パトロンの皆さま、本プロジェクトに関心をお寄せ頂いた皆さま
*日付の年号に誤りがありましたので、修正いたしました(2018年10月3日・追記)


「アミラ・ハスさんと日本で語りたい」と題しましたプロジェクトの成果として、アミラ・ハスさんの日本での講演会をまとめたドキュメンタリー映画が完成いたしましたことをご報告申し上げます。
以下の通り、2018年10月27日に東京で、初めての上映会を予定しております。
ぜひご参加をご検討頂きましたら幸いです(*別途、参加申し込みをお願い申し上げます)。

(鈴)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


〈アミラ・ハス氏日本講演・報告会〉最新ドキュメンタリー映画・上映

 *ご参加の際には、表記されているアドレス宛にご予約をお願い申し上げます。

【日時】 2018年10月27日(土)
     13:30~18:00(開場13:00) 

【場所】 東京大学(本郷)東洋文化研究所(大会議室)

【参加費】無料(予約制/定員60人)
【参加申込】 doitoshikuni[at]mail.goo.ne.jp
       *[at]を@(アットマーク)に変換してご連絡ください


〈主催〉土井敏邦・パレスチナ記録の会
〈共催〉東洋文化研究所班研究「中東の社会変容と思想運動」

 


【映画「アミラ・ハス」内容紹介】

〈前編〉(101分)
 第一章・取材現場―2017年8月/ヨルダン川西岸―
 第二章・パレスチナ側の“占領”
 第三章・イスラエル側の“占領”
 第四章・パレスチナ内部の問題
 第五章・イスラエル内部の問題


〈後編〉(104分)
 第六章・アミラ・ハスと占領
 第七章・沖縄とパレスチナ
     ・第1部 アミラ・ハスの沖縄取材
     ・第2部 パレスチナと沖縄の接点
 第八章・欧米と日本の責任
 第九章・抵抗と暴力
 最終章・ジャーナリズム

(上映時間)3時間25分

コメント