Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング

敏感で繊細、だから不登校になりがちな子供と親がもっと幸せに感じる社会になるように

現在の支援総額
1,335,777円
パトロン数
214人
募集終了まで残り
終了

現在166%/ 目標金額800,000円

このプロジェクトは、2018-10-17に募集を開始し、214人の支援により1,335,777円の資金を集め、2018-12-10に募集を終了しました

【ネクストゴール130万円挑戦中】本の制作にあたり、取材を増やす 、カラーページの増加、紙質の向上、印刷部数を増やす、アマゾンでの流通など、よりクオリティの高いものにしたい!認知とサポーターさんの輪がさらに広がり、HSCの親子が安心して過ごせる社会になるように引き続きよろしくお願いします!

「不登校新聞」に連載させていただくことに!第2話目が公開されました

こんにちは、斎藤暁子(kokokaku)です。

「完成した本をお届けします」のリターンが含まれる方への書籍のお届け、書籍制作にご協力いただいた方々、安心材料のひとつとして掲載させていただいた団体や企業などへの献本のすべてが完了しました。

7月7日には、「書籍制作プロジェクトチーム」数名で、本を手にした喜びを共有しようと、Zoom(Web会議システム)でつながりました。完成を喜び、努力を労うだけでなく、この本の存在意義についても話し合われました。

そして、書籍「HSCを守りたい」はとうとう、全国の書店に配本され、店頭で見かけることもできるようになりました。

Amazonでも販売が開始されています。

SNSやブログなどでも、たくさんのみなさまが、届いたり、読まれたりの報告を発信してくださいました。ありがとうございました。

これだけたくさんの方に支えられて「HSCを守りたい」を世の中に送り出せた心強さにはものすごいものがあります。

心からの感謝の気持ちが届きますように。

そして、「学校がつらい」「学校に行きたくない」、そう感じているHSCと、その親御さん、周りの大人の方々が対象となるこの本が、本当に必要な子や人へ届き、「この本で救われた」という方にたくさん出会えることを願っています。


不登校新聞連載

不登校新聞7月1日号に続き、7月15日号にも連載第2回目を掲載していただきました。

HSC(Highly Sensitive Child=ひといちばい敏感な子)と「安心基地」をテーマに、息子が4~5歳だった当時の、幼稚園をめぐる家族の物語を、イラストと共に描いていく予定です。

連載のお話をいただいたのは5月。ご提案いただいたテーマに、私が何よりも大事にしたい、作りたい、増やしたい、と強く思う「安心基地」が含まれていたことで、体中から喜びが湧きだしました。そして、本を書くのと同じくらい、真剣に取り組みたい!と思いました。


今でこそ「HSC」という概念を知って、この気質を生まれ持つ子のことを理解し、肯定し、納得して関わることができるわけですが、息子の幼稚園入園当時はまだ、HSC概念には出会っていませんでした。

集団生活への移行、ママ離れ、幼稚園への慣れにチャレンジさせなければと、ミッションのように受け止めて息子に合った方法を模索していた頃のお話です。

決まった年齢になったら入園するものと思っていた幼稚園、その先の小学校。
そんな、“普通で当たり前で、それしかない”と思い込んでいた道が、どうしてそれだけではないと思えたのか。

わが子にとっての「安心基地」とはどのようなものか。

「安心基地」をどのようにしてつくったのか。

迷い、悩み、家族で話合ってわかっていったことをお伝えしていけたらと思います。

こちらもぜひ、応援していただけたら嬉しいです。

よろしくおねがいいたします。

不登校新聞7月15日号 → https://futoko.publishers.fm/article/20690/

本日の「NHKニュースシブ5時」HSCの特集に、VTRで出る予定です

こんにちは。斎藤暁子(kokokaku)です。

FacebookやTwitterでも報告をしましたので、情報が重複してしまうかもしれませんが、「活動報告」でもお知らせさせていただきます。


先日、「NHKニュースシブ5時」の取材がありました。

番組で「HSC」について特集されるためです。

まずは「HSC親子の安心基地」で行っている勉強会の様子、

そしてHSCについての活動に関するインタビューの撮影が行われました。

 

その日勉強会に参加したメンバーは4名。

放送ではご本人が特定できないよう編集が施されますが、 お子さんの敏感なところやお悩み、 コミュニティ「HSC親子の安心基地」についての話や、 情報交換が行われた様子がご覧いただけるのではないかと思います。

 

放送は本日6月27日(木)です。

「ニュースシブ5時」は16時50分から始まります。

HSCの特集は約20分で、17時30分~35分の間に始まる予定とのこと。

※ニュースですので、その日の出来事によっては時間などが変更になることがあります。

番組ホームページはこちらです。

https://www4.nhk.or.jp/shibu5/

 

 よろしければぜひ、ご覧ください。

完成した本「HSCを守りたい」が届きました!

こんにちは、斎藤暁子(kokokaku)です。

書籍「HSCを守りたい」が完成しました!

そして先ほど到着しましたので、取り急ぎご報告させていただきます!


どきどきの開封です。


そして…


本です!!

ようやくようやく…ようやくこの世に生まれてくれた本を両手で包むことができました。

本作り、完成を見守ってくださった、たくさんの皆様と共有することができるなんて、本当に嬉しいです。

できるだけすぐに皆様にお届けできるよう、数日準備をしてきましたので、これから一気に梱包作業に入ります!

書籍「HSCを守りたい」無事校了となりました!

こんにちは。斎藤暁子(kokokaku)です。

大変遅くなりましたが、

制作していた書籍「HSCを守りたい」が昨日、すべての修正が完了し、ようやく、ようやく校了となりました。

いよいよ印刷に入ります!


昨年展開したクラウドファンディングの真っただ中に始まった、書籍制作。

初めはクラウドファンディングで募った10名のメンバーと一緒に、その後さらに追加で募集したメンバーとともに打ち合わせや作業を進め、後半はすごい勢いで原稿がつくり上げられていきました。

3月中旬、校閲などの仕上げを施し印刷へ、という予定でしたが、風鳴舎さんから市販本としての出版にご協力をいただけることとなり、改めて編集が行われました。

それにより、出版・お届けの予定時期が遅れてしまうことになったため、急ピッチで進められましたが、ぎりぎりまで見直しと修正が繰り返され、今日こそは、今日こそは…と思いながらも中々終わらず、とうとう昨日、最終の修正が完了したことを見届けることができました。

ようやくこの瞬間を迎えることができた安堵感…感慨もひとしおでした(涙)

地道な道のりが長かっただけに、励ましてくれるメンバーの存在や、みなさんの応援が本当に支えになり、共有できる仲間との繋がりが与えてくれる温かさや安心感を、しみじみと実感しました。

プロローグの部分には、このプロジェクトを支えてくれた、永富月来子(flemy)さんのイラストが、すべてカラーで掲載されます。今後もずっと眺めていられると思うと嬉しくなります。

風鳴舎さん、細かい要望まで受け止めてくださり、最後まで丁寧に丁寧に対応していただきました。

裏表紙には、目次が書かれています。


7月初旬には、書店店頭に並ぶのではないかと思います。

リターンとしての書籍は、それよりも一足早くみなさまのお手元にお届けできる予定です。

早く、この本を手にした感動をみなさんと共有したいですし、この本と一緒に、よりたくさんの方々との繋がりの輪が拡がっていくといいなと思います。