2019/12/02 14:32

こんにちは!


早いもので
世界大会が終わってもう2週間が経とうとしています。


そろそろ皆様のもとに
リターンの練習豆が届いていると思います。
あえてパッケージには最低限の情報しか載せませんでした。


初めから公開するか悩んだのですが
まずは何も先入観がない状態で
コーヒーを楽しんでいただきたいという
思いから、時間差での情報公開としました。


まずはブレンドから!
世界大会練習ブレンドの横に番号が
記載されていたと思いますので
ご確認ください!




豆①豆②豆③ブレンド①エチオピア Wブラジル グァテマラ 
ブレンド②エチオピア Nブラジル グァテマラブレンド③コスタリカ YHブラジル グァテマラブレンド④インドネシア ブラジル グァテマラブレンド⑤ケニアブラジル グァテマラ

各シングルオリジンの詳細はブレンドの説明の後に記載します。


基本的に比率は
豆①が80%
豆②と豆③を10%ずつ
を生豆の状態でブレンドしてから
焙煎をする方法(プレミックス)をしています。


これには実際に世界大会を想定しての焙煎
そして戦略がありました。



参加者の多くは3種類別々に焙煎した豆を
後からブレンドする方法(アフターミックス)をとって
いたようです。


しかし、プレミックスを選択することで
焙煎を終えた後に
”ハンド ピッキング”
という豆を選別する工程ができるようになります。

3種類別々に焙煎する場合よりも時間が短縮でき
その短縮した時間分によって細かくピッキングをします。


この作業で、綺麗に焼けている豆だけを選別します。
・きちんと火が通っていない
・火が通り過ぎている
・豆の形が悪く火の通りが均一でない
などの味に悪影響を与えかねない豆
を取り除きます。


また課題として決められた3種類の豆の中から
最も品質のいい豆を見極めてその豆以外を
取り除きます。


そうすることで
最も品質のいい豆を最大限に活かす焙煎で
それ以外の豆をピッキングで取り除き
いわば80%に選んだ品質のいい豆の
シングルオリジンに近い状態に持っていくという戦略でした。


どの豆も10%以上はブレンドしないと
いけないというルールがあります。
例えば、その10%の豆が悪い評価へと繋がる
良くないポテンシャルを持っていた場合でも
アフターミックスでは事前に申告して
必ず10%以上入れなければなりません。


プレミックスだと焙煎する前に10%以上
ブレンドしていることが確認されるだけなので
焙煎後に選別して
高品質で綺麗な豆だけを提出することができる
ということなのです。


ブレンドについて説明が長くなりましたが
練習に使用した豆の詳細です!



詳細品種プロセスグァテマラ ANTIGUA BUENA VISTAビジャサルチ100%フリーウォッシュドエチオピア NSidamo Guji Shakiso G1 TadeGG エチオピア在来種ナチュラルエチオピア WSidamo Guji Blue Nile アラビカ在来種ウォッシュドコスタリカ YHCostarica Los Angeles Los Girasolesカトゥアイイエローハニーニカラグア Casa Blanca パカマラナチュラルブラジル Irmãs PereiraイエローブルボンパルプドナチュラルケニアWachuri FactoryRuiru 11,SL 28, BatianフリーウォッシュドインドネシアMONDHELING BLUE LINTONGティピカスマトラ式


ご支援いただきました皆様を含め
いろんな方の応援やサポートがあり
たくさん練習することができました。
これまでになかったたくさんの気づきと
焙煎理論の構築ができました。


正直、大会では勝つために作り上げた数値通りの焙煎が出来ました。
ブレンドの戦略でも
焙煎もピッキングも完璧に時間内に終えることができ
狙っていただけの点数を獲得することが出来ました。


今回優勝したら若い世代にバトンタッチして
自分は焙煎を辞めようと思っていました。

しかし、大会の結果は13位でした。


数値以外に、自分が身に付けなくてはいけない
気づきがまだまだたくさんありました。


改めて、焙煎が楽しい。
もっともっと成長できる!
そう思ったので
焙煎を辞めるのを辞めました(笑)


世界チャンピオンになるその日まで
応援よろしくお願いいたします!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?