2017/06/24 11:42

大変お待たせをしてしまいましたが、、、 当プロジェクトにご支援をいただいた方々への返礼品の発送を開始いたしました!

だいたい昨日で半分以上の方に発送することができましたが、発送順が、ご支援いただいた日付順とかお名前の五十音順とかになっているわけではなく、残ってしまった分の方については週末明け、月曜日の発送となりますのでご了承のほどよろしくお願いいたしますm(__)m

 

さてその返礼品の中身ですが、ご存知のように、金額に応じた以下のものの組み合わせとなっております。

・お礼のポストカード(直筆メッセージと、金額によっては宿泊割引券)

・うしだ屋オリジナル手拭い

・H28年産 低農薬コシヒカリ 1.5kg(10合)パック

最初の写真を見ていただいてのとおり、今回お送りする1.5kgの米袋は真空パックをしてみました。(と言っても、ガチガチに固めてしまうと逆にパックの柔軟性が落ちて穴が開きやすくなるので、真空度は緩めにしてあります)

ひとつは、精米をしてしまうと日々酸化していってしまう白米を、すこしでも鮮度の良い状態でお召し上がりいただきたいから。

そしてもうひとつの理由は、郵便局のレターパックライト。「うしだ屋さんのお米をまずはお試しで食べてみたい!」という場合など、少量だけでお送りするには、全国各地に定額(そして低額)で発送することができるため、今回お試しで導入です。

お手元に届きましたら、包装についてなど色々とご意見をいただけると嬉しいです!

 

4月にプロジェクトがスタートし、5月に達成。6月が終わるまでになんとか返礼品をお送りすることができれば、これでクラウドファンディングとしてはひと段落です。

しかし、「コメ農家+農家民宿 うしだ屋」としての、本当の意味での幕開けはまだまだこれから。まずは私たちがお約束通りに11月に宿をOPENさせられるように頑張って、ご支援いただいた皆様にはできれば一度、足を運んでいただき、出来上がったお宿の前できちんと皆様のお顔を拝見しながら感謝の言葉をお伝えすることが、本当の意味での返礼であると思っております。

そしてそのあとは、縁側から緑の田んぼを眺めて家をふき抜けるそよ風を楽しんでいただいても良いし、太陽照りつける田んぼに出かけてガーガー可愛いアイガモちゃんに会いに行くも良し。

あるいは、大勢で稲刈りに精を出したり、冬には雪のうえをスノーシューで歩きに行ったり。ご自分で薪をくべた床暖房で温まりながら、挽きたての珈琲を楽しむなんてのもありでしょう。

なにかお手伝いやアドバイスをご希望でしたら、私たちにご相談をいただければ喜んでできうる限りのお手伝いをさせていただきます。

それぞれ思い思い、時間の許すかぎり、新潟の山里の生活や空気を楽しんでいただければと思います。

そんな日を楽しみに、さーて今日も頑張っていきまっしょい!!

 

 

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?