最新の活動報告一覧

先日報道されました福井県の「子犬工場」

私の周りの方々が、このニュースの事をよく私に話してくれます。

今回のプロジェクトを通して、少しずつですが、周りの方の保護犬に対する意識が変わっているような気がします。

それだけでこの活動は意味がある、と感じます。

 

しかし、なぜあんな事が起こるのか、、、

ペットブームになると、金儲けをしようとするヒトが絶対でますよね

そしてその方達は、動物を生き物ではなくモノとしてみている

だから、可哀想などは感じない。

 

でも、そんな世の中にしているのも私たちなのだと思う

 

私も偉そうなことは言えない

子犬が可愛いと思うし、もともと知識がない時はペットショップから動物は飼うもの、だと思ってましたから。。。

 

ちょっと今日は私のお話をさせてください

 

我が家には愛犬のココがいます。

だいぶ大きいんですが、いちおう豆しばです。

この子が我が家に来たのは7年前。

 

我が家の事情で、動物セラピーを考えた私の母が、犬を飼っていいよ

と言ってくれたんです。動物が苦手な母が、、、

 

もちろん即行動!信頼の厚いブリーダーさんの所へ伺いました。

そこの方は、柴犬と豆柴だけを20年以上育てらっしゃる方でした

20匹ちょっといたと思います

朝夕と、2回の散歩を2匹ずつ連れて、お世話が行き届いていました

育った環境とブリーダーさんの人柄で即決

その日から、我が家の家族となりました。

ただ、今思えば、私のその時の状況はお世話なんてまず無理で(仕事の拘束時間が長く、、)

誰が?というと、自宅にいる動物苦手な母に全部お世話がいきました

 

我が家に来た日は、寂しくてピーピーなくので母は一睡もできず

(私と父はぐっすりでした笑)

次の日2人きりの時に、子犬のココがお尻を高くあげて、

「ワンっ!(遊んで!」と吠えたそうです

あまりの大きい声に尻もちつき、びっくりしてブリーダーさんに速攻電話。

「ワン!ってなきました!どうしたらいいんですか!?」

と。

動物が苦手で軽いノイローゼになりながらも、きちんとお世話しなきゃ、という気持ちの強い母。

何かある度に電話。ブリーダーさんは丁寧な応対をして下さったそうです

(よく電話してくる方だな~、きっと心の中で思ったでしょうね笑)

ココが育ったのは間違いなく母のおかげです

叱る時は、そこまでしなくてもいいんじゃない?と思う位、厳しい態度で接していましたから。

それが大事なんですよね

 

母は「躾」に関してとても芯があります。

子犬も子供も同じだと思うな、叱る時は真剣に、そしてたっぷりの愛情で。

時間じゃないの、どれくらい深い愛情で接したか、よ」

と。

 

何が言いたいかというと、、、

 

子犬が欲しいという気持ちはとてもわかります

子犬にしかない可愛さがありますよね

でも仕事をしている方が小さい時に躾できるのか?

お世話がとても大変な時期に、途中帰ってきてお世話をできたり、家族の誰かが可能であれば全然問題ないと思います

ただそうでなかった場合

躾ができずに育った子たちはどんな子になるのだろう

鳴き声がうるさくなる?

噛む子になる?

我がままになる?

 

じゃあそれは、その子たちのせいなの?

 

子供が勝手に育たないのと一緒で、人間の生活に共存していくこの子たちにも、導く人間が必要。

 

それでも犬を飼いたい、家族としてむかえたい、

と思う方もいらっしゃいます。

躾が必要な子犬、ではなく成犬になっている子を迎える

そう、保護犬をむかえる

この考えがあれば、もっともっと広がるんじゃないのかな

知らないだけ、、、

 

私も知らなかった

でも知ったから、みなさんに伝えたいんです

 

長くなってしまいましたが…

あと一週間、よろしくお願い致します

 

 

 

ご支援頂いている皆様、ご支援をご検討頂いている皆様

こんばんは橋本です。
今回は福岡で行われる業界関係者向けの試飲会のお知らせです。

私は熊本生まれで千葉で育ちましたが、熊本というのは毎年夏休みに田舎のじいちゃんばあちゃんを訪ねるのが楽しみな特別な場所でした。熊本とはいきませんが、九州の試飲会でリトアニアのお酒を宣伝するのはかねてからの念願で今年の始め頃に参加を決めました。

そしてこの度クラウドファンディングを通して多くの方に知って頂く機会に恵まれました。輸入を定期的に行って皆さんにいつでもリトアニアのお酒を楽しんで頂くためには業務店に提供させて頂くことが不可欠で、こうした試飲会を通してレストランやバーはもちろん、ホテルや結婚式場の関係者さんへアピールする機会にしたいと思っています。

残念ながら、誰でも参加できるイベントではなく、酒販店、レストラン、バー、ホテル、結婚式場などの酒類関係従事者が対象のイベントになります。皆様のお知り合いでご関係の方がいらっしゃればこちらのイベントをお伝え頂ければ嬉しく思います。

 

「ワインコンプレックス FUKUOKA 2018」
日時:6月5日(火)12:00~17:00
会場:グランドハイアット福岡「サボイ」
住所:福岡県福岡市博多区住吉1-2-82
最寄駅:博多駅から徒歩10分
※サイト事前申込で入場料無料になります

 

まだ九州ではリトアニアの蜂蜜酒を飲めるお店はありません。
ぜひ皆さんのお力を借りてこのお酒を広めさせて頂ければと思います!

引き続きご支援のほどよろしくお願い致します。

橋本佳樹 :)

いま、イギリスではお祝いムードが最高潮に高まっています。
なぜかというと、ヘンリー王子とメーガンさんのロイヤルウェディングが執り行われたからです。

TOBY MELVILLE / REUTERS

このロイヤルウエディングについては、テレビなどでも報道されているのでご存知の方も多いと思います。2人の話をメディアで見て、とても印象的だったのが、ヘンリー王子がメーガンさんに贈った婚約指輪についてのエピソードでした。

ヘンリー王子は、亡き母であるダイアナ妃のブローチについていたダイヤモンドを使用し、自らデザインして指輪をつくられたそう。このダイヤモンドはダイアナ妃が亡くなった際、チャールズ皇太子の申し出で、ウィリアム王子とハリー王子はダイアナ妃のコレクションから好きなものをひとつづつ貰い受けたものだそうです。

TOBY MELVILLE / REUTERS

指輪に込められた想い

その指輪に込めた想いを、ヘンリー王子はこのように語っています。

「この最高な結婚の旅路を、母が僕たちと一緒にいてくれるように。
「(この指輪を送ることで)ダイアナ妃とメーガンの間に永遠の結びつきができる。」

このようにコメントをされています。

大切な関係性を、より深めてくれる指輪の存在

このエピソードを聞いた時、“ 大切な人と、いつまでもつながりたい ”という想いは、世界共通だということ、 指輪は、“ 関係性を象徴するもの ”だということを改めて感じました。

またもう一つ、改めて感じたことがあります。
それは、指輪があることで関係性はより深く、強くなるということ。ヘンリー王子がこの婚約指輪を贈ったことで、メーガンさんとダイアナ妃の間には今まで以上に深い関係性が、しかも生死をこえて生まれたのだと、僕は思います。以前、こちらのブログでも書いていますが、指輪はそれだけの特別な力が宿っているものです。

誰もが、大切な人といつまでもつながりを感じられるように

私たちReingがつくるDearmondも、生死をこえて、大切な関係を深くつないでいきたい、そんな想いからつくられた指輪です。

大切な人の存在をダイヤモンドに込め、指輪として持ち続けることで、いつでもその人を近くに感じられることができます。また、髪の毛や遺骨があれば、世界でたったひとつのダイヤモンドをつくることも可能です。この指輪が示すのは、「会えなくなっても、あなたのそばで、あなたを永遠に想い続けます。」という意思そのもの。

ヘンリー王子がダイアナ妃との絆を指輪という形で残したように、そして、その指輪を通じてメーガンさんとダイアナ妃の間により強い絆が生まれたように、大切な人を象徴する指輪があれば、私たちはより強くその存在を感じることができるのではないでしょうか。

指輪を通じて“いつまでも大切な人との関係性を、心に持ち続ける。”そんな生き方もあるということを、私たちは伝えていきたいなと改めて思ったエピソードでした。

sasaki akiraさんが絵描き・佐々木昂のパトロン募集!活動報告を行いました。
活動報告

しらゆき

ささきでございます。

シラユキ描きはじめてます。なんかちょっと禍々しい感じします。明日手直ししようかしら。

今日は昨日完成したイラストのデジタル処理とここ数ヶ月溜めていた原画のUV加工してシラユキ制作しておしまい。今日は早めの引き上げです。

少女ラベル次何描こうか。、、、メドゥーサでちょっと毒っけだしてまたメルヘンに戻ろうかな。

昨年よりプロジェクトをスタートし、4月25日よりCAMPFIREでクラウドファンディングを公開しているRe.ingが、ファッションビジネス専門紙「繊研新聞」で取り上げられました!

実際に掲載された記事はこちらになります。

Re.ingはクラウドファンディングでご支援してくださるみなさんや、サポートいただいている方々に支えられながら、プロジェクト成功を目指しています。

Re.ingの取り組みや想いに共感してくださる方は、ぜひご支援をお願いいたします!