表現でもあり、面白さを感じていました。

今はインターネットがあるおかげで誰でも情報発信できる時代で、良い意味でも色々な箇所が透明化され、

自分の表現したい事を100%完全に発信出来るようになりました。

実際そのインターネットを使って、過去沢山のご依頼を頂き作成して参りました。

ご依頼主が厳選した一文字に、思い出となる素材を描き加え

そしてその文字に纏わる素敵なエピソードを聞かせて頂きました。

素敵な思い出となる一文字に携わる事が出来るこの喜びをもっと、違う形で表現したいと思う様になりました。

素敵な文字を全国から集め、その集大成として一文字個展を開催したいと思ったのがきっかけです。

~資金の使い道~

今後の個展の会場費や画材、渡航費などが主な使い道です。

目標の500,000円-85,000円(手数料)=415,000円

仮に全て3,000円のリターンとした場合、おおよそ139文字が集まります。

139文字あれば、数パターンの文章の構成が可能と考えております。

但し、ご依頼文字は推測出来ない為、最低でも500,000円分の一文字は達成する必要があると思っています。

~最後に~

『一文字』を通じて、様々な人と素敵な思い出を残せたらいいなと思っております。

そして私の子供達にパパはやりたい事をやって生きてきたと自信を持って言えるような人生を歩んで行きます。

今はやりたい事が出来る時代と確信しています。

しかしながら現状は生活の為にやりたくもない仕事をしているというのが大半です。

そしてやりたい事も見当たらないという現状です。

時代の変化は想像以上に早いですが、せっかくこの時代に生きているので、

やりたい事をやって失敗を繰り返し、行動しながら考えていこうと思います。

周りからはやりたい事出来る人なんて一握りだ!とか夢なんか見てないで仕事しろ!

とか言われちゃってます。

けど結局世の中は理屈ではなく、行動した人のみが結果を得られるのも事実です。

私は可能性を信じて行動してるのではなく、『やりたいからやる』というだけです。

そっちの方が生きてて面白いですからね!

そしていつか私をきっかけに行動をし、世の中を面白くしてくれる人が現れると嬉しいです。

 

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください