「仙台の学生起業家を応援したい!」という想いから、コワーキングシェアハウスを創り、リバ邸として運営します。定員は6名で、そのうち3名は学生起業家であるプロジェクトメンバーが住んで管理し、残り3名の同志を募ります!やる気ある若者がチャレンジし続けられるようなシェアハウスを一緒に作りましょう!!

プロジェクト本文

はじめまして、東北大学4年生の鳥屋直弘(とりやなおひろ)です。


(シェアハウスの前で撮りました。僕がとりやです。)

 

私は群馬県高崎市出身で、現在は東北大学の4年生です。

 

幼少期から高校生まで勉強一筋の人間だった自分は、勉強してテストでいい点を取ることだけがアイデンティティでした。

しかし、そのアイデンティティが一気に崩壊する出来事が起こりました。

大学受験失敗です。

「まずいまずい。けどトラウマで全く勉強に手がつかない」という苦しい時期が半年間続きました。

家族や友人のサポートもあり、なんとか、浪人して東北大学に合格することができましたが、自分のアイデンティティと言えるくらい本気で取り組めるものを探すため、様々なことにチャレンジしまくりました。

アメフトやパワーリフティング(全国4位まで行きました!)等の部活動に挑戦してみたり、学部で一番ハードなゼミに入ったり、就活にも全力で取り組んで手当たり次第にインターンに行ったりしました。

 

「挫折続きの自分に何ができるんだ」

「結局自分がやりたいことはなんなんだ?!」

たくさんの挫折や葛藤がありましたが、とうとう自分なりの答えを見つけることができました。

 

「自分で会社を興して社会をより良くしたい!」

インターンをする中で、自分の力で会社を興し社会を変えようとしている社長の方々の熱量に魅了されて、そう思うようになりました。

 

この想いから私は、自身のサービスを開発したり、ビジネスプランコンテストに出場してきました。

が、やはり学生が起業することは困難の連続で、なかなかサービスを作り上げられず、起業に至れていません。

 

さらに...

自分の仲の良い学生起業家仲間は、

「仙台にはコネクションも情報も少ない」

と言って東京に行き、バイトで生活費を稼ぎながら残されたわずかな時間で起業準備を進めるという苦労をしています。

 

私たち学生が自分たちの夢を叶えるために起業するときに、(地方)学生であるがゆえの障壁に阻まれます。
(vs. 社会人&都心)

・コネクションが少ない

・情報が少ない

・生活費を稼ぐためにバイトで時間を取られる

・精神的不安(周りは就活...)

 

 

学生の弱点、地方の弱点

「これらを克服するにはどうすれば良いか?」

「自分や友人達の悩みをどうしたら解決できるのか?」

学生起業家仲間と何度も何度も意見を交換しました。

 

「自分たちに居場所がないなら、自分たちで居場所を作ればいい」

「リソースが少ないならシェアすればいい」

そして出た答えが、シェアハウス『VESE』を創ることです!

 

今回のプロジェクトの目標は、

「学都仙台に、学生起業家(起業準備含む)の”弱み"を補うことで、事業の成功率を高めることができるようなコワーキングシェアハウスを創る!」です。

そのシェアハウスの名前は『VESE』(ヴェース)!


▼シェアハウス『VESE』が学生起業家を救う!?

地方学生が起業する際の弱点があると言いました。

しかし、これらのデメリットを解消できれば、(社会人と比べてリスクの少ない)学生は起業する上で最強なのではないでしょうか?!

 

『VESE』は、学生起業家のそれぞれの"弱み"を、以下のように解決します。

 

・コネクションが少ない

「VESE」では、シェアハウスの住人が持つそれぞれの小さな複数のコネクションを結合することで、ひとつの大きなVESEコネクションを形成し共有することができます。

また、学生起業家のシェアハウスとしてブランディングし目立つことで、いち学生起業家としては繋がれなかった人とも、シェアハウスを通して繋がることができます。

 

・時間がバイトに取られる

大学生の月々の仕送り平均額の約7万円に対し、月々の生活費の平均が約12万円となっています。大学生はこの差額の5万円を補うためにアルバイト等をして、時間を取られてしまっています。(大学生協調べ)

ここで、生活費の約半分を占めている住居費(6万円)を、シェアハウスに住むことで削減します。

『VESE』では、一人当たり「家賃1万円」+「共益費0.5万円」+「光熱費0.5万円」=「合計2万円/月」
を実現します。

つまり、『VESE』に住むことにより、生活費を4万円減らすことができます。

例えば、その分のアルバイトにかける時間を減らした場合、約50時間/月を捻出することができ、自分のビジネスに当てることができます。

 

・精神的不安

『VESE』で、同じ志を持つ仲間と一緒に生活することにより、精神的な安心感を得ることができます。

 

・情報が少ない

これも、人的コネクションと同様にそれぞれの知見や参加したイベントで得た情報等をシェアすることで、補完します。
また、日常的に意見交換することができる環境が整っているため、自身のアイディアを常にブラッシュアップできます。

 

以上のように、シェアハウス『VESE』は、学生起業家が抱える根本的な課題を解決することができます。

 

 

次に、『VESE』がどのように有効なエコシステムとして機能するか、その実現性について「物件」「運営体制」「メンバー」の観点から説明をします。

 

▼シェアハウスの紹介

『VESE』を理想のものにするために、物件にはこだわりました。

大家さんは『VESE』の理念に共感してくださり、賃料を超格安にしてくださいました。
本当にありがとうございます。

また、長年使われていなかった空き家を活用します。

 

[概要]

・住所 宮城県仙台市太白区八木山

・開始予定 12月中

・家賃(光熱費・共益費込) 2万円

・定員 6名(残り3名)


[立地]

東北大学の学生が多く住むことを想定し、同大学及び仙台駅にアクセスしやすい場所を選びました。

近くには仙台の名所である瑞鳳殿があり広瀬川が流れています。


(物件の近所から撮った「杜の都仙台」を象徴する写真。広瀬川と仙台の街並みが美しい)

 

[写真]

内装の写真はこんな感じ。


(住人が集まる団欒の空間。熱い議論の場にしたい)


(コワーキングスペースと寝室は和室。心落ち着くオフィスになりそう)


[完成イメージ]

実際の間取り図から、リフォーム完成後のイメージ図を作成しました。

「住」と「コミュニケーション」と「コワーキングスペース」を大切にしました。

広い庭もあるため、野菜とかも育てたい!!

 

▼仙台にリバ邸を!

『VESE』はリバ邸仙台として運営します。

リバ邸とは、本クラウドファンディング『CAMPFIRE』の代表取締役でもある連続起業家の家入一真さんが発起人である「現代の駆け込み寺」というコンセプトのシェアハウスです。

【「現代の駆け込み寺」というコンセプトについて】

「世の中の枠組みや空気に苦しくなった人たちが集まる場所であり、そこで各自が何かしらの独自のアウトプットを追求する場所」という意味です。

アウトプットの内容は自由で、ジャンルも規模も収益の有無も問われない。本当に自分のやりたいことを見つけ、それを形にしていく場所です。

各地のリバ邸は「現代の駆け込み寺」というコンセプトは共通しているが、地域や住民の得意色に沿って、リバ邸ごとに多様な雰囲気・環境・ルールを持っています。
(引用:「リバ邸総合サイト」http://liverty-house.com/)

 

現在は仙台にリバ邸がないため、『VESE』が「新リバ邸仙台」となることで、勢いを増しているリバ邸をさらに加速させたいです!

 

▼なぜ僕らがやるのか

遅ればせながらメンバーとその略歴を紹介させていただきます。

メンバーは、東北大学の起業部VEXの部員で構成されています。

VEXは、「東北大学に起業文化を根付かせる」という使命のもと、起業を志す学生がお互いのビジネスプランをブラッシュアップしあったり、ビジネスコンテストに出場したりしています。
(公式HP:http://vex.strikingly.com/

だから、VEXのメンバーである我々は、誰よりも仙台の学生起業家に必要なものを理解しています。

 

【メンバー紹介】
(男しかいなくて華がないので、せめてものということで背景をコーギーにしました。素材引用元

・石井晴揮 管理人

東北大学工学部3年
株式会社TUP代表
研究者を目指すかたわら、大学の研究成果を大学のリソースを用いて製品化する会社を立ち上げ代表をしている。
理系の計算の早さでお金の管理をし、シェアハウスを鬼のように掃除している。

・高橋佑熙

東北大学経済学部3年
現VEXの代表。
株式会社prezy代表
アツイ社長と直接出会えるサービスを開発し、地域ごとにHR市場の変革を企んでいる。
『VESE』を活用して仙台の企業と地元大学生の活性化を加速させる。

・曽根原正樹

東北大学経済学部4年
前VEXの代表。
ビジネスコンテスト優勝経験や企業の仙台支社立ち上げ経験など、豊富な経験を持つ。
在学中にインターンを35社以上経験し、ありとあらゆるワークを経験してきた猛者。
数々のオフィスを見てきた彼は、『VESE』のオフィススペースのコーディネーター。

・梅津幹

東北大学経済学部4年(休学中)
3年時にリクルートで3ヶ月インターンを経験。
休学してシリコンバレーで3ヶ月インターンしてきた。
現在は自身のサービスを開発している。
東北大生向けにキャリアイベントも主催。
東北大生の学生ジャーナルサイト『とんぺいJ』を運営。(https://www.tonpeij.com/
ホームレス大学生。
ホームレスだけに寝床の快適さとシャワーの水圧にうるさい。

