2019/11/24 03:29

22日の12時から始まりました“クランククラウドファウンディング計画”ですが、公開から12時間かからずに目標金額を達成、そしてストレッチゴール(達成したら月に一度、トゥクトゥクでどこかで振る舞い酒)の大台にも1日たたずに達成いたしました。


早速クランクファウンディングサイトのキャンプファイヤーの目立つ場所、愛内里菜の斜め下のナイスなポジションに掲載されております。


皆さまのご支援、応援のおかげ様様で最高のロケットスタートがきれました。

本当にありがとうございます。

このクラウドファウンディングでやりたい事は設備の入れ替えとトゥクトゥクの購入です。

今回トゥクトゥク購入を決めたのにはいくつかの理由があります。その一つをお話しします。

少し話が長くなります。


僕には目標があります。

板橋の商店街に各地のブルワリーを呼んで“ビアウォーク”をやりたいんです。

ビアウォークとは、アメリカなどで行われている、町を巻き込んだビアフェスの事です。

商店の軒先や交差点など、街のあちこちで各地のブルワリーがビール屋台を出店するお祭りです。


<<思ってる事>>

現在、全国の商店街が軒並みシャッター通りになっているのは周知の事だと思います。

僕の住む街、板橋も同じです。個人商店は店を畳み銭湯は廃業、マンションやコンビニに変わっていってます。

これは時代の流れなのでしょうがないのかも知れません。

僕もアマゾン使いまくっています。

でもそれはちょっと寂しいなと。

僕が小さい頃は商店街は楽しい場所でした。

消防車が道路浸水させてドジョウ掴みとか、最高に楽しかった記憶があります。

今考えると当時の大人たちもぶっ飛んだことをやってくれてたなあ、なんて思います。

要するに、皆があまり目を向けなくなってきている地元のコミュニティや商店街にもう一度目を向けてもらいたい。そう考えています。


<<何故トゥクトゥクなのか>>

商店街でビアウォークをやるにあたり、まずは大きな問題があります。

それはウチのお店、ブルワリーが商店街にない事です。

それだと商店街で何かやりたくても誰も耳を傾けてくれません。当たり前ですね。

だからと言って商店街にお店を出すのは無理でした。理由は察していただけるとありがたいです。

そこで、先ずは移動販売車を手に入れて、お豆屋さんや八百屋さんの軒先や、シャッターの降りた店先などを借りて、移動販売から始めようと考えました。

そのためにはミニマムで小回りがきいて安いトゥクトゥクがうってつけだった、という訳です。


<<これからの事>>

今回、皆さんのおかげで公開後すぐに目標金額、ストレッチゴールを達成できました。

この事で、目標である"地元商店街でビアウォーク”の開催に一歩近づきました。

支えてくれる、応援してくれる味方がこんなに大勢いる事は、本当に嬉しく、ありがたい事です。

ただ、まだまだ力も時間も足りません。

このチャレンジでさらにネクストゴールに挑戦し、さらなる設備の増強、新商品の開発で力をつけ、さらに仲間を増やして商店街ビアウォークの開催を実現したいと思っています。


クランクブルーイング 代表 醸造家

 平賀 久勝











この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?