2020/01/17 12:23

XN125には、スタンダードとスペシャルの2つのグレードに加え、セル、150ccのオプションがあります。組み合わせが多いので迷ってしまうかもしれません。お勧めの組み合わせはずばり、これです。

XN125スタンダード+セル

スペシャルは確かにアルミ削り出しのパーツが使われていて、かなり見た目が豪華です。買ったあとで、いろいろ付け加えるなら最初からスペシャルバージョンを選んだほうがお得です。

でも、目的が林道走行やエンデューロであれば、スタンダードで十分です。ガード類は社外品で比較的手軽に購入することができます。セルをつけておくと保安部品の装着も簡単です。山、レースでもセルは非常に便利でしょう。

じつはXN125を39万8千円(税込み・送料込み)で提供できるのは、おそらく、このプロジェクトが最後です。為替レートの変動もありますが、もともと中国国内でも高価なバイクなんです。同じ価格帯のバイクが日本でも販売されていますが、販売価格は60~70万円台です。

この機会をお見逃ししないように!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?