・地元農家との提携で自社栽培の化粧品植物原料を栽培。 ・提携農場内に抽出設備を導入。 ・食べ物として化粧品原料として、無駄のない植物、野菜を栽培実現する。

プロジェクト本文

  初めまして。(株)粋樹(いき)と申します。

弊社は、長野の工場と契約をして、植物原料主体の化粧品づくりをしております。

「体に優しい化粧品を作りたい・・・」。

 そんな思いで粋樹を創業。“こだわり”は『身元のしっかりした安全な原料を使いたい』ということでした。

 自ら育てた原料は絶対だ!という思いのもとに、原料の農業生産から化粧品製造までを手懸けています。

 土を耕し、樹を育て、花を咲かせて、実を採る。

そんな思いをかけた“こだわり”の商品は、絶対に安心のできるものです。

▼このプロジェクトで実現したいこと

従来、長野県及び国内協力農園で栽培された植物原料を主体とした化粧品づくりをしてきましたが、この度、地元千葉県の農家と提携し原料の完全自社栽培を実現し食べてもよし、化粧品の原料としてもよし。農業事業者と共同で→化粧品原材料となる有機農産物を地元農家の協力により野菜等を生産することで。廃棄農産物の利用により環境面でもプラスになり捨てることのない野菜栽培をしていきたいと考えております。まずは、ラベンダー畑、オリーブ園、落花生、トマトなどを栽培計画をしております。そして抽出現場を建築し完全自社栽培を実現して現状の商品販売展開を維持し新しい化粧品メーカーとしてのてスタイルを実現したいと思います。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

オーガニック化粧品、自然派化粧品と謳っている化粧品は市場に数多く流通していますが、使用している原材料は海外輸入品が多く原産国によっては残留農薬等の問題があり、明確に安心安全の商品であるとは言い切れません。千葉県内の契約農家からの原料を調達し国内(長野県及び和歌山県)の協力工場にて生産することにより、何県産の原料をどこの農場で収穫し何県の工場で誰が生産したと迄、消費者に説明ができる安心安全な化粧品を提供することを目的としています。また、使用する原材料は販売に向かない傷物でも可能なことから、今迄は廃棄していた食物を活用販売でき環境面、農業者の収入面でも貢献できるようにしたいと考えました。

長野のラベンダー畑を千葉県で栽培します。

 

どなたでも、見学WELCOMEにいたします。

▼これまでの活動

販売先(エステサロン等)→小ロットOEM対応による自社の独自性を創出しており。

施術料の時間単価減少による売り上げ減少をオリジナル化粧品の販売で補填へ。

弊社の植物原料主体の基礎化粧品ラインナップ

 

 

デパール基礎化粧シリーズ

 化粧水:保湿、鎮静、収れん、くすみまでを中心とした、とろみのある濃い化粧水。

美容液:角質を伸ばし浸透状態を作りながら、真皮での脂質代謝を細胞働きを助けくすみを促す。(細胞を鍛える)

クリーム:ポイントケア。老化防止と細胞分化促進のためのクリーム。

 使用方法:夜の洗顔後、化粧水⇒美容液(寝て いる間に保湿効果)⇒クリーム。

     朝洗顔後、化粧水⇒乳液。

 商品特長:アンチエイジング

▼資金の使い道

①契約提携農園の開拓費:60万円(苗、農園設備費等など)

②栽培され収穫された植物、野菜などの抽出作業場の構築:100万円

③資材費等:40万円

▼最後に

最後までご覧いただき誠にありがとうございます。

ある農学博士から、本当の真のオーガニック化粧品はありえないとききました。それは、何らかの形で植物を利用し防腐効果をだしたりしていますが、それでも危ういといわれています。一般の化粧品(無添加)は原料事態に防腐剤が含まれているといわれています。弊社は自分たちでそれらを確認しながら農家様とモノづくりに専念しプロジェクトをよい商品づくりを実現したいと決意します。

皆様からのご支援よろしくお願い申し上げます。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください