2020/03/06 20:24

クラウドファンディング開始からまもなく20日目、現在2,676,133円(達成率89%)のご支援を頂いております。90%まであと一息、皆様本当にありがとうございます!

さてシリーズでお伝えしている「リターン品紹介」のコーナーは、リターン品の中で断トツ人気となっている「大洗発 ご飯が進む!セレクション」にて、「浜のラー油」を提供して頂いている「藤乃屋」さんです!

■藤乃屋

https://twitter.com/YyTbz 

大洗シーサイドステーションの正面にある「町営第一駐車場」の中に店舗を構えている中華料理店です!立地が近いので、私も昼食によく訪れております。先日食べた「モツ煮定食」が最高でして、本当に「口の中でトロける」といった感じでした。

さて皆さんは、中華料理店としての「藤乃屋」さんは知っている方も多いと思いますが、「浜のラー油」という「大洗ブランド認証品」を販売しているという事は初めて知った、という方は多いのではないでしょうか。

という事で、店主である山田さんにお話を伺いました!

山田明弘さん

―藤乃屋さん、ウチの店(ARISE CO-WORKING)に近いという事もあって、私も良く利用させて頂いております!とにかく料理が何でも美味しいと思う訳ですが、山田さんのおすすめメニューを教えて頂けますか?

はい。当店は中国料理のお店で、麺で言えば担々麺、定食で言えばエビチリや麻婆豆腐、油淋鶏定食辺りが良く出ますし、おすすめです。

―中華料理店ですけど、和食も絶品ですよね。

私がこの店を始める前に修行した店が、和食と中国料理を両方やっている店だったんですよ。なのでモツ煮や牛バラと言ったメニューなど、種類が豊富です。毎日更新している「本日のオススメ」ボードも、中華料理だけだと重くなってしまうので、生姜焼き定食などの和食を入れたりして目先を変えて、変化をつけていくような努力はしてますね。

ーなるほど。今日も私「生姜焼き定食」を美味しく頂きました。ありがとうございました。ちなみに藤乃屋さんは創業何年目ですか?

創業9年目に入ります。東日本大震災があって、その翌年の1月1日にオープンしたんです。実は震災前にここでオープンする事は決まっていて、順調にいけば2011年3月1日オープンだったんですよ。しかし開店準備の申請等の影響で、開店日が伸びたんです。その結果、震災被害からは免れる事が出来ました。運が良かったですね。

―では当時は被害はなかったんですね。

はい、そうです。ただ、津波で水没してしまった土地で無理して店をやらなくてもいいんじゃないかと、修行先の親方から言われたりしました。しかし、私が大洗出身だという事もありますし、町も元気が無くなっていた時期だった事もあり、別の場所での開業を考えるのではなくて、何とか大洗で頑張って行こうと決めました。

ー反対意見を押し切っての開店だったという事ですね。

はい、周りの反対を押し切って、もうここでやると決めて始めたわけです。

―結果的に「町営駐車場の中」の中にあることで、車で来やすいですよね。

今はそう言って頂けるんですけど、開業当初は、通り沿いではない「駐車場の中」でお店をやっても、外からも見えないし厳しいんじゃないの?という意見は多かったですよ。先ほどお話した事も踏まえて、当時は色々言われて結構不安でした(笑)。そんな中、2012年にアニメ「ガールズ&パンツァー」が始まると、車で大洗に来る方も増えて、駐車場も活気が出てきて、お陰様で今はこの場所で本当に良かったと思っています。

―この場所にある事で、その日店には来なかったとしても、存在は知ってもらえますもんね。

そうこうしているうちに徐々にお客様も増えていって、現在は7割が地元の方で、3割が「ガルパンさん」(ガルパンのファンの方)のような気がしますね。

―地元の方に人気ですよね。私のイメージですけど、結構夜貸切やられていることが多いですよね。

はい、4千円の飲み放題コースが人気です。お陰様で地元の方にも、ガルパンさんにも利用して頂いてます。例えば、「大洗あんこう祭」や「大洗 海楽フェスタ」といった大きなお祭りの際には、夕食難民になる方も多いので、事前に「15人でこれを出してもらいたいんですけど」みたいな相談を頂いたりしますね。

ーありがとうございます。それではここからは「浜のラー油」についてお伺いします。店内に張ってあるPOPを見ると「賄い」から生まれたんですか?

はい。ウチはラー油を自家製で作ってるんですよ。で、そのラー油をご飯にかけてサササーっと食べてたんですよ。コックの一般的な賄い飯ですね。そうしていた所、当時の役場の農林水産課・大洗ブランド推進協議会の担当の方から「大洗の地の物を使って何かブランド品を作ってもらえませんか」という依頼が来たんです。

ーそうだったんですか。

依頼を受けて考えたのは、やっぱり大洗は海!海に絡んだものでウチらしいものを、と考えを巡らせて行きました。大洗と言ったら「しらす」だ!と思い、しらすとラー油を組み合わせてみたというのが最初ですね。ここで一番大変だったのが賞味期限です。しらすって栄養の塊で、いくら冷蔵庫に保管してても菌が発生してしまうんです。なので、中を真空にしないと長期の賞味期限にする事が出来ないんです。なのでその検査がとにかく大変でした。

ー検査っていうのは賞味期限を調べる検査ですか?

そうです。最終的には5回くらいは検査しましたかね。東京にいる知り合いのコックの伝手を辿って見つけた技術で今なんとか真空にしてるんです。当時は苦労しました。

ーなるほど、色々な努力の賜なのですね。

中身を、例えば「めかぶ」や「わかめ」とかだったら簡単に作れたと思うんです。でもやっぱり大洗だったら「しらす」だろう、という点には拘りました。

ー私も頂いたんですけど、カシューナッツも入ってますよね?

はい、しらすがフニャフニャしてることもあり、食感のアクセントとして入れてます。

ーそこでカシューナッツ入れるのは凄いですよね。うちの妻が「浜のラー油」をいたく気に入りまして、「しらすやカシューナッツが入ってるから、ご飯にかけても良いけど、これ全然おかずとして食べられるよね」って。

ありがとうございます。そういっていただけるだけでありがたいです。

ー今回は「ご飯のお供」というコンセプトで出させて頂いたのですが、他に何かオススメの食べ方はありますか?

例えば冷ややっこに乗せたり、チャーハンに入れたり、野菜炒めの中に入れても一味変わって美味しいですよ。もちろんラーメンの中に入れてもいいですし、鍋の薬味に使ってもいいです。ラー油らしくかなり辛く作ってあるんで、辛い物好きな方には特にオススメです。

ーなるほど。買った方から「これにつけたら美味しかった!」みたいなご意見も聞きたいですね。

はい、ご意見いただけたら嬉しいですね!

ー私が、今回のクラウドファンディングが終わった後に、「ARISE GIFT」でレシピ紹介などをやってみても面白いかなって聞いてて思いました。

良いですね。かえってお願いします。

ー最後に、ご覧頂いている方にメッセージを頂けますでしょうか。

ウチは「手軽な手作り」に拘った「町中華」を目指してます。ですから気軽にお店に来ていただいて、お店に置いてある「しらすが入っていないラー油」も是非試して頂いて、色々と風味を感じて頂き、最終的に「しらすが入っているものも食べてみたい」となれば、是非「浜のラー油」をお買い求め頂ければと思います。

ーありがとうございました!

という事で、丹精込めて作られている自家製の「浜のラー油」を、是非ご家庭でお試しください!本クラウドファンディングのリターン品にもなっておりますが、店頭でも販売中です!

茨城県東茨城郡大洗町港中央17-3 

営業時間 11:00~14:00 / 17:00~21:00(L.O.20:30)
定休日:水曜日
地図:https://goo.gl/maps/bnVtdbxdzyjL53Vf9


■大洗発 ご飯が進む!セレクション

7,000円

✰大洗潮風の梅干し(100g・吉田屋)/☆浜のラー油(110g・藤乃屋)/☆ホッキ味噌(130g・お弁当の万年屋)/☆メッセージTシャツ(サイズ4種選択可能)
大洗ブランド認証品「アライッペのこれだっぺ」より、ご飯のお供にピッタリな商品をラインナップ! 

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?