Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング

【音楽でSDGsを!】マダガスカルの子どもたちと、歌って、踊って、森をまもろう!

現在の支援総額
665,000円
パトロン数
84人
募集終了まで残り
終了

現在110%/ 目標金額600,000円

このプロジェクトは、2019-06-05に募集を開始し、84人の支援により665,000円の資金を集め、2019-07-25に募集を終了しました

NPO法人エコロジーオンラインは、森林破壊が進むマダガスカルで、自然を破壊しないエネルギーの普及を手がけています。森に暮らす人々にとって、新聞やテレビは遠い存在です。彼らに直接メッセージを届けるため、社会課題に取り組む音楽作家事務所ダレシアの協力を得て、子どもたちと歌をつくり、森の大切さを訴えます。

岐阜県郡上市へ!大使、女子ラグビー、小学生のみんなが応援してくれました!

みなさま、こんにちは。

運営スタッフからダレシアの2人が、オリンピックのマダガスカルのホストタウンである「岐阜県 郡上市」を訪れました。地元の小学校では全校生徒と一緒に記念すべき最初のレコーディングも行いました。

マダガスカルから郡上市へ、7人制女子ラグビー代表チームが大会出場のため来日。そこへ私たちも機会を頂きました。本クラウドファンディングがもっと大きな価値を生み出すことを目指して、関係各所への連携づくりに尽力してきました。

その結果、開会式、試合会場、小学校などを巡りながら、幸いにもたくさん応援や連携の機会を頂きましたので、ご報告いたします。

マダガスカル大使のミレイユ大使にも応援していただきます。


マダガスカル7人制女子ラグビー代表チームも応援!通訳の方を通じて活動内容や進捗をご報告。オリンピックに向けて、頑張れ!マダガスカル代表!


郡上市の日置市長にも応援して頂きます。オリンピックでのマダガスカルのホストタウンだけあって、郡上市は日本有数のマダガスカルとの絆の強さがあります。私たちも手を取り合いマダガスカルを応援していきたいと思います!


女子ラグビー代表の中野コーチは多忙な取材スケジュールの合間を縫ってお話させて頂きました。フラッグはご覧の通り、代表チーム選手と、郡上市の小学校のみなさんのメッセージでいっぱいになりました!オリンピックに向けて、応援の気持ちを込めて、私たちはこのフラッグを持ちまわりながら活動していきます。


JICA中部の長所長、内島課長に、

マダガスカルの現地JICAの梅本さん。このように現地との太い繋がりをお持ちの方々の応援は、私たちの活動にとって、とても心強いことです。


そのほかにも、郡上市の資源と魅力を活かしたローカル事業者のみなさんとお話をさせて頂きました。(その話はまた別の機会にお楽しみに)


そして、マダガスカルのホストタウン郡上市から、最初の「音」が紡ぎだされてゆきます!今回は郡上市の小学校で、みなさまのご支援によってつくる「歌」のレコーディングを開催しました。これが本クラウドファンディング、記念すべき初回レコーディングとなります。

地元の明宝小学校の全校生徒約70人が歌い、代表チーム選手のみなさんも飛び入り参加となりました。

レコーディングの様子はここでは書ききれないので、またご報告いたします!お楽しみに!


さて、最後になりますが、このような新しい取り組みはどんどんチャレンジしてまいります。レコーディングもこれきりではなく、まだまだ続きます。何回かに分けて、多くの方々によって行う予定です。特に今後は、レコーディングスタジオを使用する作業も始まり、まだまだ道は長く続きます。

その軍資金のための目標金額は、実はまだ遠いところにあります。関係者のみなさん、小学校のみんなの応援に応えるために、泥臭くもしっかりと盛り上げていく覚悟です。みなさまのお近くの、ご支援・応援いただける方を引き続き探しております。

それでは、さらに良いご報告ができるよう一同、頑張ります!引き続き応援のほどよろしくお願いします。