2019/12/12 17:00

こんにちは.けんゆーです.
第8回目の活動報告を行いたいと思います.

=======すみません!宣伝になります==========

以前の活動報告から3週間くらいの日数が経過してしまいました.
実は,文字ベースの報告から,画像・動画ベースの報告にシフトしていき,各種SNSを通じて毎日発信をしているところであります.

・Youtubeでは日々の活動報告を上げています.
どのような野菜を植えていて,どのように成長していっているのか,ほぼ毎日,1~3分ほどの短い動画ですが報告をしております.

https://www.youtube.com/watch?v=w97x7E6qsPc

ぜひ,チャンネルも登録していただけると幸いなところです.
(この動画を編集してくれているのは,宮後健太郎くんというクラウドファンディングを支援していただいている僕の後輩です.最近では野菜もフルーツも一緒に作っているという感が出てきて嬉しいのです.)

・インスタグラムをされている方は,こちらから入れます.

ブログはこちらから!兼ホームページ,兼ECです.
(尚,まだ売れるものはありません.)

=======宣伝でした!ありがとうございます=========


宣伝を読んでいただいてありがとうございます.
さてさて,12月も突入し,だいぶ肌寒くなってきたと感じますが,皆さまはお元気でしょうか.
沖縄も肌寒くなり,最近は,長袖を着用していますが,まだ厚手の羽織ものには手を出さずやっていける気温です.

体調管理も気をつけてくださいね!

ということで,今回は「太陽に従い生活をすることで自律神経くんが整った」というテーマで書いていきたいと思います.

実は,農作業を初めて,40日くらいが経過したのですが,「ものすごく体調が良い」のですよね!一般的には3Kとか,5Kとか言われている仕事ですが,いやいや,そんなことは無いのです.
身をもって主張させていただきたいのです.


あっ,ちなみに,5Kというのは,

・きつい

・汚い

・かっこ悪い

・給料低い

・結婚できない

の「か行」から始まる上のこれらですね.農業を始めとした第一次産業によく使用されます.
しかし,実際に農作業を毎日やってみると,ものすごく「気持ちよい」のですよ.
おいらの自律神経くんもそういってます.

おかげできちんと自律できたと.

先ずは自律神経くんについてさくっと書いていきたいと思います.

自律神経くんというのは,漢字のごとく,自律的に活動し,我々人間の体を支えてくれる大事な大事なやつらなのです.我々の意思とは反して臓器や血管系などをうまく動かしているのです.

自律神経くんという他人呼びは,あながち間違っていないのですね.
自分の中ありますが,彼は独立して動いているのです.

彼のおかげで,我々の体温が36~7度程度に保たれ,呼吸も整い,夜は眠くなり,集中したい時にはガッと頑張れるのですね.自律神経くんには感謝です.我々の身体は多細胞でできているので,生きているいろんな彼らとも共存していかないとダメなのですね.

過酷な環境で身体を酷使すると,もちろん自律神経くんというのは狂ってしまって,自分らの意思に反して体調というものは壊れてしまうのです.

あまり深く書きすぎると,ボロが出てしまうので,ここら辺で自律神経くんの詳しい内容は割愛しますが,農業をしているとなぜ気持ちい良いのか?なぜ自律神経くんが整うのか?ということを深掘りしていきます.

基本的に自律神経くんが上手く機能できるためには,我々は以下のことを守るべきです.

・十分な睡眠
・適度な運動
・偏食せず食べる
・ストレスを抱えない

これです.この基本的な要素を守るのは,現代人としてかなり難しい場合もありますが,農作業は太陽に従うので自然と守りやすい」のですね.

以前はずっとパソコンの前で作業をしていたので昼夜逆転,寝不足気味,飯も運動も気にしないという非人間的活動をしていましたが,これ,,,やばいですね.
(今更気づいてしまったのです.)

太陽が昇ると共に活動し,朝7時から15時まで作業をするという毎日です.適度な運動と,早寝早起きが習慣化して,身体がすこぶる調子が良いのです.

あと,なんか疲れにくくなったような気がします.いや,確実に疲れにくくなってますね.
健康で身体を思いっきり動かせるのって,何よりも嬉しいことだと思うので,これからもしっかり寝て,食べて,動くということをやっていこうと思ったのです.あと,寝るのも,食べるのも,動くのもかなり贅沢なことですからね!

皆さまも,お身体にはお気をつけて下さいね!しつこいようですが,4コマ漫画描きました.

新規就農相談に行きました!

話は変わりますが,就農のための新規就農相談会に行きました.
色々な農家さんたちと会ってお話をしました.

日本の農業がなぜ国際競争力がないのか?ということを常々,皆さんも思っていると感じますが,その根源的なものがそこの新規就農にあると思いました.

日本の土は恵まれています.日本の農業に対する支援・補助金は手厚く優遇されています.しかし,それを管理している場所・仕組み,体制,全てが古過ぎます.手厚い支援と肥沃な土のおかげでなんとかやっていけるので,工夫する理由があまりないのです.

例えば,ネット販売に関していうと,個人でインターネットで売れる人はかなり希少な人材だという印象です.もちろん,個人で売れている人はいます.SNSにも力を入れて営業・販売しています.しかしまだまだ少ないのです.僕もそれを推し進めたいと話したら,ほとんど無理だと言われました.

JAや直売店とかで,売れる野菜や果物のニーズを聞いて,それを先ずは作りなさい,作る品種は2〜3種で!とのことを言われました.今まで新規就農してきた人はみんなそうしていると,そしてその2~3品種に絞り,農大やどこかの農家で技術で学んでこい!と,半年,一年は修行してこいと.お前には技術はないのだからと.(初対面でしたがかなりキツめに言われました)

正直,びっくりしましたが,新規就農者でなかなか革新的なやり方が出てこない理由はそこかと深く感じました.フィルタリング機能が掛かっているのですね.チャンスすぎる業界ですね.小さい圃場でスピード感を出すには,「多品目栽培,オンライン学習,SNSマーケティング,ネット販売 +α 」であると思っているので,おいらは新規就農相談センタの人らのやり方には従わず,今日も改善しながらで頑張ります.やりたいようにやってみます.

ではー!


この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?