2019年夏に解体着工される『旧都城市民会館』を文化的価値の記憶として3 次元データで保存。写真や図面だけでは記録しきれない複雑な形状や構造を、3 次元計測技術を用いて正確に記録し、建築家・菊竹清訓氏が設計したメタボリズムの代表作とされる名建築の価値を後世へ継承していくことを目指します。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

gluon(グルーオン)は、建築・都市を軸に新たな価値を創出するために、新しいデジタル技術と建築・都市の融合を企画から実装まで行うプラットフォームです。本プロジェクトでは、建築や都市のデジタル化を推進するgluonと豊富な測量実績と新しい測量技術を切り拓くKUMONOS(クモノス)が互いの知識やノウハウを掛け合わせ、空間のデジタル記述で培ってきた3次元計測技術を活用し、デジタルアーカイブとして文化財の新たな保存手法の構築と名建築の価値を継承していくことを目指します。

またクラウドファンディングが成立した際には、実測した旧都城市民会館の3 次元点群データをウェブサイトで無償で公開し、研究への活用や新たな創作活動へ繋がる機会を創出します。

本プロジェクトは、旧都城市民会館の所有者である都城市の協力のもと、取り組んでまいります。なお、都城市においては、本プロジェクトとは別に、旧都城市民会館のメモリアルとして、模型や映像作品等の製作を行う予定です。


旧都城市民会館について

1966年竣工。戦後日本を代表する建築家・菊竹清訓氏による設計。建築も都市も自然や社会のように新陳代謝していくという「メタボリズム」の建築思想に基づいて設計され、鉄筋コンクリート造の下部構造の上に、鉄骨造の屋根がかかり、梁を放射状に並べた特徴的な形状が存在感のある建築物です。

1966年の開館から約40年にわたり、都城市の文化振興拠点として利用されていましたが、施設・設備の老朽化のため本会館は閉館、2019年夏に解体が着工されます。


建築物の3 次元デジタルアーカイブについて

レーザースキャナーを用いて、実測に基づいて建物全体をスキャンすることで、実空間の情報をまるごと3 次元データ化します。平面的な写真や図面だけでは記録しきれない複雑な形状や構造を、立体的に記録することで、建築形状を正確に把握し、デジタルアーカイブとして後世へ残していきます。


デジタルアーカイブの活用

計測した3 次元データは、建築資料として空間へのより深い理解を促す立体モデルの制作をはじめ、ウォークスルー映像の作成、AR やVRを通した空間の疑似体験、3D プリンターを用いた模型製作など多様なメディア形式で再現・活用することが可能です。


これまでの活動

『デジタル芸大』プロジェクト

gluon+KUMONOSでは、東京芸術大学美術学部建築科の金田研究室とともに、上野にある東京芸大のキャンパス空間をまるごとデジタルスキャンし、物理的なキャンパスとデジタル空間を組み合わせた「コモングラウンド」を構築。リアルな物理空間と、デジタルの情報が重層的に存在する空間で、自律走行の検証やゲーム実装などの試験的な実証実験を試みています。


点群として取得したデータは学生やクリエイターの方々へ公開。3 次元データを活用した創作活動や自発的な研究が進んでいます。これまでに、技術と創意に満ちた自由な発想によって、点描やポリゴンなどを用いた加工表現や、影によって昼から夜へ時間の変化を表現したり、VR内でアバターがキャンパスを散策できるなど、デジタルのキャンパス内で多種多様な表現や楽しみ方が生まれました。

スケジュール

2019年

7月初旬:都城市にて『旧都城市民会館』を3次元計測

7月:データ処理、点群データの合成

8月:3 次元点群データの公開

8 月29 日 :トークセッション『建築のデジタルアーカイブ』の開催。

9 月14 日 :ワークショップ『Unity で建物のウォークスルーを作ってみよう!』の開催。

10月:活動記録集をメールで送付


資金の使い道

集まった資金は、現地での3次元計測の活動費(交通費、現地宿泊費、機材備品など)をはじめ、データの最適化処理やデータを公開するためにかかるサーバー費として活用させていただきます。

また、戦後に建てられた近代建築は、竣工から60~70年が経ち、老朽化などから維持が困難になっている建物も今後増えてくると予測されます。

そのため、目標額を超える金額が集まった場合は、後世へ継承していきたい名建築や、役目を終えて一般の目には触れていない建物などをスキャンし、今後も建築物のデジタルアーカイブ化を進めていく予定です。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください