2019/12/07 14:51


こんにちは!みなさんお久しぶりです!
学生サポートチーム代表の池田です。

最近はメンバーは、テスト前や卒論など忙しくしております。
また、今月にお届け予定のリターンの方は来週あたりには僕から案内のメールさせて頂きます!
(すみません。遅くなりましたが、友達バッチのリターンは来週月曜日に発送予定です!)

----------------------------------


さて、話は変わりますが、みなさんもう12月ですね。


はい。そうです、12月といえばクリスマスです。
(今年の僕は 12月=卒論の締め切り ですが、、、笑)


みなさんは、どのようにクリスマスをお過ごしの予定ですか?

家族と?
恋人と?
友人と?
それとも片思いのあの人と?

みなさんがご存知のように、
クリスマスは必ずしも全員が幸せになるとは限らないですよね。。。


僕も5年間クリスマスを恨んでいた時期がありました、、、笑
(地元が神戸だったので、町中にカップルだらけなんですよ、、、泣泣)





「周りに幸せがたくさんある分、いつも以上に辛くなりますよね...」




なんで、こんな話をするかって?

僕は今までの短い人生ですが、
クリスマスを恨む人って、恋人とかがいない人たちだけだと思っていました。。。

でも、僕はこのプロジェクトと出会って、クリスマスの時に誰よりも苦しんでいる人がいるということを知りました。



それは、貧困家庭の子供たちです。


「昨日は家族とディズニーに行ったんだー!」
「今日はママと映画を見るんだ!」
「今年の誕生日にぬいぐるみを買ってもらうんだー!」


一見、子供たち同士の日常にありそうな会話も、貧困家庭の子供たちにとっては全く想像のできないことだったりします。



みなさんは、この言葉の意味がわかりますか?
貧困家庭の子供たちにとって、自分が欲しいプレゼントをもらえることは当たり前ではないのです。「いい子にしているのに、どうして、、、?」


少しでも多くの方に貧困家庭の子供たちの存在を知って欲しい。
そして、みなさんのできる範囲で子供たちの未来のために行動して欲しい。

それは、このプロジェクトに支援するということだけではありません。
周りにいる人に、このプロジェクトのことを話してくれたり、ちょっとネットで貧困家庭の子供たちについて調べて頂くだけでもとても嬉しいのです。


少しでも、彼たちの未来が明るくなりますように、
そして、少しでもいつも以上の楽しいクリスマスを過ごせますように。



学生サポートチーム代表
池田



「貧困家庭の子どもたちにクリスマスプレゼントを届けたい!」

2019/12/7  14:00現在 達成率82%
<プロジェクト紹介>

昨年のクリスマスに、貧困家庭の子どもたちに食べ物やおもちゃを配る「子ども宅食配」を実施しました。プレゼントを渡した後、暗い部屋に1人戻っていく子どもたち…彼らの心に明るい光を灯したいのです。貧困家庭のある子どもが言った「サンタさんって字が読めないの?」という言葉。この言葉の意味がお分かりでしょうか?

<プロジェクトページ>
https://camp-fire.jp/projects/view/183788?list=watched

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?