・陶山拓也

東北大学経済学部4年
3年時に交換留学でドイツのパダボーンに1年間滞在。
現在はencourage(東北支部)就活支援団体で学生のキャリア支援を行なっている。
趣味はアートで、世界中の名画に詳しい。
芸術センスを生かし内装デザインやインテリアを監修している。

・鳥屋直弘 クラウドファンディングオーナー

東北大学経済学部4年
趣味はトレーニング。
今年の秋からドイツに半年間交換留学に行く。
日本を世界で最もフィットネスが盛んな国にするのが将来の目標。
現在は、ジム比較アプリを開発中。
大学でのトレーニングの様子をYOUTUBEにアップしている。
ライフスタイルブログ「とりぴぞく」を運営。
日々発信し続ける彼は、『VESE』の広報を担う。

 
▼サポートのお願いと使い道

今回、支援をお願いするのは、リフォーム及び設備整備のための費用です。

4年間使用されていなかった築50年超の物件を、複数人の住人が安全かつ快適に生活し、そして円滑に仕事ができるようにリフォームします。


(今では珍しいタイプの窓と鍵。可愛らしいけど修理が必要)


(古いものもできるだけ残したいが、限界もある。)

 

【主な使い道】

・玄関のロックの付け替え 7万

・給湯器の修理 8万

・ドアの付け替え 5万

・インターネット工事 3万

・物置 3万円

・照明、2段ベッド、ストーブ、机、鍵付きロッカー等の家具 10万

・畳の張り替え 10万

・その他リターン経費 3万

・CAMPFIRE手数料(17%) 10万

・・合計約60万

 

すでにできる範囲で清掃やリフォームなどの開業準備を進めています。

皆様のご支援を宜しくお願い致します。


▼リターンについて

本プロジェクトを支援していただいた方に私たちならではのリターンをご用意いたしました。

自分たちが本気で挑んだアウトプットの共有や、これまで培ってきたノウハウをいかしたリターンです。

サイドバーからチェックをお願いします。

 

▼謝辞

今回のプロジェクトにあたり、特別なサポートをいただいた皆様に感謝申し上げます。

家入一真様 リバ邸発起人・CAMPFIRE代表
相談に乗っていただき、さらに激励の言葉をいただきました。

片倉蓮様 リバ邸代表取締役
大堀悟様 リバ邸取締役
仙台で直接お会いした際やmessengerにて、相談に乗っていただきアドバイスを頂戴しました。

茅島直様 CAMPFIRE Curator
シェアハウスやクラウドファンディングの相談に乗っていただきました。

リバ邸弘前"maison D’ETRE"のみなさま
東北のリバ邸の先輩として、シェアハウスのノウハウをご教示いただきました。

あやぱん様 仙台で複数のシェアハウスオーナー
仙台のシェアハウスのノウハウやコネクションを紹介してくださいました。

齋藤一郎様 仙台のゲストハウス・コワーキングスペースオーナー
人が集う空間のデザインについての相談をさせていただきました。

 

▼最後に

ここまで読んでいただいて本当にありがとうございます!
最後にもう一度僕たちの思いを聞いてください。

今回のプロジェクトは、プロジェクトメンバーが実際に起業したり起業準備をする中で、学生起業家に足りないものを補える住環境があればという想いから立ち上げました。

メンバーの一部も実際に『VESE』で暮らします。

『VESE』が有効に機能すれば、自分のビジネスに対してコミットし続ける上で不足するものが無くなります。

逆にいえば、私たちは、
自分の取り組みをサボるための言い訳を自分たちで潰しました。

このような覚悟のもと、今後とも自分たちのそれぞれのビジネスやシェアハウス『VESE』に取り組んでいきますので、どうぞ応援よろしくお願いします。

若者の力で仙台をより盛り上げるためのエコシステムを一緒に築きましょう!

  • 2018/10/30 14:17

    こんにちは いしいです。   ロゴができました! テーマは「家紋」「共有」「繋がり」です。   ロゴに込めた思いを体現できるシェアハウスにしたい!   (Adobeが無くいしいがパワポで作ったため作りは荒い)

  • 2018/10/26 00:29

    こんにちは いしいです.   VESEは「足りないものをシェアで補う」ということをコンセプトの一つにしています. そして「挑戦的なアウトプット,貪欲なインプット」というのもシェアハウスのモットーの一つです.   本,シェアしようよ   そんなこんなで 住人が持ち寄った書籍...

  • 2018/10/20 03:21

    こんにちは. いしいです. 続々とご支援いただきありがとうございます!   この活動報告を通じてシェアハウスの状況や進捗をお伝えしていこうと思います.   タイトルと消火器の画像に関して説明します.   クラウドファンディングをするにあたり, 「メンバー自身もリスクを取ろう!...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください