2020/01/21 09:59

おかげさまで

クラウドファンディングで支援をしてくださる方が出てくださっています。

本当にありがとうございます。


このたびの奉納公演は

おそらく国内外でもめったにみることができないような素晴らしい内容だと自負しております。


メキシコ人でありながら、日本で東京バレエ団に在籍し、日本の文化や芸術を心から愛し、京都亀岡の出雲大神宮の拝殿の美しさに心を奪われたBraulio Alvarez。彼の発案によるこのたびの特別奉納公演。

亀岡出身である南江祐生とこの美しい出雲大神宮の拝殿で舞いたいという思いから始まったプロジェクト。

この話を耳にした芸術家や文化人たちが賛同し、ここまでこぎつけることができました。

ここに関わるのは

無形文化財の宝生流能楽師 辰巳満次郎。

令和天皇陛下即位のお祝い国民祭典でオープニングの触れ太鼓を行った笛の松田惺山と鬼太鼓座。

点火絵画の一人者 山口 和也。

茶道家 守屋 實智子。

衣装製作にも写真や映像製作にも、素晴らしい文化人たちが関わっています。


この稀にみる特別奉納公演に、ぜひお力を貸してください。


単なるパフォーマンスではなく、これからの芸術文化の発展と芸術本来の目的である調和と平和をもたらすためのいのりあわせをいたします。


この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?