ファッションが肉体的な自己表現方法、すなわち「からだに着せる鎧」だとするなら音楽は精神的なそれであり、言うなれば「こころに着せる鎧」だとおもう。ファッションと音楽を纏って生きる人々のために生まれたアップサイクルジュエリーブランド『The HOLE』はリニューアルへ向けて動き出します。

プロジェクト本文

-Put the grooves on you.- 
「音の欠片を身に纏う─」
 

 

割れシンバル、折れたドラムスティック、切れたギター弦やベース弦のパーツなど
オンステージでの役目を終えた楽器たちから作られるシンプルかつアイコニックなデザインのユニセックスコスチュームジュエリーブランド「The HOLE(ザ・ホール)」。

 

 

2016年から作り始め、オンラインショップでの売り上げや知名度を徐々に上げていき、1年間で10以上のポップアップショップ出店や展示会で大きな反響を得ることができました。

2017年の春にアトリエを東京都内に移し、本格的なブランディングのためにリニューアル期間として活動休止しておりました。

 

2016年4月、ちょうど熊本地震で被災する一週間ほど前に、バリスタとして勤めていたカフェを辞めてThe HOLEとして独立しました。ジュエリーやアクセサリーの技術はおろかデザインの知識や経験も皆無だったにもかかわらず、商品の制作からPRや販売などブランド運営における全てを独学で学びながら手さぐり状態での立ち上げでした。

 

すぐに良い反響を多く頂くようになり売れ行きは好調でしたが、同時にデザイナーである私に大きな負荷がかかるようになっていました。商品のデザインやファーストサンプルの作成のみならず、その後の本生産まで全て一点一点を自身の手作業のみで行なっていたことが原因でした。

The HOLEの軸として大切な要素の一つである『本物の楽器をアップサイクルしたアクセサリー』というテーマがネックになってしまい、どうしても大量生産がしにくくその上コストもかかってしまうとのこと。国内外の工場を探し回るも生産まで受けてもらえるところはなく、金属切断・溶接などの大掛かりな作業も含む加工工程全てを手作業で行うしか方法がありませんでした。

 

 

当時ちょうどブームがピークに達していた「ハンドメイドアクセサリー」というジャンルにカテゴライズされることも多かったのですが、取引先の業種は非常に多岐にわたり、音楽業界からのオファーも半分程度を占めていました。

そうして需要が増えるにつれ、生産が圧倒的に追いつかなくなり各取引先に回せる在庫数に限界が生じていました。常に在庫切れで再入荷をお待たせしているような状態が長く続いていた2017年7月、これ以上大切なお客様にご迷惑をおかけしたくない、もっと愛されるブランドにしたい、という思いがいよいよ振り切れるかというタイミングで、生産販売を一旦休止することを決意しました。

 

 

2018年9月現在、ほとんど全ての商品ラインナップを一新し、さらにその生産方法や仕様にも非常に多くの時間をかけてこだわり抜いた新コレクションが、いよいよサンプルまで上がってきています。

日本国内で行われるファッション系エキシビジョンで最も高い知名度を誇る展示会の一つ「rooms」のオーディションに無事通過し、2019/SSコレクションにて正式に【The HOLE】リニューアルリリースを予定しております。

 

 

ー資金の使い道ー

◎新LOOK撮影

 モデル(男女各1名)・カメラ・ヘアメイク手配

 スタジオレンタル費用

 スタイリング・撮影進行委託費用 etc...

◎「rooms」2019年春展 出展

 YELLOWゾーン出展費用(ブース代)

 什器類の製作

 会期中アルバイト人件費

◎新デザインパッケージの導入

 ファーストサンプルまで上がってきているので、本生産の発注を控えています。

 オリジナルジュエリーポーチ、オリジナルボックスパッケージ、プライスタグ/品質表示タグ、オリジナルショッパー

 

 

◎ECサイトの再構築

 公式Webサイト内でのシームレスなECカート機能導入(以前はBASEをメインに使用)

 

◎CAMPFIRE手数料

皆様からいただいた支援の17%を、この場を設けてくださったCAMPFIRE運営様への恩返しとして使わせていただきます。

 

◎リターンの生産・発送手配

リターンとして設定してある商品の価格には、送料・消費税などを全て含めた価格設定となっております。

商品は通常のモデルとは異なる仕様が多くなっておりますので、手作業で一つずつ加工していく分製作加工費が多くかかります。

 

