2019/06/11 17:39

みなさん!!

ご支援、Facebook、Twitterなどでの拡散やいいね。 ありがとうございます!!

クラウドファンディング が始まって10日ほどで約50%を達成することができました。


本当にありがとうございます。




クラウドファンディング が始まる前から色々動いていて、その動いていたことが一気に決まってきそうです。


今日の活動報告は


会社を作った!!


ということです。


ニュージーランドで起業することは案外簡単で、オンラインで会社登録のwebsiteに会社名、住所などなど入力し、数分後にはLimited Company(株式会社?)が作れちゃいました。


起業は簡単だと聞いていましたがここまで簡単だとは思っていませんでした。


起業は簡単ですが、始める前に色々な人にLimited Companyを作るべきかどうか聞き、情報を集めるのに時間は使っています。


Spaを経営している友人、赤ちゃん服を販売している患者さん、建築会社を経営している患者さん、Airbnbで紹介してもらった会計士さん。


みんな言うことは”節税できるから会社作った方がいい”とのことでした。


どのみち将来的な雇用のことを考えて会社は設立しなければいけなかったんですがね。



会社作ることでGSTという会社の経費としてかかった消費税のようなものが返してもらうことができます。

しかし、会社は28%の税金を売り上げから支払う必要があり、その上自分自身の給料の税金を支払う必要が出てきます。


GSTで返金される額と会社と自分が払う税金どちらが多いのか考えなければいけません。

他にもメリットがあり、会社は個人とは別と考えられ、会社に何かあった場合個人の資産は何も侵されないとのことです。


デメリットもありますが、会計士の人と話して今回のケースはLimited companyにした方が良いと言うことで作ることにしました。


作ることにしましたって言って簡単にできるのか?と思う人もいるかもしれませんが、


なんかできちゃいました。


https://companies-register.companiesoffice.govt.nz

このwebsiteで使おうとしている会社名がすでに存在していないか?


など確認して会社名のチェックにNZD10、会社の登録にNZD120支払い本日起業しました 笑


会社を登録するときにGST番号とIRD番号も登録する必要があり、それもオンライン上で同時にできます。


GST番号があることでビジネス経費分のGST(消費税)を返金できます。


節税目的で会社作るみたいに見えますが、実は節税だけが会社設立の理由じゃないです。


今後、移民局の労働ビザへの対策が主な目的です。


今回クリニックを作ってやりたいことは日本人雇用の増加です。


鍼灸クリニックを作りますが、鍼灸のみではなく他の業種も増やして行きます。


ただ節税するのであれば、会社を作らずに個人事業主としてビジネスをした方が最初のうちは節約できます。


しかし、できるだけ早く雇用を増やしたいので会社を設立して信用を得る必要があるので、最初から会社を作ることに決めました。


ということで日本人雇用増加への第一歩会社設立は完了しました。


会社設立とかビクビクしてますが、なんとかします。


この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?