パッケージデザインもいろいろチャレンジ中!

夏のフルーツトレイルのオープンに先駆けて、現在、グラノーラを一種類だけ発売していますが、パッケージデザインでもフルーツトレイルらしさを出せるようにチャレンジ中です!

丹後の風景として、ローカル鉄道が走る様子をパッケージにしました。
海の上を走ったり、田んぼの中を走ったり、フルーツ畑の中を走る可愛い列車です。

パッケージデザインもこだわっていきたいなと思っています!

(今回のパッケージデザインは、スマホ用の壁紙も作ってリターンに追加しました!)


フルーツトレイルグラノーラ、数量限定で発売開始!

京都、四条烏丸に今日オープンした大垣書店本店で、フルーツトレイルグラノーラを販売します!
京都のいいものをテーマにセレクトするコーナーで選んでいただきました!

久美浜産のフルーツたくさん入っていますし、久美浜産の無農薬玄米や丹後産落花生などこだわりの素材で作ってます!

まさか、こんなに早く商品を世に出せるとは思ってもなかったのですが、これも、ほんとにいろんな人のおかげです!

ありがとうございます!!

久美浜の美味しいフルーツを食べながら、こういうフルーツを使ったプリンやグラノーラ作れないかな?とふと思ったのが去年の秋のこと。

それから、いろんな人にアドバイスをもらったり力を貸してもらって、それが実現する一歩手前まで来てる気がする!

新聞にも書いてもらってるけど、ほんと、背伸びせずに、無理せず、地元のいいものを素直に表現した商品ができたらいいな!

背伸びや無理をせずにこうして物事が進んでいるのも、本当にいろんな人の支えがあるから!
クラウドファンディングで応援してくれる人がいるのも、ものすごく支えになっています!
(一人でやってたら、絶対に無理して頑張りすぎちゃうから・・・)

本当にありがとうございます!

今日はフルーツトレイルプリンの試作の日。
朝からプリンを作っています!

プリンの柔らかさ、食感、フルーツとのバランスなどを、材料の割合を変えたりしながら試しています。

作りながら気づいたのは、「おいしいプリンを作ってるんじゃなくて、このプリンを食べる人の幸せな時間を作ってるんだ!」ってこと。ただおいしいだけじゃなくて、ひとくちひとくち、食べているうちに食べる人をハッピーな気持ちにしたい!

今回のプリンは、フルーツの層を固めていないので、スプーンを入れるたびに、下のプリンの層へフルーツが潜っていくのがポイント。
食べ始めと、食べ終わる頃で味わいが変化していくのも楽しめます!
ブドウプリンは、ワインのような味と香りで、こんなプリン食べたことない!っていうくらい、初めて食べる感覚!
巨峰やマスカットもゴロゴロ入ります!巨峰の一粒を丸ごと食べると、すごく幸せな気持ちがするから!

梨は久美浜の地酒で煮込んで、柔らかな甘みと香り。
後からふわっと感じる優しい甘さも人を幸せな気持ちにさせてくれる!
「あ!なにこれ!このブドウとミルクが合わさるとめっちゃうまい!」

作ってる自分たちも笑顔になっちゃうプリンができました〜〜

これ、めっちゃおいしいから早く商品化したいな!!!!

2月24日、宮津市内のイベントに出店する機会をいただいたので、前日の朝から深夜までかかってプリンをいっぱい作って持って行きました!
たくさんの人に声をかけていただいて、買っていただいた方からは「おいしい!」というお言葉もいただきました!!
まだ、ラベルもできていない状態。正直、たくさん売れ残るんじゃないかと不安がいっぱいだったんですが、実際は2時間で完売となりました!

久美浜のフルーツは農家さんがこだわって作ってるから、おいしいし、香りもいいんです。
プリンは、地元の牧場でとれた牛乳を使ってます。

今回のクラウドファンディングがうまくいけば、安定して作ることができるし、それで、たくさんの人にこの美味しさを知ってもらって、久美浜のことも知ってもらえたらいいな!