 
ーThe HOLE 立ち上げ以降の活動経歴ー

・2016/10/19-11/8

福岡三越 新館1階 婦人雑貨売り場

Cotomono Marche 合同POP UP SHOP

・2016/11/22-11/28

アトレマルヒロ(アトレ川越)2階 特設会場

Cotomono Marche 店頭販売

・2016/12/2-12/4

福岡PARCO 新館6階 特設会場 店頭販売

minneとPARCOのミエルツアー in FUKUOKA

・2016/12/14-12/20

梅田 LUCUA1100(ルクアイーレ)2階 イセタンアーバンマーケット

コトモノマルシェ Christmas Craft Week

・2016/12/16-12/22

東京都豊島区⻄池袋 LUMINE 池袋地下1階

Cotomono Marche主催 合同リミテッドショップ

・2017/3/1-3/14

新宿LUMINE2 Creema Store 委託販売

・2017/4/7-4/9

合同展⽰会 Fashion World Tokyo 2017

東京ビッグサイト デザイナーズゲート 出展

・2017/2-2017/4

⾦沢21 世紀美術館 アートショップ

ブラッシュアップ企画

 

ーリターンについてー

 

 

・The HOLEの定番コレクションの中でも立ち上げ以降揺るぎない人気のシンバルバングル・リングをアップデート。 デザインのディテールやカラーバリエーションなど大幅にアップデートされています。

 

 

・ギターやベースのような弦楽器には必ずある「ボールエンド」と呼ばれるパーツ。真鍮ビーズのようなその特徴的なフォルムを生かしたユニセックスなストーンアクセサリー。ディテールにこだわり抜いて何度もサンプルを作り続けたモデルです。こちらも順次追加していきます。

 

 

・本来リリース予定のバングルとリングはいずれも3〜5サイズ展開の予定ですが、リターンにてお届けするのは全てサイズオーダー製での完全オーダーメイドにてお作りします。

 

 

 

・イニシャルや数字を内側に刻印するタイプは、数量限定にてご用意させていただきます。正式リリースではお出ししない可能性が高いため、ここでしか手に入らない希少なモデルです。

 

 

◎今回のプロジェクトでは1ヶ月という期間を設け、世界中のより多くの方に『The HOLE』を知っていただくことを目標の一つにしています。いつ見ても目新しいプロジェクトにするために、タイミングを数回に分けてリターン商品のリリースを行います。そのためリミテッド商品の数量にも限りがございまして、限定モデルとしてリリースされた商品につきましては、追加受注やリストックは行いません。気になっている商品はお早めに確保していただけますと幸いです。

◎期間中にリリースされる商品の購入回数に上限はございませんので、新作を含むThe HOLE' BEST COLLECTIONを揃えていただける貴重な機会になります。新生The HOLEのアイコニックでエラボレートなアイテムの数々を誰よりも早くお手元にお届けいたします。(リターンのお届けは会期終了後1ヶ月以内を目安とさせていただきます。)

 

 

ーさいごにー

今回このプロジェクトページに載せている商材写真は、全てリニューアル前の物です。

商品ラインナップはもちろん、製法・品質・価格も大きく変わっております。

新コレクションの全てを一度にお見せできないのが非常に心苦しいのですが、サンプル撮影が終わり次第順次The HOLE Onlineにて公開してまいりますので、各SNSもチェックしてみてください。

 

リターンについてのリクエストなどがおありでしたら、まずはお気軽にご相談ください。思い入れのある楽器たちをアップサイクルしてほしい、などのお話にも極力お応えできればと考えております。

 

 

誰もが知る大きなブランドになるよりもっと、The HOLEを身につける全ての方の期待に応えたいという気持ちからはじめたリニューアルです。

長い間お待ちいただき、誠に有難うございました。リニューアル中にお寄せいただいたお問い合わせの数々にも、本当に支えられておりました。

こうして新たなスタートを切れるのも、支えてくださるお客様と周りの方々のおかげです。いま私にできる精一杯の恩返しとして、こういった形でのリニューアルオープンをさせていただくことにいたしました。一つ一つの商品を心を込めてご用意させていただきたく思います。

 

 

心に音楽を着せるように、ファッションにグルーヴを纏わせて。

 

 

 

The HOLE accessory

Director/Designer  Shiori Maeda

 

 

 

 
Special thanks@instagram

Model: @yanemint / @david1729

Photo: @___ken_mat

Hair-make: @asuka426nii

Studio: dendensha.jp 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください