2016/10/26 22:57

今回のクラウドファンディングでは、「大学での上映」も含めて必要な資金を集めてきました。

ここでは、その上映作品についてお知らせします。

 

《それでも僕は帰る 〜シリア 若者たちが求め続けたふるさと〜》

こちらの作品は、2011年〜2012年のシリア民主化運動を背景に、2人の青年を中心に抵抗運動の様子やシリア人たちのリアルな生活を写し取ったドキュメンタリーです。
今のように外国勢力が介入して泥沼化する前の、シリアの姿を見ることができます。

大学での上映の期日は11月下旬を予定しています(現在調整中)。高田世界館での3作品を観た後にこの作品を観れば、さらに中東情勢の理解につながることと思います。

大学という教育&研究機関の特性上、上映後には 学生・教授が入り混じってのトークシェアが開催されることになります。ぜひ、映画を観て、そして語り合って、映画鑑賞という共体験をより豊かなものにしていただけたらと思います!

 

『それでも僕は帰る ~シリア 若者たちが求め続けたふるさと~』

シリア/2013年/89分/アラビア語(日本語字幕)/ドキュメンタリー

原題:Return to Homs

公式ホームページ
http://unitedpeople.jp/homs/

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?