2019/04/09 05:30

美しい棚田の風景を再び

 

 残り5日となり、頑張っています。

 桜の季節となり、各地で桜を楽しむ頃となりました。私の故郷は標高450mで、まだまだ朝夕が寒く桜の花芽がふくらみかけたばかりです。田んぼの石垣や田の畔の草も新芽が出始めています。この春の田植えに向けて作業を開始しています。里山再生が、故郷を盛り上げることにつながると思っています。

 田んぼの役割は、米の生産、大雨の時下流に一度に水を流さない遊水地、そして景観を保つことです。里山再生プロジェクトで、過疎化の進む谷間の村に稲穂が揺れる田んぼが増え美しい棚田の風景が再び見れることを願っています。

 ご支援をよろしくお願いいたします。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?