活動報告

ありがとうございました!

本日午前0時過ぎ、プロジェクトが終了しました。

最終的に7名の支援者の皆さんがご協力くださり、結果として21,000円もの資金を支援してくださいました。クラウドファンディングには二通りの方式があり、今回、我々が選択したのがAll in形式でした。目標金額に達しなければ、未決済となるSuccess方式と違い、支援した瞬間に決済されるAll in方式。私の拙いプロジェクトに、そのAll in方式でこれほどの金額を援助くださったということに、心より厚く御礼申し上げます。

また、例えば、京都市内を回り、企業やお店を中心にチラシを置かせていただくようお願いに回らせていただきましたが、ひょんなことから先日別件で同じお店に入らせていただいた時に、お店の一番目立つスペースにしっかりとチラシを置いてくださっていたことに、驚くとともに、多くの皆さんのご協力があってこそ、7名の支援者の方が現れ、そしてこれほどの金額が集まったのだと感じた瞬間でもありました。

一方で、やはり私自身の力不足を痛感しました。今回ご支援いただけたのも、やはり、浅田氏、阪田氏の作品の素晴らしさに対する期待感があってこそですし、私自身がプロジェクトで寄与できたことは限りなくゼロに近いと感じました。お二方には、ご多忙な中、ご無理なことばかりをお願いしましたこと、お詫びするとともに、心より感謝しております。

ただ、反省ばかりでは、ご支援いただいた方に申し訳ありませんし、ここで明るいニュースをひとつ。今回ご支援いただいた資金で、色時計を一台製作できることとなりました!お届け先も確定しています。今回のプロジェクトに一番最初にご興味を示してくださり、また、フェイスブック等を通じて当プロジェクトの周知にもご協力くださった兵庫県加古川市にある「かるがも保育園」になります。

さっそく今週末から京都伏見の工房で、皆さんの貴重な資金を使って一台の素敵な色時計が製作され始めますが、その様子はしっかりと私たちが映像として記録し、かるがも保育園にはもちろん、ご支援いただいた皆さんにもレポートと一緒に記録媒体としてお届けさせていただきます。また、私自身が完成した色時計をお届けさせていただきます。

色時計は、瓦と陶器から出来た文字盤に、ムーブメントをはめこんだだけの非常にシンプルなものとなっています。割れない限り、一生使い続けることができる時計です。このプロジェクトにご協力いただいた皆さんの想いが、何十年後のいつかの子ども達が「この時計面白いな~、この時計きれいやな~」という感動に引き継がれるよう、精一杯、かるがも保育園の園長先生はじめ先生方にプロジェクトに込められた気持ちをお伝えしようと思います。

最後に、このプロジェクトを発信する場をご提供くださり、時々、励ましてくださったCAMPFIREの全スタッフの皆さんに厚く、厚く、御礼申し上げます。

※これから色時計をお届けするその日まで、プロジェクトは続きますので、皆さま、これからも応援のほど、なにとぞよろしくお願いいたします。

皆さん、本当に、本当にありがとうございました。

宮野 暁

コメント