584f8d30 76b4 44c3 a3a0 36b60abc1967.png?ixlib=rails 2.1
 
11月3日(木)から11月13日(日)にかけて東京で展示をしてきました!

「移動型展示会」というコンセプトでオリジナルの展示什器を制作し、
11日間で20箇所近くの場所を巡回し、150名を超えるかたがたにお越しいただきました。
この什器は組み立て式になっており、変形させて展示什器としても使うことができます!

実際の展示の様子です。個人や企業への訪問展示に加え、渋谷のFabCafeで3日間、展示最終日は日暮里のHagisoで展示を行いました。


看板付きの什器は、解体していくと小さなパーツの集合体に。組み直すことで荷台式だったものが展示什器へと様変わりします。

お披露目したのは4タイプのバッグ、そしてプレゼンテーション用の絵本。

イノシシの革を使ったSISI TOTEシリーズ 「 Medium 」と「 Large 」の2タイプ、シカの革を使ったSHICA BAGシリーズはの「 One Shoulder 」と「 Clutch 」の2タイプです。

SISITOTE - Large

SISITOTE - Medium

SHICABAG - One Shoulder

SHICABAG - Clutch

それぞれ素材の特徴や使いやすさにあわせてデザインを考案しました。

今回の展示ではプレゼンテーション用に絵本も制作。ブランド発足の背景をできるだけわかりやすく伝えられるよう、挿絵と少しの文章を使う方法を選びました。

 

イベントも行いました。

初日に、清澄白河にあるリトルトーキョーでの「しとごバー」にて、オープニングレセプションとして新作のバッグをお披露目。
野方のDaily Coffee Standでは、代表・上杉の瀬戸内移住からブランド立ち上げにいたるまでの経緯をお伝えし、参加者のみなさんとmin.goodについてディスカッションを交わしました。
末広町のPARK Galleryでは、少人数でのワークショップを開催。 さらに品川の「KAIDO books & coffeeでは、イノシシの研究者をお招きし、「イノシシミーティング」と題しイノシシの生態や付き合い方について、実際の研究現場のお話を交えながら講演いただきました。

  

スナップ

展示へお越しいただいたみなさまに、実際にバッグを手にしていただきました。試着していただいていろいろな感想をお寄せいただきありがとうございました。バッグでのご支援をご検討のかた、ぜひご参考にされてください。


お越しいただいたみなさま、またSNS越しに応援の声をお寄せくださったみなさま、心よりありがとうございました!
今回の展示を通じて得られた学びやみなさまからの声を今後の活動に活かし、よりよい展開をしていけるよう邁進してまいります。
min.goodでは2016年2月まで、今後の活動資金獲得のためクラウドファンディングを実施中です。
https://camp-fire.jp/projects/view/12698

こちらのページやFacebookを通じ、プロジェクトについて色々な発信をしていきます。
今後とも何卒応援の方、よろしくお願いいたします!

 

コメント