新開発ヘッドフォンアンプ/プリアンプ&ピックアップ装備しているCross Guitar2.0が登場!機能はより充実し、弾き方やその体感は100%普通サイズの一般的アコースティックギターと変わりません!背中や腰に負担をかけない斬新なデザインは、既にアメリカ、中国、台湾で特許を取得しました。

プロジェクト本文

Cross Guitar 2.0に進化

一年間の研発を経て、Cross Guitar 2.0はより良いトラベルギター体験を提供しております。

Cross Guitar 2.0 クラシック

Cross Guitar 2.0 フォーク

2種類のギターとも奏者に一般的なギターと違和感の無い演奏ができるように設計しています。

薄くて軽いデザインは狭い所でも問題なし、重量は約1.5kgと非常に軽量です。

組み立て不要、持ち運びやすいデザイン

 

簡単に収納


音を控えめにして、休憩時間に教室やオフィスでギターを弾きたくはないですか?

出張や旅行によく行かれる皆さん
ギターを持って行きたいけど、サイズは大きいし重いから…持っていくのをためらってないですか?

静かなところにお住まいの皆さん
近所迷惑にならないように夜でギター練習したくはないですか?

Cross Guitarがあれば、以上の問題はすべて解決できます!

Cross Guitar 2.0機能紹介

☆ ピックアップシステム搭載

☆ チューナー搭載

☆ ボリュームコントロール、AUXコントロール、ベースコントロール、トレブルコントロール

☆ アンプへの出力ー6.3mmステレオジャック

☆ ヘッドフォン・アンプー3.5mm Aux-in/3.5mm. Headphone out

☆ スマホやスピーカーホルダー

☆ バッテリー 9V× 1

☆ アメリカ、中国、台湾で特許を取得した回転バーデザイン

☆バーの位置を調整するねじはつまみネジを使用。レンチ不用

Cross Guitar 2.0は、21フレットを備え、650mmスケールを採用しています。

スマホやスピーカーホルダー

ホルダーを使いタブレットも譜面台に変身!

 コントロールとチューナーを追加。演奏性・機能性が向上     

クラシックはバーを上の位置に着装、フォークをするときには下の方が便利。
思いのままに調整しよう!

クラシックの持ち方

フォークの持ち方

トラック構造の回転バーは演奏者に合う持ち方によって調整できます。

つまみネジを使用。レンチ不用

アンプへの出力プラスヘッドフォン・アンプー3.5mm Aux-in/3.5mm. Headphone out

簡単にアコースティックサウンドが実現。スマホから伴奏音楽を入力、自分だけの演奏会を開催しよう!

狭い空間でもパソコンを見ながらギターを学習できる。

▼スマホから伴奏音楽を入力Demo▼

▼Cross Guitar 2.0 クラシック▼

アンプへの出力Demo『加一ギター提供』

▼Cross Guitar 2.0 クラシック▼

 Asturias合奏『加一ギター提供』

▼Cross Guitar 2.0 クラシック▼

アンプへの出力Demo

▼Cross Guitar 2.0 フォーク▼

ミニスピーカーへの出力Demo

▼Cross Guitar 2.0 フォーク▼

アンプへの出力Demo

▼ヤマハ サイレントギターと弾き比べ(クラッシック) ▼

▼ヤマハ サイレントギターと弾き比べ(アコースティックギター) ▼


▼仕様表▼

▼このプロジェクトで実現したいこと
いつでもどこでも弾け、近所を気にしないよう音は控えめに調整でき、正しい姿勢を保って弾くことはもちろん、軽くて収納に便利なサイレントギターがほしい!ずっとそう思っていました。

私はこの発想を大学時代から持ち始めました。当時寮に住んでいた私はギターの練習を夜遅くまですることが多く、いつもルームメートに迷惑をかけていました。

また普段使用しているアコースティックギターはサイズも大きく、部活の練習で学校に持っていくことも苦労していました。

持ち運びに便利なミニギターやトラベルギター等いくつも試しましたが、ネックの短いこれらのギターを弾くのは背中や腰に負担がかかるため、かなり大変な思いをしました。

これらのギターに対する不便さを解消できる夢のギターを作りたいと思い立ち、全ての情熱をCross Guitarに注ぎ始めました。

▼これまでの活動

Cross Guitarの回転バーデザインは、既に米国、台湾、中国で特許を取得しました。

商品のトレードマークもEU、台湾、アメリカ、中国で登録しました。

▼Cross Guitar お客様の声

    

 

▼資金の使い道

リターン、量産      60%

人件費            2%

製品の開発、試作    15%

広告費用           6%

Campfire手数料  17%

▼リターンについて

Cross Guitarは台湾で創業30年のギター工場で生産する予定です。

ギタリストと初心者のみなさまへのオリジナルデザインCross Guitarのお届けは2018年12月頃を予定しております。生産状況の都合により遅延の可能性もございます。なるべく早めに発送するように頑張ります。何卒ご了承ください。

 
  • 2018/12/17 01:27

    この度はCross Guitar2.0への皆様の多くのご支持をいただき本当にありがとうございました!皆様のお陰をもちまして、Cross Guitarの製作が無事進行する見通しが立ちました。現在既に工場へ発注済であり、2019年一月には送付の手続きを行い、皆様のお手元にお届けすることができそうな...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください