2019/06/07 15:03

支援者インタビューは、今回のプロジェクトにてご支援頂いた方に直接お礼をお伝えしつつ、リバ邸になぜ支援して頂けたのか、どんな想いがあるのかをお伺いする企画です。


支援者プロフィール「アフリバ邸立ち上げ/阿部将貴」

名前:阿部将貴(以下:あべま)

活動:高2でベナン行ってそのままハマり続けてる大学生。高2アフリカホームステイ→アフリカでテクノロジーを使いたい→慶應SFC'17→Africa Networkインターン/ちか友留学生活/トビタテ8期

Twitter:https://twitter.com/abemasaki98

note:https://note.mu/masaki_abe/m/md676cf0f9d1f


以下、インタビュー形式でお送りします。(敬称略)


アフリカを共通言語とした「アフリバ邸」を立ち上げたい

れん:あべまくん、支援ありがとう!改めて、なんでリバ邸に支援してくれたのか聞いていい??


あべま:れんさんにお世話になっているし、自分が「やりたい!」ってTwitterで呟いただけなのに、実際に実現するまでにたどり着けたのは、リバ邸のみなさんのおかげだからです。

ぜひ支援したいなって思いました。


れん:声をあげてくれたの嬉しかった!なんで自分でリバ邸を立ち上げたいと思ったのかも聞きたい!


あべま:アフリカを舞台に挑戦したい若者の拠点を作りたいからです。

僕自身、高校生のときから現地でホームステイをするくらいアフリカ好きな一方で、孤独感も感じていました。

なぜなら「アフリカ好き」という共通点や「将来アフリカを舞台に働きたい」という志を同じくする仲間とはなかなか出会えないからです。

徐々に徐々に大学やSNS上で仲間が見つかっていき、いまではお互いを応援しあえるアフリカ仲間がいますが、これにとても長い時間がかかって。

加えて、身近に現地の知識や経験のある人が決して多くはないことから、

「アフリカに興味はあるけど、なかなか行くのは難しい。」

「行きたいけど、なにから始めたら良いかわからない。」

という悩みや障壁がまだまだ多いなーって考えています。

この敷居を、アフリカの人々とアフリカ好きな日本人が住む「アフリバ邸」で、日常的な交流を通して、身近にしたいです。


れん:なぜコンセプトがアフリカになったの?


あべま:今世紀最も成長が期待され、世界中からの注目が集まるアフリカ大陸には、国際協力やビジネスなどで関わりを持つ人々も増えてきたんです。

だからこそ、もっとアフリカを理解して身近な存在に近づけたいって考えてるからですね。

加えて、ぼく自身が以前、国際交流をコンセプトとしたシェアハウスに入居していて、そこでの出会いや異文化体験がとても楽しかったことが思い出に強く残ってて。

日本とアフリカの相互理解を日常的な異文化体験を通して進めたい。そんなコンセプトで「アフリカ」を選びました。


れん:そうなんだ!国際交流のリバ邸も増えてってほしいからすごいいいと思う!!これからリバ邸自体にもどうなって欲しいかとかある?


あべま:40軒以上にまで増え、特色のあるリバ邸が増えてきたからこそ、リバ邸同士の横のつながりが増えてほしいし、自分で増やしたいです。

特に、アフリバ邸は「アフリカ」というフィールド的なコンセプトしかありません。

例えばそこにテクノロジーなどを掛け合わせたりすることで、新しいジャンルや取り組みを生むことができると考えています。

そんなコラボレーションをリバ邸全体で生んでいきたいです。


れん:さいごに一言お願いします!

あべま:リバ邸最高!(まだ住んでないけど)


活動報告

現在の当プロジェクトの進捗は以下となっております。

残り日数 21日

支援金額 849,888円

支援者数 129人

達成率  65%

引き続き、ご支援のほどよろしくお願い致します!!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?