2020/02/05 23:01

男性向けパフォーマンスサプリメントのスパルトT5。

原料紹介2回目はアストラジン(AstraGin)。日本ではほとんど聞いた事ない成分ですが、実は海外ではトップアスリート御用達しの原料なんです。

最近ではキックボクサー那須川天心のメイウェザー戦対策の時にコーチをしたボクシング世界3階級王者ホルヘリナリス選手も愛用しているんです。

もちろんトップアスリートだけではなく、海外の筋トレマニアの間でも常識になりつつある成分。

アストラジンの正体

アストラジンの正体は黄花黄耆(キバナオオギ)と田七人参 (デンシチニンジン)を1:1で混合した植物由来の原料

原料となる黄花黄耆(キバナオオギ)は中国では古くから漢方として活躍しています。また田七人参は人参の一種でウコギ科の多年生植物で痛み止めや止血目的等で使用されている生薬の一種。

開発販売を行っているのはアメリカのバイオ原料メーカーのNuLiv Science社。そんなアストラジンはアメリカだけではなく、中国や台湾などで複数の特許を取得しているスーパー成分でもあります。

アストラジン服用の目的と効果

アストラジン自体にはテストステロンを増やしたり、血流を促進したり、筋肉をつける効果は確認されていません。

ではなぜトップアスリートがこぞってアストラジンを飲むのか。その理由こそがバイオアベイラビリティの向上効果

バイオアベイラビリティとは投与もしくは摂取した成分が、どれだけ全身循環血中に到達して作用するかを示す指標。ちなみに成分を直接注射器などで静脈内に投与した場合のバイオアベイラビリティが最大値の100%。

バイオアベイラビリティが向上するという事は、サプリを同じように摂取しても効き目が全然違うという事なんです。

例えば我々が普段の飲んでいるビタミンサプリやアルギニンやシトルリン等のアミノ酸。これらのほとんどは小腸が吸収しきれず、尿や便となり体外に排出されます。

しかしアストラジンを摂取する事によって、栄養を吸収する小腸の働きが活性かされ、同時取った栄養をより効率的に吸収する事が出来るのです。

少し専門機関による実験データを紹介します。

- アルギニン吸収率:67%上昇
- シトルリン吸収率:45%上昇
- クレアチン吸収率:33%上昇
- ロイシン(BCAAの一つ)吸収率:58%上昇

このように男性機能や筋トレ、健康維持促進でおなじみの成分の吸収を圧倒的に加速させる効果があるのが特許取得原料のアストラジンなのです。

その分非常に高価な成分ではありますが、スパルトT5には推奨量ぴったりの50mg/日を採用しています。

まだ日本ではお目にかかる事が少ないアストラジンのパワーを体感してください!


-------以下引用ソース--------

https://nulivscience.com/ingredients/astragin
http://www.maypro.co.jp/astragin/
https://nulivscience.com/blog/astragin-protein-absorption
https://steron.jp/16173
https://www.pharm.or.jp/dictionary/wiki.cgi?%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%82%A2%E3%83%99%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%93%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?