プロジェクト本文

"ふんどしブランド『黒天狗| KUROTENGU』

こんにちは。ふんどしブランド、
「黒天狗| KUROTENGU』代表の山中です。

sub_03

ブランドを立ち上げて早6年。地味にWEB上で販売を行い、
日本の伝統下着普及の為、日々努力しております。

fundoshi_06

fundoshi_02

ふんどしブランドをはじめたきっかけ。

ボクは6年前 ある事がきっかけで (*1) ふんどしに出会い、
それ以来、毎日ふんどしをするようなりました。
次の日には家にあったブリーフとトランクスを全部ゴミ箱に捨てて
「ふんどしを自分で作って、より多くの人にこの素晴らしさを伝えたい!」
と思い立ったのが、ふんどしブランドを立ち上げたきっかけなのですが...
*1)詳しくは公式サイトwww.kurotengu.comをご覧下さい。

fundoshi_01

「ふんどしって恥ずかしい。」 世間の反応は冷たいのです。
「ふんどし」って声にするだけで恥ずかしがる男性諸君、そして女性達。 日本人としてボクは悲しいです。

sub_04

「100人のふんどし。」プロジェクト始動!

実際にふんどしを手に取ってもらった方には、
とても好印象なふんどしなのですが、
それ以外の人には、
どうしても今あるふんどしのイメージに流されてしまっている
悲しい現実があります。

そこで今回ボクは、
「ふんどし愛好家100人の声を集めたお洒落な本」を作る事で
ふんどしが背負っている負のイメージを払拭できると考えました。

具体的な内容は、男女問わずふんどし愛好家100人にインタビューを行い、
本人の写真と共に、ふんどしを始めたきっかけや、締めてみた感想、
その他、好きな音楽や好きな映画、自身のビジョンから
これからの日本についてまでを熱く、
そしてお洒落に、200ページ相当の本にまとめ上げます。

sub_01

ムキムキマッチョな裸男ふんどし写真集!?

いいえ。すべてのページが裸男ムキムキマッチョの
ふんどし姿で構成される訳ではありません。
今回この本を作ってボクがお伝えしたい事。
それはふんどし愛好家の「日常」です。

sub_06

「100人のふんどし。」それは日本を変えるチャンス。

ふんどしは何も恥ずかしくありません。
日本人のアイデンティティそのもの。
そして自分自身も変えるチャンスなのです。

そしてボクは問いたいのです。自分の大事なモノまでも
西洋文化に任せて良いのかと。
龍馬はピストルとブーツを手にしましたが、
下着にまで西洋化を求めていなかったはずです。

sub_02

今回の「100人のふんどし。」プロジェクトを成功させ、
完成した本を一人でも多くの人に届け、この本を読んだ方々が、
自分の下着を疑う事、自分自身を疑う事、そしてこの日本を疑う事。
このプロジェクトはたったひとりの男から始まる
壮大な国家プロジェクトなのです。

っと大袈裟に言ってしまいました。(笑
ですが、ボクは本気です。
誰もやり遂げなかった事を実現します。
是非、皆様のチカラでこのプロジェクトを成功させてください。
ひとりひとりが変わればこの国は変わると思います。
どうぞよろしくお願い致しします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください