「Ⅰ部:クチュリエール展」のアクセサリー展示風景より。付け襟やミテーヌ、カフスなど山本裕子さんの服飾作品を引き立てる作品を含め、アクセサリー作品の数々。展示に作品提供のご協力をくださいましたみなさま、ありがとうございます!

この左側には、山本裕子の博物誌的コレクションの部屋の再現、またもう一方の壁には、デザイン画の数々やパターン、資料類を展示。アトリエでの制作の様子が少しでも伝わるようにと、レザミ・ド・トマのスタッフ全員とGALERIE Malleの木川さんで2日がかりの展示でした。(レポートつづく)

コメント