2020/03/06 13:00

旧都城市民会館の3Dデジタルアーカイブプロジェクトが、第23回文化庁メディア芸術祭のエンターテインメント部門において、審査委員会推薦作品に選ばれました。

文化庁メディア芸術祭は、アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門において優れた作品を顕彰するとともに、受賞作品の鑑賞機会を提供するメディア芸術の総合フェスティバルです。第23回は、世界107の国と地域から3,566作品の応募があり、厳正なる審査の結果、受賞作品と審査委員会推薦作品が選出されました。

活動を応援いただいた皆様に心より御礼申し上げます。


■概要

『Metabolism Quantized ~旧都城市民会館3D Digital Archive~』

老朽化により維持が困難となった建築物を、複数の計測技術を組み合わせて精緻な3Dデータで保存。アーカイブとして建物の姿を後世に継承するだけでなく、ARやVR、ゲーム空間への転用など活用機会が拡張されることで、場所やスケールも自在に、物質性を超えた存在として建築を新陳代謝させた。


■プロジェクトメンバー

豊田 啓介 (gluonパートナー/noizパートナー)
金田 充弘 (gluonパートナー/東京芸術大学美術学部建築科准教授)
堀川 淳一郎(gluon CTO / Orange Jellies主宰)
瀬賀 未久 (gluonディレクター)
中庭 和秀 (クモノスコーポレーション株式会社 代表取締役社長)
藤原 龍  (HoloLab)
長坂 匡幸 (フリーランスCGデザイナー)
大隣 昭作 (福岡大学工学部社会デザイン工学科)


■協力
都城市、クラウドファンディングにご支援いただいた皆様、xRArchi

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?